速報版観戦記
■団体:修斗
■日時:2003年2月23日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/23 プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会速報 18:00Start

うーん、このカードで、この入りかあ。
前回よりは、入っているものの8割いってないな。
マニア好みのカードは揃ったものの、
もっと広い層への訴求力はないカードということか。

全選手入場で、いきなり何がそんなにうれしいのか、
満開の笑顔のマーティン登場に、
女子総合ファンとしていきなり涙ぐむ。
今泉は、本人の希望とかで、入場式に参加せず。
減量キツかった影響かな?
今日は、クラスBも、全員テーマ曲ありの入場。

第1試合 女子58kg契約 5分2R
星野育蒔
(DB55)
vs
オードリー・クラウニング
(オランダ/フィジカル・エーデ)

(2R 判定 0−1)

ああ、何か、星野は見てるだけで涙出てくるな。
非人間的な爆発ぶりは、いつものまま。
やっぱり、星野は、素晴らしいです。

が、試合になると、その躍動感も萎んでしまう。
終始、上を取ったクラウニングに対し、
下からメクリを狙うも、メクり切れずという展開。
2R終了ゴングが鳴った瞬間、いきなり泣く星野。
そういうところは、マーティン全開なのだが。
うーん、色々と考えさせられます。

相手が押さえ込みに来ちゃえば、
このルールじゃ、こうなるのもしょうがないとも言えるんだが。
星野の瞬発力というか、爆発力が、完全に死んでいるというか。
番頭さん、星野を、実につまんないファイターにしちゃったというか。
なんてことは、女子総合に携わる人間の1人としては、
クチが裂けても言えませんな。
言ってるけど。

第2試合 ミドル級 5分2R
菊地 昭
(SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
中山 徹×
(インプレス)

(1R 2分53秒 マウントからパンチでRストップ)

うわあ、こんなに実力差あるのかあという感じの試合でした。
上になった菊池、あっさりサイドにパスして、
最後はマウントからパンチの連打で。

第3試合 ライトヘビー級 5分2R
×ジョン・レンケン
(米国/チーム・ハヴォック)
vs
桜井隆多
(総合格闘技TOPS)

(2R 3分9秒 チキンウィングアームロック)

何だよ、レンケン、ライトヘビーだと、腹ボテじゃないか。
これでミドルに落ちないのか、舐めてるな。

積極的に蹴りを出していくものの、
その足を掴んで上になったリュータ、
レンケンも下から十字やら足関やらを狙ってくるものの、
特に問題なく捌いて、パンチを落としていって圧倒。
1Rの最後には、ストップ寸前まで追い込む。
最後は中途半端に自分から足関ねらって、下になってしまい、
そりゃ舐め過ぎと思ったものの、すぐにアームに捕らえて、
そのままメクって、絞りあげて。

レンケンは、…弱い!
プロモータに専念してください。

第4試合 鶴屋浩引退記念エキシビション B柔術 5分1R
 鶴屋 浩
(パレストラ松戸)
vs
中井 祐樹 
(パレストラ代表)

(ポイント/勝敗なし)

対戦相手の入場ですとふられて、流れたのは、
ヘルタースケルター。これで沸かない場内。
何だよ、今日はパレストラの興行だろ?
中井さんが入場して、やっと沸く。

内容は、ポイント/勝敗なしなので、
動きが激しい、かなり厳しいスパー。
最後に、サイドにパスを許したのは、
中井さんからの引退への餞か。
ヌルくなく、かつ双方楽しそうで、いい感じなスパーでした。

経歴紹介の後、
中井、坂本、イサミ、つの丸、早川、番頭、
林俊介、奥様、松根から、
花束等の贈呈の引退式。
写真撮影、本人から挨拶、10カウントゴング、
道場生雪崩れ込んでの胴上げと続く。
お疲れ様でした。



休憩後、3月に登場が決っている、
マモル、勝田、ルミナがリングに上がって挨拶。

第5試合 ウェルター級 5分3R
八隅孝平
(パレストラ東京)
vs
山崎 剛×
(TEAM GRABAKA)

(1R 1分21秒 KO)

先に前に出るのは山崎なのだが、
カウンターで迎え撃つ八隅、
物凄い右フックからの連打で、ダウンを奪う。
ダウンカウント入っているのに、
それを無視して、下から足狙いに行く山崎。
そのまま、カウントアウト。
試合終了が告げられても、まだ足関狙ってる山崎、
完全に飛んでしまい、何が起ったか、わかってなかった模様。
本人とセコンド、抗議するも、鈴木さん相手にせず。
いやあ、八隅、こりゃ上位との対決が待ち遠しいな!

第6試合 ライトヘビー級 5分3R
ダスティン・デニス
(米国/アメリカン・トップ・チーム/3位)
vs
山下志功×
(パレストラ札幌/6位)

(1R 3分48秒 DストップによるTKO)

スタンド打撃は、やや、山下が押し気味で、
コーナーでの差し合いをやってるうちに、
何が当ったのか、よくわからなかったが、
山下、左目尻から、激しく出血。
2度目のDチェックでストップ

うーん、これは双方納得してないだろうなあ。
再戦してください。

第7試合 フェザー級サバイバー・トーナメント準決勝 5分3R
今泉堅太郎
(SKアブソリュート/2位)
vs
勝村周一朗×
(SHOOTO GYM K'z FACTORY/8位)

(3R 判定 3−0)

ミドルと組んでの膝狙いの今泉を、
パンチで迎え撃つ勝村、1Rは若干、押し気味。
ところが、2Rに入っても、戦法を変えない今泉、
今度は見事に打ち勝ち、ラウンド後半はTDしてパウンド。
3Rに入ると、すぐにTDからのパウンド戦法に切り替え、
マウントまで奪い、圧倒。
一方の勝村、下になっても、
とにかく心も切れず、諦めず、
大応援団の声援に乗って、最後まで奮闘。
判定は文句なしだが、素晴らしい試合でした。

第8試合 フェザー級サバイバー・トーナメント準決勝 5分3R
松根良太
(パレストラ松戸/5位)
vs
野中公人×
(PUREBRED大宮/6位)

(3R 判定 2−0)

打ち合いは避け、手堅く押し込んだ松根、
差し手争いで負けなかったのが勝因。
楳沢にレスリングで圧倒されてた頃とは格段の差。
2RにG状態での顔面蹴りで、野中に減点1もあり、
3R後半に初めて上を取った野中だが、
時に既に遅しという感じで、判定、松根で文句なし。
29−29とつけたウラがおかしい。
(残り2人は29−27)

これで、サイバートーナメントの決勝は、
今泉vs松根の再戦に決定。これは楽しみだ!

第9試合 ウェルター級(ノンタイトル戦) 5分3R
五味隆典
(木口道場レスリング教室/王者)
vs
ニック・アートル×
(米国/シーザー・グレイシー・アカデミー)

(1R 4分59秒)

アートル、まるでニコラス・ケイジみたいで、実に弱そう。
と思ったら、ゴング鳴ったら、実に好戦的。
一気に前に出て、五味を焦らせるが、
五味、落ち着くと、あっさり打ち勝つ。
豪快に投げて上を取ると、
1R終了間際には、パスからマウントまで奪い、
パンチの乱打で、最後は何と腕十字。
余裕ありました。
例によって、最後はごちゃごちゃ子供が上がって、
実にウザいんだが、まあ、いい勝ち方だったので、
よしとしましょう。

自分は総合でやってきたので、UFCでやりたい。
UFCのベルトを持ってきたい。



鶴屋の引退式もあり、暖かいムードで可も不可もなくという感じ。
それにしても、どこも応援団が多いなあ。
つーことは、身内にしかチケット売れてないということか。
五味は久々の金魚マッチで、これはこれでいいと思います。
こうやって、チャンプの人気を上げていくことも大切。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ