TBS主催の女子総合格闘技大会
■団体:TBS『サイボーグ魂』
■日時:2003年2月25日
■会場:ZeppTokyo
■書き手:零壱

松本人志の番組『サイボーグ魂』主催の女子総合格闘技大会。
出場者はグラビアアイドル、薬剤師、主婦…といったアマチュアたち。
番組内の観戦募集告知を見て自分が応募したのは、タレントの水野裕子が出場するから。
彼女は抜群の運動神経を持っており、『体育王国』で活躍している。
ショートヘアの可愛い顔に、しなやかで美しい肉体。
そんな彼女が凛々しい表情で、肉体を躍動させる姿はかっこよく、とても魅力的に感じていた。

集合時間の17:30、会場に到着すると観戦者の長い行列。
開場が遅く、手際が悪いため会場に入るまで長く待たされる羽目に。
会場は1階のみ使用でオールスタンディング。
自分は後方で観戦することにしたが、グランドになったら見えない状態(近くにあったモニターで観た)。
ステージには選手入場用のセットが組まれている。
2階は関係者用席になっており、NWF王者・高山の姿が。高山は後半のゲスト解説を務めていた。
18:45にルールの説明など。5分2ラウンド制で、判定決着はなし。
禁止事項は肘打ち、クロスガード、グランドでの顔面打撃など。
スタンドでの顔面打撃は選手同士が認めればあり。19:00にスタート。

(選手名や試合タイムなどは自分でメモしたものなので、間違いがあればご容赦ください。
某道場でキックをやっている自分ですが、格闘技大会はほとんど観ませんので、専門的知識はありません)

0:ボクシング公開スパーリング
△荒木良明(水玉れっぷう隊、キャリア3ヶ月?) vs 加藤荘次郎△(協栄ジム、日本ウェルター級6位?)
(3R 時間切れドロー)

番組内でボクシングの練習を行っているお笑いタレントが、日本ランカーにチャンレジ。
セコンドはまっちゃん&千原ジュニア。
加藤が控えめだったのかもしれないが、荒木は気持ちが萎えず、積極的に手を出す。
ダウンを奪われることなくがんばった姿に、場内から温かい拍手が。終了後は3人でマイク。
ラウンドガールは黄色のハイレグ2人(水商売風のロングの子が自分好み)。
2人ともいいボディしてたけど、自分は加藤のボディに見惚れてた。

ここからが女子総合格闘技大会。船木のビデオ映像による挨拶、選手10人の入場式でスタート。

1: ○伊藤あすか(フリーター、キック、J-NETWORKレグルス) vs 尾田優希×(バーテンダー、総合、P'sLAB大阪)
(2R56秒 V1アームロック)

スタンドでの顔面打撃あり。1R、スタンドでの攻防から、伊藤がグランドで上に。
袈裟固めにいくが、パワーがないのか極めれない。ロープ際でドントムーブ、リング中央で再開。
伊藤がマウントを取って、腹を殴りつつ、腕十字狙い。またドントムーブ。
互いが動きあって伊藤がアキレス腱固めを狙ったりするも、極まらずに終了。
尾田はグランドでは防ぐのが精一杯の印象。2Rは、伊藤がタックルから上に。
ドントムーブがあって、袈裟固めに。脚を右腕に絡め、伊藤がギブアップ勝ち。
序盤から面白い試合で、場内はいい感じに盛り上がった。

2: △宮川十和(キャラクターデザイナー、サンボ、ふじめぐと同じジム?) vs 松島帆の帆△(ダンスインストラクター、総合、和術慧修会)
(2R 時間切れドロー)

“究極の寝技対決”と銘打たれた、顔面打撃なしの試合。男性ダンサーズと踊りながら入場の松島。
宮川は「スクール・ウォーズ」のテーマで。
1R、打撃で牽制して、宮川がタックルで上に。ガードポジションになって、
松島はノゲイラばりに下から狙う。スタンドになってからは、松島が密着して膝蹴りを入れる。
タックルで上になると、今度は宮川が下から狙う。お互いにグランドで動き回り終了。
2R、宮川がタックルでコーナーに押し込み、ブレイク。宮川のタックルは上手いと思った。
松島がバックからスリーパー、マウントを取ったり、腕十字にいったりするも、宮川が極めさせないまま終了。
グランドばかりの試合だったが、じっくり楽しませてもらった。

3: ×羽柴まゆみ(グラビアアイドル、総合?、ボディチェックジム) vs 筒井千尋○(雑貨店勤務、総合、トイカツ道場)
(2R4分41秒 腕ひしぎ逆十字固め)

“これぞ女の対決”というタイトル。記者会見、インタビューで互いを挑発しまくる。もちろん、顔面あり。
羽柴、グラビアポーズをバッチリ決めて入場。体重は近いが身長は羽柴が14cm低い。
1R、羽柴が突進してタックル。ガードポジションからマウント狙い。筒井は踵で背中を蹴ったり、
下から三角絞めを狙う。上になったら袈裟固めや腕十字狙い(上四方になった時に少し興奮)。
羽柴も意地で逃げて、再び上に。ガードポジションで終了。
2R、羽柴は疲れてるか? 筒井の打撃が入るが、羽柴がしがみついてコーナーに押して防ぐ。
グランドで筒井が三角締めや腕十字をどんどん極めにいくが、羽柴がどんどん逃げる。
しかし、ついに腕十字が極まってタップ。羽柴はスタミナが切れても気持ちは萎えず、小さい身体で
頑張り続けた。この後、15分の休憩。

4: ×大畑綾子(主婦、総合空手、禅道会横浜) vs 上田美紅○(格闘技専門店勤務、日本拳法、無名熟)
(1R1分51秒 KO)

“最強女王対決”と銘打たれた打撃決戦。上田は日本拳法13年のキャリアで、試合前の映像ではかなり強そうなイメージ。
故アンディ・フグと同じテーマで入場。一方、大畑はステージで気合一杯。
1R、上田の左ハイで場内がどよめく。上田はバランスが良く、スピードとパワーを兼ね備えた
打撃を繰り出す。大畑にプレッシャーをかける。そして左ハイ→右ストレートでダウンを取る! 
鮮やかなコンビネーションに、自分は驚愕。ワンツーで2度目のダウンを取り、レフェリーがストップ。
上田は10人の中では飛びぬけた存在だった。彼女はプロでやっていいのでは? 
ホントビックリ、自分なんかより絶対強い…。グランドは未知数だが。

5: △水野裕子(タレント、総合、グラバカジム) vs 高橋ちひろ△(薬剤師、空手、正道会館)
(2R 時間切れドロー)

水野の試合前映像。雪山でトレーニングでしてるシーンが(゚Д゚)What? 
菊田などグラバカ勢を従え入場、かなりテンションが上がってる様子。試合は顔面打撃あり。
1R、水野の鮮やかなタックルが決まり、マウントを狙う。高橋は脚を絡めて防御。
しかし、マウントを取って腕十字へ。高橋、立ち上がって水野を持ち上げようとして、腕を抜く。
スタンドで水野が再び倒す。脚を極めたり、スリーパーにいったりと水野ペースで終了。
2R、水野がタックルで上に。高橋はフロントチョークを狙うが、水野の頭が抜ける。
水野はアームロックを狙うがブレイク。スタンドで高橋が打撃で攻めるが、
水野がまたもや倒す。高橋はフロントチョーク狙う。水野は攻め疲れのせいか、動きが悪い。
終盤のスタンドの攻防、やっと高橋のパンチやキックが炸裂。間合いも意識して、水野を
近寄らせない。水野はフラフラになりながらも、右フックをヒットさせて場内盛り上がる
(水野の人気は高かった)。でも、試合終了。もう1ラウンドあれば、高橋が勝っていたのでは?
試合後、全選手がリングに上がり、高橋と水野のマイクで大会は終了した。

期待は薄かったけど…終わってみれば、とても面白い興行だった。
今日は女性などの一般ファンも多かったが、帰りは「面白かった」という声ばかり。
自分の後ろの女性達は最後までルールを把握していなかったが、楽しんでいる様子だった。
10人の選手達はアマチュアなので、プロに比べると技術などで劣るかもしれない。
しかし、彼女たちはひたむきな姿勢で試合に臨み、観る者に感動と興奮を与えてくれた。
この大会を会場やテレビで観て、女子格闘技の新たなファンが増えるだろうし、
選手として挑戦の意欲を燃やす女性が出てくるだろう。TBSには今後もこの大会を続けて、
女子総合格闘技を大きくしていってほしいと思う。

不満な点について。今回はテレビ収録のための大会で、場内のファンに見せる大会としては不満足。
リングサイドにいても非常に観づらかったし、モニターも少なかった。松本や高山などのコメントを、
場内モニターで流すこともなかった。入場時の手際も悪かったし…。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ