ノアだけはキチ
■団体:NOAH
■日時:2003年3月1日
■会場:日本武道館
■書き手:ノリリン(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

雨の武道館。武道館は、上り坂が嫌いだ。通路や席が狭いから嫌いだ。満員の武道館はなおのこと嫌いだ。3/1はブスの色気を見にWJの旗揚げに行くつもりだったのだが、追加券が買えたので急遽ノア・三沢vs小橋、GHC戦を見に行くことにした。
ノアの信徒は2万人しかいないという。そのうちの80%が繰り返し武道館に集まっているのだそうだ。その布教の最大の武器が三沢vs小橋だ。

儂は永源の唾に象徴されるノアの無神経さが嫌いなので遅れていったのだが、間に合ってしまった。
▽第1試合 20分1本勝負
ラッシャー木村・○百田光雄 (8分47秒逆さ押さえ込み) 永源遥・川畑輝鎮×
百田がなんだかよたよたとがんばって川端を押さえ込んだ。ラッシャーは試合中動くどころか、試合後のマイクにたどり着くのにも一苦労。ふぁ〜・・・とあくびをしながら見たんだが、今数日たって考えると、極限の技による攻防が死を予感させるメイン・極限の老いによる死を予感させる第一試合。見事な起と結だったんだと・・・

▽第2試合 30分1本勝負
田上明・○モデスト・モーガン 15分46秒 片エビ固め 佐野巧真・菊地毅・鈴木鼓太郎×
男は顔じゃないんだが、佐野は本当に不細工。体型も不細工。見ると兪鬱になるほど不細工。しかし幸運なことに儂の2階席からではよく見えない。目立つ動きもしなかったし、Good Job !>佐野。
遠くから見ると、田上が体格からしても、格からしてもよく目立つ。体力の落ちたレスラーが無理してメインに絡もうとせず、ここら辺で興行を盛り上げるのはいいことだ。観客に押されてよく活躍したあと、モデストの技で田上組勝利。

▽第3試合 30分1本勝負
金丸義信・×橋誠 16分35秒 変形回転エビ固め 丸藤正道○・KENTA
がんばった試合だったと思う。所々にいいスポットがあった。最後は丸藤が不知火を失敗して困ったけど、無理矢理スクールボーイでフィニッシュ。あれがスポットか単なる失敗か迷うところだけど、スポットじゃないかなあ・・・
2日のゼロワンでもロープやコーナーを使った反転技の失敗が目立った。最近のレスラーは、やりすぎ&あわてすぎなんじゃないかな?
序盤の2試合で、丸藤・金丸・菊地らが白地に柄のパンタロンという似通った姿で出てきた。アホか! 野球やってるんじゃないんだ。ユニフォームなんか着るな。ノアには監督がいない。全体を見通せる人が要るんじゃないか?

ここで休憩。ここまではあんまり感心しない。きついなあ・・・

▽第4試合 30分1本勝負
森嶋猛・力皇猛・○池田大輔  12分39秒 体固め Bスミス・スティーブ×・IZU
ノアは他団体と違いデブ・プロレスヲタの割合は少なく、女の子の客が多い。カップルも多い。儂の両側は女の子で、その外側は各々の彼氏。ま、逆よりはいい。右側のカップルはどちらも既に信徒のようだが、左側の女の子は彼氏に連れられてきただけのようだ。休憩時間に買ってきたビールを二人で飲んで、試合途中からおねむの時間になってしまった。ま、そりゃそうだな・・・普通寝る。
森嶋と力皇は名前だけでなくて形も似ているので見分けるには、双眼鏡が要る。逆に言うと特に見分ける必要もないのだが・・・でも一応持ってきた高級顕微鏡の付録の双眼鏡でリングを覗いてみる。すると北リングサイド一列目に黒いブーツ、すらっと細くてきれいな足、ワンピースの黒いミニスカートに白のハーフジャケット、とがったあごに意思の強そうな目、凛とした印象の20代前半とおぼしき美人の女の子が座っているのが目に入った。その子は首筋を伸ばし、膝に手を乗せて無心にリングを認めている。隣は超満員の会場にもかかわらず空席で、周囲から物理的に隔離されているが、心理的にも完全に隔離されている。森嶋や力皇やIZUの代表する醜さにも池田の『稲妻!』の代表する無意味さにも全く心を動かされた様子がない。たくさんの???が儂の頭の中に行きつ戻りつして、足と顔から目が離せない。
・・・おかげで退屈せずにすんだこの試合は池田のボム技で終了した。

メーン1本の興行は単にカード的にグレードを下げるだけでなく、試合内容的にもメーンを際だたせるためのマッチメークになるのが興行のセオリーだろう。ここら辺からは速いぞお・・・と思っていたらその通り。だけど、ノアは思っていたほど硬直していない。退屈を無理矢理押しつけるのをど真ん中と主張した新日長州末期を経験しすぎて、容易に喜び過ぎなのかもしれないが、楽しませようとする努力が見えて、ここら辺からはだんだん儂の眠気がとれていった。

▽第5試合 30分1本勝負
×小川良成 6分20秒 エビ固め too coldスコーピオ○
小川はショーンマイケルスのフォロワーなんだろうけど、もっとはじけてればなあ・・・試合の序盤、小川がバックドロップを使って攻める。バックドロップのキャッチフレーズには、戦慄のバックドロップだの、世界をとったバックドロップだの、ひねりを加えたバックドロップだの、いろいろあるが、小川のバックドロップは『安心のバックドロップ』。幾ら放ってもその後の展開を安心してみていられる・・・言ってみれば、迫力がない。適当にスコーピオが盛り返し、prematureなうちにスコーピオのトップロープからの見事な飛び技2連発が決まってフィニッシュ!素晴らしい。2.9を延々繰り返すメーンの前菜としてGood。いなくなったべーダーの後を継いだ外人組の新ボス・スコーピオを程良くオーバーさせている。
試合後ヒーローとなったスコーピオが小川に握手を求める。応じた小川がscrew。外人組全員を蹴散らし、キンタマを蹴ったり握ったり。弾けてるじゃないか!>小川。
会場は大喜び。でも左側の女の子はまだ起きない。彼氏にもたれかかって寝ている。リングサイドの子は身じろぎもしない。

▽第6試合 30分1本勝負
○高山善広 7分2秒 高角度原爆固め 井上雅央×
ノアをやめて独自の道として多団体巡回エースレスラーを目指している高山。この日の相手が井上で、次が力皇なのはしばらくはノアの本線と絡むことはないことを示している訳だが・・・訳だが何とかならんのかいな? ノアの中の位置としては高山本人も今はこれでいいんだろう。試合の出来は高山の引き出しの少なさが現れた単調なものになってしまったと思うんだが、誰も気にしないだろう。

▽第7試合 45分1本勝負
○秋山準・斎藤彰俊 7分31秒 レフェリーストップ 本田多聞×・杉浦貴
秋山は問題意識を持った数少ないノアレスラー。全日のときのままではじり貧になると危機感をもっていた。そこで始めた、ノア開始当初の秋山路線は、ダブルクロスで失神KOだとか、開始早々締め落とすだとか・・・こういう試合があるとそれが下味となって、2.9を延々やっても緊迫感が出る。いつも2.9じゃだめなんだ。儂的にはそれでよかったと思うんだが、2.9を繰り返しを堪能し床を踏みならすのを至上の喜びとしているノアのファンには受けなかったようだ。ノアは最初少し冷えた。その後秋山自身はちょっと引き気味でノアがここまで回ってきた。
この日はメインがガチガチの2.9プロレスなので、その前の3試合はすべて箸休めになる。だから思い切って変化球が投げられる訳だ。
この試合では秋山のシュラの偽物が花道から入場し、後ろから秋山が奇襲するというノアマット以外では見慣れた場面があった。たいしたスポットではないと思うかもしれないけど、ノアが何かをやろうとしている意志が感じられて好感度一つupだった。
場外での乱闘があったが目の前で乱闘があっても、マットの向かいの死角で乱闘があっても北リングサイドの女の子は身じろぎもしない。なんだか、現実の存在と言うよりも、何かの象徴のように見えてきた。試合は本田の膝の故障(というshoot angle)でprematureに終わったが、誰もがっかりしない。なぜなら、もう心がそこにはないからだ・・・
場内が暗転するといきなり小橋コールが爆発。隣の女の子も目が覚めたようだ。この日初めて電光掲示板に火が入って、選手権試合と選手の名前が出る。超満員なのにケチぃぞ>三沢

▽第8試合 GHCヘビー級選手権試合(時間無制限1本勝負)
×三沢光晴(王者) 33分28秒 体固め 小橋建太○(挑戦者)
両者特別な入場をするわけではないがいきなり会場は最高潮。試合はどおってことなく始まる。最初は肘を決めあったりするんだが、かえって塩っぽい位だ。
すぐ所謂必殺技の熱死が始まる。いきなり三沢は掟破りの逆ハーフネルソンスープレックスをしかけるし、タイガースープレックスも序盤で決まる。序盤は三沢が押し気味で展開する。場外乱闘。三沢が場外の小橋へ飛ぶ。小橋は交わすが三沢は自らに対して情け容赦を全く見せず顔面から鉄柵にクレージーバンプ・・・ってバンプなのか?・・・さらに場外で小橋がハーフネルソンスープレックス。三沢と小橋の売り物はどんどんエスカレートする大技の交換だが、気の利いたグラウンドスポットをこなせないってこともエスカレートの原因の一つだろう。この日は三沢を閉め落とすと宣言した絞め技を小橋が出したが、あまりうけない。そもそも客はそんなものを見に来たのではない。
中盤で花道での攻防があり、三沢が小橋をとらえて落差1mの奈落式タイガースープレックス!・・・三沢・小橋・・・君たちゃ、気が狂ってる!
場外に斃れる二人。この日は不吉なことがいくつか起こっている。丸藤らのミススポットが目立った。本多は膝が悪くて途中で試合が壊れた(と会場は思っている)。高山の受け身は不細工だ。目の前で起こった恐ろしい落差に悪い予感が走る。レフェリーの場外カウントが進む。場内には緊張。どちらも上がってくれ!19で同時にリングに転がり込む二人。『カウントが進み出した時点で安心』って思う悪いファンは極少ない。両者のプロレスへの献身に場内感動の嵐。しかしリングサイドの女の子はいかなる感情も示さず、微動もせずリング上を見つめ続ける。
先ほどのダメージで弱っている小橋を攻め続ける三沢。バックドロップ、フロッグスプラッシュ、タイガードライバー、そしてエメラルドフロージョンカウント2.9で返す小橋。
なぜこんなに気が狂ったほど大技を交換するのか?手を抜いてエルボーを入れもいいのに顎に何発も入れてしまうのか?首が曲がらないはずの三沢がなぜ首をねじ曲げるようにしてハーフネルソンスープレックスを受けてしまうのか?そりゃ儂にも分からない。大体、えんえんと必殺技の交換を続けたら、せっかくのさっきの奈落式タイガースープレックスの戦慄が薄まってしまうじゃあないか!?どんどん終わりにくくなるじゃないか?
ふと気がつくと隣の女の子は泣いている。おめでとう、君は今選ばれて、箱船に乗る一つがいとなった。
小橋が垂直落下式ブレーンバスターからバーニングハンマーでついに三沢をフォール。待ち望んでいた英雄が帰ってくることをあらかじめ約束された英雄をいったん破り、ノアの頂点に初めて到達した。これで、B面であったこれまでのノアが、A面でしばらく回ることになる。A面は45分たつとまたB面になるのだろう。
驚喜した会場が爆発する。しかし、リングサイドの子は膝の上の手を腰まで上げただけで変化がない。彼女は選ばれた者にならず、座りすくむ。後ろから殺到してきたノアの信徒たちの波にのまれて、後ろを向きとっと困った顔をすると、ふっとまるで最初から存在しなかったかのように消えていった。彼女は地の塩になった。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ