HYPER BATTLE 2003
■団体:新日本
■日時:2003年3月21日
■会場:代々木第二体育館
■書き手:Sandman
私は数少ない根っからの新日ファンだと思う。今年は仕事の兼ね合いで観戦はほとんどできていないが、昨年、一番観戦した団体は新日であったからだ。但し、新日の場合は観戦するたびに「もう二度と来るか!」という思いで会場を後にしていた。今日も会場を出る時はそんな思いになるのでは、と思っていても会場に足を運んでいた。

ダフ屋は「チケット割引するよ〜。」と言っている。「今日も空席が目立つのか・・・。」と当日券売り場へ向かう。当日券はどの席種もたんまり余っていた。会場に入ると第一体育館だったらとんでもないことになっていたと思うくらい空席が目立つ。されど開始は10分押しぐらいで始まった。

始めに一昨日亡くなった冬木の追悼のゴングを行う。遺影は邪道、外道が持ち、全参加選手がリングを囲い黙祷を行った。

第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負
○垣原 賢人 (4分53秒 逆エビ固め) 田口 隆祐×
新日の前座らしく、バックの取り合い、腕の取り合いとシンプルな展開からお決まりの逆エビへ。終了後に田口が垣原に突っかかるが、観客は置いてきぼりでさっぱりなコントをが行われる。もう少し観客にわかりやすいコントをしてほしい。第一試合からマイクは使ってはいけないのかもしれないがそれならアクションを大きくするなり、マイクが無くても観客にわかるようにしてほしい。若手にそれを望むのは酷なのだろうか。

第2試合 G2 U-30 CLIMAX 公式リーグ戦〜Bブロック
シングルマッチ 20分1本勝負
○吉江 豊 (9分40秒 片エビ固め) ブルー・ウルフ×
吉江のシングルはどうしてこうもつまらないのだろうか。ブルーウルフがかわいそうだ。胸板にチョップで倒れたところにフォールをしに行くような展開にアクビをし始め、眠気がおそい、喫煙所へと向かわずにはいられなかった。

第3試合 8人タッグマッチ 20分1本勝負
邪道、外道、×サムライ、金本 (14分40秒ヒールホールド) スタンピード・キッド、アメリカン・ドラゴン、ヒート、AKIRA○
前の試合が酷かったので、この試合はスピーディで面白く見える。この試合をよく見せる為に前の試合を組んだのだろうか。非常に展開が早いので観客の歓声が大きい。金本とAKIRAを中心に試合がうまく進んでいく。よく見えたはスタンピード・キッドだ。新日にも良い外人がいるじゃないかと思わせる動きだった。この選手を売り出せば結構人気が出るのではないかと思うが、今の新日には「試合はヒートしない」ヒートをどうするかの方が大事なんであろう。満足できる内容だったが、サムライがフィニッシュとしてアームロックをやっていたことだけが不満だ。もう少し説得力のある技を使って欲しい。

第4試合 シングルマッチ 20分1本勝負
×棚橋 弘至 (6分41秒ヤナギロック) 柳澤 龍志○
棚橋はあれだけの事件を起こしたにも拘らず「たなぁ〜」と黄色い声援が。あれだけの事件だからこそ声援があるのかもしれない。逆に「やなぁ〜」という声援は1つも聞かなかった。それは吉江同様、メリハリのない展開を作り出す柳澤自身に問題がある。ドームでもう一度、吉江VS柳澤をやったら間違いなく喫煙タイムになると思う。最後のヤナギロックはストレッチプラム+フルネルソンといった感じの技。これで終わった時は観客は「え〜ッ!これで終わっちゃうの?」という雰囲気だった。柳澤は入場曲(LIMP BIZKITの「rolin」)に似合うようになるにはまだまだ時間がかかりそうだ。

第5試合 大阪プロレス タッグ選手権試合
60分1本勝負
村浜 武洋、○獣神サンダー・ライガー (16分42秒片エビ固め) ビリーケン・キッド×、Gamma
この試合も前の試合がつまらなかったので、非常によく見えた。柳澤と吉江は次の試合を盛り上げるには必要なのかも?とも思った。それぐらい展開に富んでおり素晴らしかった。大阪プロレスのルールだからか、タッチをせずとも試合の権利がコロコロ変わるのはどうかと思ったが、挑戦者組(特にビリーケン)の頑張りによりこれまでで一番の歓声が上がる。ライガーと村浜しか知らないが休憩前の試合では満足のいくものであった。

ここで休憩。そして、5.2でデビューするドルゴルスレン・スミヤバザルが挨拶。その後にマーク・コールマンが登場し、リング上で永田戦をアピール。IWGP戦なら連戦ができないから永田がバーネット戦のようなフォール勝ちをするんだろうなと予想していた。

第6試合 6人タッグマッチ
30分1本勝負
エンセン井上、小原 道由、×後藤 達俊 (3分38秒エビ固め) 魔界 1号、村上 和成、安田 忠夫○
魔界が先に入場し、ちょっと間を置いて星野総裁が登場。クレイジードックスは「総裁の小屋」を伴って登場。小原が「星野、犬小屋が恋しいだろ? 星野ハウス!」と叫べば、星野総裁は「おい小原!借りは100倍にしてビッシビシ返すからな!」と応酬。その間に村上の背後から後藤が突っかかって試合開始。展開がごちゃごちゃして、また無効試合か反則かと予想していた。
エンセンはなぜかセコンドにいた柳澤を強襲した後、マウントで後藤を殴る村上にパンチの連打。これを安田が蹴りを見舞い、続けざまに村上がストンピング。場外でもがくエンセンはこれで試合終了まで出番なし。
リング上では小原がランニングネックブリーカー、後藤のバックドロップで安田を追い込むが、最後はアクシデント的な角度でのタイガードライバーで終了。これで終わることなくリング上で乱闘しているところになぜか蝶野が乱入し、魔界に制裁するも、星野総裁がヘッドロックからのナックルで観客は大歓声。ここでエンセンが総裁を羽交い絞めにしたところに蝶野がヤクザキック。誤爆してエンセンに当たってまた乱闘になれば面白かったのだが、それはさすがになかった。星野総裁は大の字の状態で「ハウス」コールの中、エンセンが星野総裁を小屋に入れるもスクリーンがないのでさっぱりわからない。この辺が不満であったが、休憩後の一発目にこれはかなり満足する内容であった。      

第7試合 シングルマッチ
三番勝負〜第2戦 30分1本勝負
○飯塚 高史 (3分21秒レフェリーストップ) 魔界 5号×
5号が飯塚の入場曲が流れると花道をダッシュして飯塚を奇襲する。これで試合が終わっても面白いなぁ〜と思っていた。しかし、普通に試合は始まってしまった。
どうも飯塚には顔面に打撃が入るたびに「大丈夫か?」と心配してしまう。エルボーでふらつくのが本当にやばいんじゃないの?と思ってしまうのだ。特に一方的な展開でしかもレフェリーの動きもちょっとおかしいので、余計にそう思ってしまうのだ。そう思う人間はそんなにいないと思うのだが、そんな人たちのために飯塚はいつもフラフラするるようなキャラになってもいいかもしれない。
この試合で気になったのが5号のセコンドにいた柳澤だ。スリーパーでレフェリーストップでゴングが打ち鳴らされても尚、離さない飯塚を止めるべきなのに若手が止めて、柳澤はリング下でずっとリングを見てるだけだった。単にリングから下がる選手の肩を貸すだけにしろと指示を受けているのかもしれないが、指示を出す方も受ける方ももうちょっと考えて欲しい。それは次の試合でも同様であった。

第8試合 シングルマッチ
三番勝負〜第2戦 30分1本勝負
○天山 広吉 (4分35秒片エビ固め) 魔界 4号×
先日、隣の第一体育館でWWEの興行を観戦した時、どうにも会場の雰囲気になじめなかった。WWEをあまりよく見てないせいもあって、会場を包む「オレはWWEを知りつくしてるんだ。すげぇだろ」という雰囲気には違和感があった。今日、その第一体育館よりはキャパの小さい会場ではあるが、天山のモンゴリアンに「シーッ!」というのを聞くとやはりこの雰囲気が一番だなと改めて思った。この三番勝負になんの意味があるのかわからないが、そんなことよりもWWEでの「We Want Table」とか見てない人にはさっぱりわからないコールよりも「シーッ!」(これはこれで何回か観戦しないとからないが)のほうがしっくりくる。

第9試合 シングルマッチ
三番勝負〜第2戦 30分1本勝負
○蝶野 正洋 (2分30秒横入り式エビ固め) 真壁 伸也×
新日が良くないのはレスラーが社員化しすぎているところに問題があるように思える。ならば逆にそれを売りにすれば面白いかもと思っていた。それが契約更改を背景にしたアングルは東スポを通してしか見ていないが、非常に良いアイディアであった。今後1月下旬から始まるシリーズでは恒例化すべきだ。
この蝶野と真壁の絡みは楽しみしていたが、蝶野は5.2のドームの相手をアピールする場でしかなかったようだ。真壁は入場するなりコーナーポストをはがして、金具を剥き出しにした部分を使い流血戦にもっていく演出をしていたので、楽しみにしていた。流血戦になれば盛り上がっていたのに、3分もしないでスクールボーイでアッサリ終わったのはガッカリだった。
他の観客もそのようで、蝶野が小橋戦の交渉をするといってもそれほど歓声は上がっていなかった。仮に実現しても30分一本勝負の時間切れドローになるのでは。

第10試合 6人タッグマッチ
西村 修、○中西 学、永田 裕志 (15分54秒アルゼンチンバックブリーカー) ダン・デバイン×、リック・スタイナー、スコット・ノートン
毎週水曜日に携帯サイトにて更新される西村のコラムを私は楽しみにしている。そのコラムは題して「西村修の世界」というもので日常の出来事を西村風に表現しているのが面白い。先週は「ワールド-ジャパン」という名前を評価しており、ひょっとしてWJ入りするのかと頭をよぎった。東スポで1月に西村の居所がわからないということがあっても、コラムは更新されており「インドにいる」と書かれていた。そんな「西村修の世界」で「我々は地球という名の宇宙船を乗っている地球飛行士だ。」という文章に「さすが西村」と感心すらした。
今日の会場ではなぜか私のような西村よりのファンが多く、大歓声で西村を向かえていた。西村コールさえ起こったほどだ。もちろん面白半分というのもあったが、それだけ注目されるというのはうれしいことだ。ヘッドシザースを倒立で頭を抜くシーンにはこの日一番といっていいほどの歓声が上がる。
中西もその次に歓声があり、日本人の中で一番少ないのは永田であった。顔からして地味だからしょうがない。器用すぎるのも人気があまりない原因かもしれない。どの相手でもそこそこの試合をするのはすごいことだが、どの試合も同じように見えてしまうのかもしれない。試合終了後に永田が観戦していたコールマンと握手しており、5.2でIWGP戦の雰囲気を持たせつつも、「それじゃお客は来ないって!」と誰もが思ったことだろう。

はっきり言って年始のドームよりは遥かに満足する興行ではあったものの、空席が目立つ会場を見るにつけ、今後も厳しさは変わらないだろうと思う。5.2は総合もやるようなのでいつもと違ったファンがくることによりいっぱいお客が来るが、それ以降の興行は厳しくなると思う。
宇多田ヒカルや浜崎あゆみ、窪塚洋介が自身のHPにて「今、新日にハマっている」とでも書いてくれれば、勘違いした若者が大挙、会場に押し寄せてくれるかもしれない。でも、そんな奇跡のようなことはまず起きないだろうなぁ。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ