3/18修斗後楽園大会観戦記
■団体:修斗
■日時:2003年3月18日
■会場:後楽園ホール
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

そんなわけで無事に後楽園ホールに到着。第1試合から見れました。
客は当然というかばっちり入ってましたね。18:30になっても各選手がリング上で、
アップを繰り返してました。この日は全11試合ってこともあったのか。進行はサクサクした感じ。
当たり前か。河内さんのしゃべりも妙に早かったです。

でも、でも終わったのは10:20。遅い・・・。疲れた・・・。やっぱ長いよ11試合は。
てなわけで、観戦記もあっさりめでいきたいです。


第1試合 03年度新人王トーナメント フェザー級1回戦 5分2R
×加納 学(相補体術)
○大沢健治(A3)
2R 3'21" スリーパーホールド

大沢選手、紫色のハーフスパッツ。加納選手は紺のトランクス。

1R
加納タックル。大沢切るも、加納崩してテイクダウン。大沢立つ。加納タックル。大沢切って上に。
パス。大沢マウント狙い。加納反転して上に。また大沢立つ。加納パンチ。

2R
加納タックル。大沢切って上に。そしてパス。サイドとってパンチ連打。マウント奪って、
バックマウントに!そしてスリーパー!加納タップ!

大沢選手下馬評どおり完勝。あまりスタンド打撃ではインパクトがなかったが、
プレッシャーをかけていたのは間違いなく大沢選手。気の強そうな顔、相手を挑発する態度。
いろんな意味でプロ向きかも。そしてグラウンド、見事なパス、そして極め。強いです。

加納選手、テイクダウンを奪ったり、差しあいでも互角。しかし寝技になると圧倒された。


第2試合 03年度新人王トーナメント バンタム級1回戦 5分2R
○HIRO(総合格闘技STF)
×ヒートたけし(和術慧舟會千葉支部)
判定3-0 (20-18,20-19,20-19)

ヒートは黒トランクス。そしてコール時にはリングネームどおり「コマネチ!」のポーズ(笑)。
HIROは黒スパッツ。気合の入った顔で、手を合わせ、精神集中を繰り返す。
2人ともバンタムとしてはかなり長身。そして細い!

1R
HIROタックルでテイクダウン。ヒートは下から腕固めてパンチ。HIROは腕抜いてパンチ連打。
コーナーに押し込んで肩パンチ。膠着してブレイク。ヒート飛びヒザ。しかし組むとコーナー膠着。

2R
HIROタックルでテイクダウン。立って上からパンチ連打。ヒート立って、お互いヒザ。
膠着してブレイク。HIROテイクダウン。ヒート切る。スタンド打撃はややヒート有利。
HIROタックル。押し込んでヒザ。ヒートは押し込まれながらパンチ。

さほど差があったわけでないが、テイクダウンからのパンチが評価されて、HIROが勝利。
鮮やかな技術がみれたわけでないが、テイクダウンとパンチへの気合がかなり感じられた。

ヒートも後半盛り返しそうになったが、なんか力不足だった。まあ2人とも、まだ新人って感じ。
力強さとスタミナのなさが気になりました。この後、マモルvs久保山見ちゃったし。


第3試合 フェザー級 5分2R
○三上洋平(東京イエローマンズ)
×カイル・タカオ(米国/HMC)
判定3-0 (20-18,20-18,20-18)

三上選手髪伸びた?ちょっとさわやかな感じに。カイル選手やっぱりゴツイ!

1R
お互いミドル、ロー蹴り合い。鋭い。三上自ら倒れてすぐ立つ場面も。
カイル、タックル。三上切って上に。パスそしてパンチ。カイル起きるも三上潰す。
そしてパンチ連打。三上は側転パス、マウント、バックと流れるように動いて行く。
カイルもついていき、ガードに戻す。カイルタックル際、三上切ってパンチ連打。

2R
三上また上取り、パンチ連打。カイルが起きようとするも潰す。そしてパンチ。
カイルもガードが上手い。カイル下から崩して上に。しかし三上は蹴って立つ。そしてまた上に。

まあ圧倒的に上から攻めつづけた三上選手が判定勝利。
いやー、いいね。デビュー戦も鮮烈だったけど、今回も良かった。シャープな打撃。
力強さは感じないものの、もの凄くテクニックとスピードを感じさせる選手。
ますますお気に入りになりました。
次はなんと、第1試合で見事完勝した大沢選手と対決!優勝候補同士。
将来のランカー候補同士って言っても過言ではない?とにかくマニア必見です。

カイル選手もいい選手らしいんだけど。今日は完封負け。


第4試合 ライト級 5分2R
○田村彰敏(格闘結社田中塾)
×小林正俊(SHOOTO GYM K'z FACTORY)
判定3-0 (20-18,20-16,20-16)

1R

田村パンチそして首相撲からのヒザ!小林タックル!しかし田村立って、腰投げ!小林も立つ。
小林カニバサミからヒールへ!田村足をひねって逃げつつ、バックに回り、腕十字狙い。
小林逃げるも、田村上からパンチ連打。小林内ヒールなど足関狙いも、田村はポイントをずらしつつ、
大きいパンチを連打!!

2R
小林両差しも、田村小手投げでテイクダウン!ハーフ。そしてパンチ連打!小林戻して三角。
田村かついでハーフ。小林ヒールへ!田村は上からパンチ!パンチ!小林は回って体勢変えつつ、
ヒール狙い。しかし田村も回って対応し、常に上を取り、パンチ、パンチ!の連打。
もう殴りまくり。止められてもおかしくないほど。

田村選手、相変わらずいいです。殴って蹴って、極めを逃げつつ、殴りまくり。うーん田中塾!
日本のシュートボクセ。強いです。このスタイル強いです。仲間の高谷選手も同じスタイルで強いし。

小林選手、かなりの殴られ方だったけど、戦い振りは良かった。強引に得意に極めにいくスタイルは
会場を沸かした。でもやっぱ下になり過ぎ。もうちょっと上取らないと厳しい。


第5試合 バンタム級 5分2R
×端 智弘(PUREBRED大宮)
○生駒純司(直心会格闘技道場)
1R 3'20" チキンウィングアームロック

端ロー。生駒パンチ。端タックル。生駒アームロックで対抗。そしてたまにパンチ。
端、両手をクラッチして凌いでいたが、生駒はがっちりガードを取り、執拗にアームロックを
狙いつづける。そしてだんだん体をずらし、一気に!端も体を回転させ、逃げるも、コーナーで
動けず。レフリーストップ!生駒絶叫!

生駒選手、やはりいい!今回は極めの強さを存分に発揮。独特のキャラといい、素晴らしいです。

端選手は、リベンジされてしまいました。やっぱりパワー負けでしょうか。


ここで休憩。いやー長い。観戦記も長い・・・。休憩明けで全選手入場し、マモルが挨拶し、
後半開始。下北大会見終わって、連続で後楽園大会見始めるって感じでした。


第6試合 ウェルター級 5分2R
○村浜天晴(WILD PHOENIX/10位)
×トーマス・ヒッテン(ノルウェー/オオカミ・シュートファイティング・アルファ・チーム)
判定3-0 (20-17,20-18,20-18)

ヒッテン、本当にアジアンな顔立ち。朝鮮系だそうで。それにしてもセコンドのエイモネデカイ(笑)!

1R
村浜タックルでテイクダウン。ヒッテン下からパンチ。村浜ジャイアントスイングからアキレスの
18番を見せるも、極められず。起きる。ヒッテン下から蹴って注意。
ヒッテン、カニバサミからヒザ十字!村浜潰して逆にヒザ十字!ヒッテン凌いで、村浜また上に。

2R
村浜タックルで、テイクダウン。ヒッテン下からパンチ。そして三角狙い。村浜インサイドからパンチ。
しかしかなり膠着気味でブレイク。最後村浜がテイクダウン。

村浜選手、しっかり勝利。確実に上を取り、関節も仕掛けた。でもちょっと寂しかったな。
相手が強いとはいえ、ブレイクかかるほど膠着するとは。芸人魂が泣きます。

ヒッテン、グラウンド上手かったです。隙もないし、パンチも鋭い。でもクラスAをかき回す
ほどのものは感じませんでした。


第7試合 ミドル級 5分3R
○加藤鉄史(PUREBRED大宮/5位)
×ブライアン・ガザウェイ(米国/士道館USA)
判定3-0 (30-27,30-27,30-27)

ガザウェイはデカイ!184cmだとか。とにかくデカイ黒人さんで、足だけ鉄史と比べると、
大人と子供のようでした。

1R
鉄史タックル、テイクダウン。ガザウェイ、ギロチン。鉄史パス。たまにパンチ。アームロック狙い。
ハーフ。マウント!パンチ連打。ガザウェイ反転。鉄史タックルもリング外へ。
再開後、鉄史のタックルにガザウェイはヒザ合わせる。終盤ガザウェイがテイクダウン。

2R
鉄史足掛けテイクダウン。インサイドからパンチ。しかし膠着気味でブレイク。

3R
鉄史タックル。ガザウェイ強烈なヒザ合わせる。鉄史タックルでテイクダウン。
マウント取ったり、パスしたりしてたまにパンチ落とすも、相手がデカイこともあり、
大きなダメージ与える気配無し・・・。

またも、鉄史得意の抑え込み判定勝ち・・・。なんだかなー。タックルもいいし、ポジショニングもいい。
でもさっぱり相手を仕留める気配がないんだよなー。観客も当然だれてたし。まあいつもどおりです。
「加藤ってこんな(つまらない)選手だっけ?」って声も聞いたけど、悪夢のクーパー戦よりは
よっぽど、動いてました。

ガザウェイはうーんデカイ。ヒザ蹴りは強かった。でもやっぱりあんま寝技できなさそうでした。


第8試合 バンタム級 5分3R
○マモル(シューティングジム横浜/2位)
×久保山誉(SHOOTO GYM K'z FACTORY/3位)
判定3-0 (29-27,29-28,29-27)

マモルは地味な黒スパッツ。出直しって感じか。

1R
お互い、パンチと蹴りが交錯。かなりのスピード。そしてずっとスタンド打撃。やや久保山が
押しているか。久保山終盤タックルでテイクダウン。そしてパンチ。

2R
またもスタンド打撃の攻防。まさに距離の測りあい。そして久保山のパンチに合わせ、マモルが、
カウンターの右フックでダウン奪取!久保山ダメージはさほどなさそう。マモルタックル、
久保山切る。久保山もジャブ当てて、やや挽回。しかし、マモルも距離感をつかみ出し、
何度も左ハイをかすらせる。

3R
久保山前に出るも、警戒しあったスタンド打撃の攻防は変わらず。久保山タックルもマモル切る。
久保山終盤強引なタックルも、マモル切って、腹固めに。そしてパンチ。

1Rは久保山ペースで、マモルがやや体格負けしている感があった。しかしダウンを奪ってからは
マモルペース。試合巧者ぶりを見せた。派手な試合ではなかったけど、緊張感があってよかった。

久保山選手、惜しくも敗北。でも、マモルとほとんど差がないことを実感したのでは。


第9試合 ライト級 5分3R
○勝田哲夫(SHOOTO GYM K'z FACTORY/4位)
×門脇英基(和術慧舟會)
判定3-0 (29-27,29-28,30-28)

門脇選手はときめき恋愛ハイスクール一同から大根もらう(笑)。

1R
スタンド打撃の展開。門脇が押す。いきなりの右ストレートがいい!飛びヒザも見せる。
そしてタックルでテイクダウン!門脇かつぎで攻める。勝田が凌ぐところを、門脇スペシャル狙い!
しかし勝田はそのまま立ち上がる!今度は勝田が足掛けテイクダウン!しかし門脇立つ。

2R
勝田テイクダウン。そしてかなり強いパンチ落とす!門脇かなり殴られ、流血。
門脇は勝田の両足抱え、前に崩そうとするも、勝田崩れず。体勢立て直し、上から強烈なパンチを
落として行く。門脇効いたのか、体が潰れ、バック取られるも、反転して上になったところで、ゴング。

3R
またもスタンド打撃の攻防。門脇のパンチがあたり、勝田ぐらつく。勝田やや効いているようにも
見えたが、門脇攻めきれず。しかし中盤過ぎると、スタミナ切れか門脇の動き鈍り、勝田が
スタンドでパンチを打ち込んで行く。最後は勝田がテイクダウン取って終了。

序盤こそ、パンチを生かして門脇選手が有利だったが、グラウンドパンチを当ててからは、
かなりの勝田選手ペース。そしてスタミナの差も明らかだった。

勝田選手やっぱ強いね。また随所にいい人ぶりが垣間見れたが、ペースを握らせない戦い振り、
安定したベース。強烈なグラウンドパンチ。強かった。やはりそうそう勝てる選手はいない。
まあ追い込まれたシーンもそれなりにあって、もちろんKIDに勝てるとはとても思えない。
しかも前回あんなひどい負け方をしたのに、試合後のコメントで「KIDとまたやりたい」という
その意気込み、あっぱれです。

門脇選手、見事なパンチを見せてくれました。でもグラウンドは勝田選手に体力負けしたのか、
いいとこほとんど出せず。寝技好きとしては非常に残念。
やはり気になったのはインサイドガードであまりにも強烈に殴られすぎ。
あれを克服しないと、ベースの強い選手相手だと厳しい。

そうそうちょっと気になったこと。門脇選手が3Rにパンチで勝田選手をぐらつかせ、最大のチャンスを
迎えたんだけど、その10秒後ぐらいにドクターチェックが入って試合が中断してました。
遠目からはかなり浅い傷に見えたので、慧舟會応援団からは「相手が休んじゃうよ!」と
かなり不満の声があがってました。一番近くで見てるのはレフリーですし、難しい問題ですけど、
もうちょっとタイミングが違ってもいいよなー、と思ったのは確かです。


第10試合 ミドル級 5分3R
○ショーニー・カーター(米国/コンバット・ドー/6位)
×池本誠知(ライルーツ・コナン/7位)
判定3-0 (29-28,30-28,30-28)

池本選手相変わらず華がある。一回転してリングイン。
カーターはニコニコしながら、スティービーワンダー(?)の曲に乗って、自ら手拍子して
ノリノリでリングイン。いいキャラだ。

1R
お互い蹴りあい。池本の蹴りも鋭いが、カーターのミドルも重たい。
カーターテイクダウン。池本アームロックの連携からヒップスローでマウント奪取!
しかしカーター立つ。またカーター投げてテイクダウン。ガードに戻した池本を立たせ、
強烈な左フック当てる。

2R
カーター、テイクダウン。池本柔軟な体生かし、ガードに戻し、下からパンチ。
そして空いて浮かせつつ、立つ。しかしカーターはバックに回り、大きく投げてテイクダウン。

3R
池本テイクダウン。マウント!バック!しかしカーター、反転して上に。池本、三角、腕十字、
アームロックでめくる!しかしカーター立つ。池本テイクダウンするも、またカーター立つ。

カーターが前半のテイクダウンを評価されて判定勝利。疲労困憊って感じながらも、またも
歌を歌い、会場中に手拍子をあおりながら、退場するカーター。

カーター、入場は最高。素敵。打撃もなかなかの切れ味。そしてテイクダウンも豪快。
でも、そんだけだったかな。もっと圧倒的な強さが見たかったっていうか。なんだか
グラウンドでの攻めがゆるかったです。よく考えると前からそうか。いや衰えたのかな。

池本選手、ガンガン、テイクダウンされちゃったけど、グラウンドでの仕掛け、攻めは切れ切れで
良かった。でもパワーであっさり返されてた感も否めなかったけど。まあいい選手であることは
間違いないです。そろそろ流れ的に、対弘中、対菊地あたりが見たいかな。


第11試合 ウェルター級 5分3R
×佐藤ルミナ(SHOOTO GYM K'z FACTORY/6位)
○ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/スカンジナビアンBJJアカデミー・オスロ/8位)
1R 2'09" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ連打)

ルミナは赤いガウンを新調して入場。いつもどおり会場爆発。うーんかっこいい!
きれいに肌が焼けててかっこよかったけど、前ほど筋肉に盛り上がりと張りがないような・・・。

会場東側には友人の川端(ケミストリー)の姿も。顔小さかったです。

まあ試合展開はご存知の通り。
ルミナのタックルに合わせて、ハンセン引き込み。ルミナは一発強烈な右パンチをハンセンの顔面に
叩き込む!ハンセンいわく効いたらしい。もっと殴って良かった気も・・・。
そしてルミナは僕を含めたファンの期待通り、アキレス!ヒール!アンクルに!!
しかしハンセンはじっくり耐え、上体を起こし、強烈なパンチ!パンチ!パンチ!
ルミナの頭がリング上で弾む・・・。そして完全に効かされたルミナは足の力が抜け、
顔面のガードもままならず、体が伸びて行く。なおも叩き込まれるパンチを見て、
レフリーがストップ。同時に赤コーナーからタオルが舞った・・・。

まあ戦術的な話をすれば、足関極められなくても、上取られちゃだめだとか、殴られたら、
突き放す動きが必要だとかいろいろあるけど。

まあ、しょうがないです。これが現実です。
ルミナは期待通り、上を取り、一気に足関を狙ってくれました。ハンセンのヒザもバキバキいった
そうです。でもセオリーどおり上を取られ、ボコボコに・・・。
ルミナがルミナらしく戦って、散っていきました。

はっきり言いますけど、ライト級いっても厳しいですよね。今のスタイルじゃ。
でもかっこよかったですよ。今日もルミナは。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ