To Be Continued
■団体:ZERO-ONE
■日時:2003年3月2日
■会場:両国国技館
■書き手:ノリリン(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

よく考えると去年も3/2を両国で見ている。儂もアホだな。
ゼロワンが面白い理由の一つに団体が新しいというのがある。ゼロワンの道場で育った新人がいないので選手が類型的でない。よけいな人やよけいなしがらみがない。澱がない。余分な人がいればアングルが制限されるし、1回1回の興行だって締まらなくなる。もっとも大量離脱直後の全日のように強烈な澱がなんともいえない風味になっていた団体もあるんだが・・・
昨日の武道館・横アリはずぶずぶの大雨だったが、今日は快晴の行楽日和。国技館の入りは一階8〜9割、2階は牧歌的。でも去年の両国に比べたらかなり入っている。去年のこの大会観戦記の締めに『負けて上がる(オーバーする)選手がいて、それに納得するファンがいる団体がゼロワンだ』と書いた。とはいえ、この1年ほどでゼロワンは大きく変わった。いまや寄せ集めた対抗戦カードに頼って集めるのではなく、団体の魅力でファンが集まるようになっている。ゼロワンの流れ上のことならともかく、全日三冠戦の星勘定の都合上で橋本や大谷が負けるようなことになれば、人一倍ひねくれたものが多いゼロワンファンのコアの部分が失われてしまうかも知れない。そんな心配をしながら、ロビーで話していると「まもなくPPV放送が始まります」とアナウンス。あわてて席に戻る。すぐにダークマッチが始まる。前もって発表されていて、しかもPPVで放送される試合がなぜダークマッチなのかは不明なんだが、ともかくダークマッチらしい。

▽ダークマッチ 名物タッグ決別試合(30分1本勝負)
○黒毛和牛太 5分51秒 片エビ固め 富豪2夢路×
これは料金外らしいので批判しない・・・ゼロワンなんだから、ダークマッチがのびて3・2・1・0・1の歌が終わってもまだ試合していて、挨拶に入ってきた橋本に殴られるという展開を次はやって欲しい。 

4時になると「3・2・1・0・1」の歌が流れて、橋本の挨拶。興行が始まる。3・2・1・0・1は最初変な歌だと思ったけど、なれるとなれるもんだ。

▽第1試合 30分1本勝負
○日高郁人  7分51秒 ショーンキャプチャー  ペンタゴン×
ペンタゴンは橋本体型をサスケスタイルのコスチュームで隠したルチャ。日高と手慣れた感じで戦う。そこそこの動きでそこそこわかせた後、日高が「ショーンキャプチャー!」と必殺技の名前を叫んでフィニッシュ。なぜこれが旗揚げ2周年の第一試合なのか不明。内容はしょぼかったが、和牛太vs夢路の方が第一試合にふさわしかったかもしれない。しかしこっちをダークマッチにしては外様の日高に失礼だし、既にレスラーとしての位置が確立している二人をダークマッチにしては意味がない。とするといっそない方がよかったんじゃないかという気もする第一試合だった。そこそこの内容だったけど・・・叫んでまでかけるフィニッシュとしてはショーンキャプチャーは相当しょぼい。 

▽第2試合 30分1本勝負
ドン荒川・○葛西純  10分44秒 片エビ固め 高橋冬樹・山笠Z”信介×
葛西も荒川もお約束が認知されているので、カンチョウやバナナネタだけでかなり間が持ってしまう。山笠もタカハシも01chのバラエティー要員なので、リアクションがそこそこ決まる。そこそこ笑わせた後葛西のハイキックでピン。時間的にもゼロワン的にもいい仕事だったけど、”いつものやつ”って気もする。

▽第3試合 30分1本勝負
○高岩竜一・ヴァンサック・アシッド  15分22秒 片エビ固め Lowki・Pロンドン×
2/21後楽園でブレークしたアシッドだけど、今回は後の飲み会で”ゼロチュー代表”が『後楽園では本当によかったんだ』と力説しなければならないほどの体たらく。思えばあのときの相手は小林だった。小林よりよっぽど能力が上のはずのLowki&ロンドンが相手で、そばで高岩がサポートしているのに、こんな有様とはやっぱりプロレスは食い合わせが大事だってことがよく分かる。ロンドンもLowkiもこれくらいはやるだろうと言うくらいの活躍を見せ、高岩もよかったとおもうが、アシッドが心残りな試合だった。

▽第4試合 30分1本勝負
星川尚浩・小笠原和彦・×佐々木義人  15分46秒 腕ひしぎ逆十字固め ケンドー・カシン○・ハヤシ・土方隆司
土方がマスクで入ってきたので、マスクを取ったら小島だった!となるのかと思ったら、土方のままだった。試合前のインタビュー、勝手なタッチワーク、カズのフィニッシュフォールドをカットして、自分が佐々木を腕ひしぎにとる、などなど、最初から最後までカシン劇場満開。これは面白いんだけど、いつも見る光景でもある。カシンがこれをやっちゃうと”そう言うパターンの試合”になってしまうのが問題だ。試合に自由度がなくなる。でもまあ、そんなこと考えずに見ると面白かったが・・・
久しぶりに小笠原の蹴りが心地よく炸裂していた。

▽第5試合 30分1本勝負
○テングカイザー  4分45秒 片エビ固め 小林昭男×
フィニッシュの天狗トルネードはよかった。しかし、天狗は足腰が弱い。だから動きにしまりがない。確かに体も大きいし期待されるのも分かるが、スクワットとロードワークからやり直さないとだめだな。後楽園の再現を期待してのカードだろうけど、アシッドを光らせた小林を持ってしても受けきれなかった。天狗もそうだけどスヌーカJrもセカンドロープを使ってのサルトに失敗していた。ハヤブサの件もあるしよく練習してあわてずに使って欲しい。失敗すると寒いし・・・

▽第6試合 30分1本勝負
○田中将斗・佐藤耕平 13分6秒 片エビ固め 池田大輔・杉浦貴×
対抗戦らしいstiffな、力の入った試合ではあったんだが・・・最近のレスラーはお約束が多すぎて、それをやり出したら対抗戦らしい緊迫感が下がってしまう。
ま、そんなことを抜きにして会場は大いに盛り上がって、最後は田中が不思議な回転をした後のエルボースで杉浦をピン。佐藤は新弟子臭さが消えてきた。

▽第7試合 30分1本勝負
藤原喜明・×坂田亘・藤井克久 11分20秒 体固め  ガファリ○・コリノ・Kアダモ
日本組はどうやらUWF3世代軍という発想らしい。 ガファリ組がなんなのかはさっぱり分からない。何にしてもわがままな&天真爛漫キャラのアダモとプロレスがよく分かってないんじゃないかという恐れをリング上もファンもどちらもが懐いているガファリの組み合わせがすごく面白い。Mrフレッドとコリノが割を食ってしまっている。コミックマッチのようでもあり、ハードヒットのようでもあり、UWFスタイルのようでもあるゼロワンスタイルが今日一番現れた試合だった。
Jrのエース格でもヘビー(扱いの選手)の中に入ったら簡単にJobを回されてしまうのもゼロワンの特徴だ。

天狗vs小林を除いてひどい試合というのはないし、どちらかというと面白い試合が多かった。しかし、ゼロワン両国のビッグマッチではかならず休憩前に1・2試合は突き抜けたすごい試合があったのに今回はそれがなかったのが残念。ゼロワンが団体として安定したと言うことかも知れないけど、全日との抗争の煽りを食って面白い仕込みが出来なかったという見方も出来る。で、休憩。

▽第8試合 30分1本勝負
○高山善広・横井宏考  13分59秒 原爆固め  ザ・プレデター・スヌーカーJr.×
試合前に両者のインタビューが流れる。外人組はMrフレッド込みでやらないとダメだろ!?日本人組は高山のピカソ顔が画面の印象の全てを持っていく。横井はお通夜か小学生の立たされ坊主のようだ。何とかしないと・・・
場外乱闘から、試合が始まって、試合後は場外乱闘。週プロや高山のインタビューではプレデターのはじけ方が今ひとつのように書かれていたが、しょうがないだろ?高山というお客さん相手なんだし。 それにブロディーだってもうちょっとましなだけだったよ、実際の所は。

▽第9試合 30分1本勝負
○小川直也  12分32秒 TKO トム・ハワード×
小川のシングルを見るのは久しぶりのような気がする。vsガファリ以来か?ハワードがいつもの&多彩な攻めで攻め込んだ後、切れて目をむいた・・・これも久しぶりだ・・・小川が反撃、非情のSTO6連発でKO。毎週あるサムライ・バトステの一試合としてなら充分だけど、飛行機で来て見るにはちょっと不足なセミだった。
試合の最中にセコンドのコリノがちょっかいを出したりするんだけどちょっと〜かなり不十分。Mrフレッドもいるんだしもっと派手にやってよかったんじゃないかな?

さくさくとメーンエベント
▽第10試合 30分1本勝負
○橋本真也・大谷晋二郎  23分0秒 三角絞め 武藤敬司・嵐×
大谷は凄い。橋本にびびったのか、観客にびびったのか・・・いや、嵐も大観衆の前に出た経験はかなりある。おそらく自分が数千人の注目と不安を浴びてメインにいると言うことにびびったんだと思うんだが・・・どっちにしても硬かった嵐が、大谷を相手にしたらなぜか生き生きとしてきた。箒を相手でもプロレスが出来るという誉め言葉があるが、大谷は土管を相手でもプロレスをするのだ。
中盤までを支えた大谷のおかげで後半の嵐はよく働いた。もはや役不足ではない(いや役不足の本当の意味は逆なんだが)。嵐←橋本←武藤@スワンダイブ←大谷@スワンダイブ←嵐の4連続ドロップキックから後の展開は、このカードでこんなに沸くか?と言う迫力。嵐が橋本にパワーボム、武藤がシャイニングウィザード、大谷を蹴散らして、嵐が橋本にボディースラム、トップロープからフロッグスプラッシュ。オーバー300ポンドの爆撃は凄い。試合前の全ての低評価を圧殺する迫力。嵐が次期3冠挑戦者だから会場のゼロチューの悲鳴が上がる。1・2・・・かろうじて橋本が返すと、昨日のノアとは違う客層に安堵が広がる。最後は橋本が嵐を三角締めでフィニッシュ。旗揚げですべてJobしたゼロワンが、遂に記念大会のメインで勝利を掴んだ。

その後は握手を拒否した大谷が橋本にドロップキックをかましたのをきっかけに、小島&全日(嵐と武藤以外)、ゼロワン・セコンド、ゼロワン外人、高山、そして小川が次々と乱入。よく統制の取れた乱闘&マイクが続く。ガファリが(橋本が指示しちゃいかんだろうとおもうだが)体当たりを数発出して凄く分かりやすい存在感を示した。旗揚げ戦との大きな差は今回は真ん中に橋本がいるという点だ。選手のマイクは全て何を言っているか聞き取れる。ここ数年で日本のレスラーのマイクワークもかなり進歩した。ガファリやプレデターにも何か言わせてくれればもっとよかったのに・・・せっかく通訳がいるんだから。
乱闘があったからと言って高山vs橋本の3冠戦とかが簡単に成立するわけはないが、だれもJobすることなくバトルロイヤルでみんながオーバーする、この乱闘という形式を選手も会場もみんな愛しているようだ。
次にどうなるのか・・どうするのかよく分からないが、何にしてもto be continued.




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ