速報版観戦記
■団体:DEMOLITION
■日時:2003年2月23日
■会場:お台場メディアージュSDM
■書き手:負井

2/23 GCMコミュニケーション "DEMOLITION 030223" お台場メディアージュ6F SDM大会速報 17:00Start

若干席を減らした感のある場内は、最終的に8割程の入り
SDMでの開催の中では、一番少ない観客数か?
まあ、興行が重なっていることを考えると、
それなりの入りではないかと

今回のVはファンタジー風。
相変わらず格好いいですが、良く判りません(笑)
そうそう、ラウンドガールのお姉ちゃんは
生ゴンギャルに戻ってました。
これまたファンタジー風のおとなし目の衣装で(笑)
場内FMもありませんでしたね

第1試合 -100kg契約 5分2R
山本高行
(TEAM-KAZE)
vs
日下 武×
(烏合会)

(2R判定 2−1)

寝技では、ポジションとって
関節技を狙い続けた山本選手が優位に。
しかし、双方「やりたくない」といっていたスタンドの打撃戦では
日下選手がパンチで追い込んで押し気味に。
判定を分けたのは、2Rラスト、
それまで寝技では極め狙いだった山本選手の、マウントパンチ連打か
日下選手、非常に惜しかったです、残念。

第2試合 -81kg契約 5分2R
井上克也
(RJW/central)
vs
立原基大×
(バトラーツB-CLUB)

(2R判定 3−0)

クラッチしてブン投げ、
倒してからも打撃どんどん入れていった井上選手が
レスリングでも、グランドでも圧倒して。
前回の不完全燃焼を吹っ飛ばす快勝でした。

立原選手も最後まで粘るも、
もう少しポジショニング出来ないと厳しいかなぁ
第3試合 -78kg契約 5分2R
太田洋平
(A3)
vs
井上 敦×
(ストライプル)

(2R判定 3−0)

払い腰で豪快に投げ飛ばし、グランドでアキレス狙うなど
終始、太田選手が優位に攻めるも極めきれず
明らかにパンチを嫌がって組み付いてくる井上選手を
突き放す事ができなかったのが、惜しまれる所です。
第4試合 -74kg契約 5分2R
飯田崇人
(A3)
vs
加藤泰貴×
(ロデオスタイル・チームカトケン)

(2R判定 2−0)

加藤選手、ローで攻めるも、
飯田選手のもの凄いフックの返しを受けて
スタンドでは打ち負ける展開に。
グランドも、飯田選手が下から仕掛け、加藤選手、やや防戦気味に
判定は飯田選手で良いと思いますが、やや不完全燃焼?

加藤選手、やっぱりちょっとアゴ弱いのでしょうか、
今日も結構パンチが効いてしまってました。
第5試合 -70kg契約 5分2R
滝田J太郎
(和術慧舟會東京本部)
vs
安田けん×
(ロデオスタイル・チームカトケン)

(1R3分40秒 三角締め)

本日のMVPは、文句無くJ太郎。
回を重ねる毎にエスカレートする入場は、まさにJ太郎劇場。
本日は少年隊の仮面舞踏会の“カラオケ(本人?)”に乗って、
メンバーを増やしたJ太郎ダンサーを従えて、タップリと。
ここまで突き抜けてしまえば、少々寒くてもOK!(笑)
誰だ、忘年会の余興とかいってるのは

試合も、極めの強いJ太郎選手の良い所が出た内容。
タックルからバックを取って、
じっくりテイクダウンを狙う安田選手に対し、
桜庭式アームロックで返して、サイドを取ったJ太郎選手、
アームロック狙いからマウントへ、
これを返されると、下から三角へ
パンチ入れながら、キッチリ締め上げると、安田選手がタップ。

マイクを取ると
「こんな色物と試合をしてくれた安田!
お前は男だ! ありがとう!」
と笑わせ、最後は
「1、2、3、ジェイ!」で締め。
場内、この日一番の盛り上がりでした。
第6試合 -67.5kg契約 5分2R
中原太陽
(和術慧舟會GODS)
vs
佐藤伸哉×
(P's LAB東京)

(2R判定 3−0)

1Rは、思いっきりパンチ・ミドル出して、
グランドで下になった所からも、素晴らしい動きで
バックにまわり、スリーパーを狙い続けた、中原選手。
が、2Rはキャリアに勝る佐藤選手も、上手く凌いで
思うように攻めさせず、やや中原選手、良い所無く。

判定は文句無いものの、中原選手、周囲の期待値が高い分、
これからが厳しそうです
第7試合 -82kg契約 5分2R
×中台 宣
(パンクラスism)
vs
中村大介
(U-FILE CAMP.com)

(1R2分54秒 腕ひしぎ十字固め)

打撃力では明らかに上回っていた中台選手 (特にローからのコンビネーションがなかなか)
反り投げでテイクダウンも奪い、このクラスでは流石に上か、
と思わせるも・・・
ガードが甘く、中村選手のパンチラッシュでフラフラに
根性で前に出たところに、中村選手の飛びつき腕十字(!)がズバリ
流石は田村選手直系!
しかし、前回の鶴巻戦といい、中村選手、勝負強いなぁ

中台選手、実はU-FILEに連敗
(U-FILE興行でも大久保選手に一本負け)
プロとしては、キャラが立っていてイイ気もするのですが
(負けっぷりも含め)
やや、判定決着は多かったものの、全体的に楽しめました
レベル的には、それこそ“これから”の選手ばかりですので
決して、高いとはいえませんし、試合内容もそれなりです。

自分の場合、ヤル側に近い立場で顔見知りも多い、
と言う部分だけでも、楽しめる要素が多いとは思いますが、
大会のコンセプトから考えると、これで良いのではないかと。

これを、もっと広い層に広げるには、と聞かれると、
ちょっと困ってしまいそうですが、
兎に角、継続は力なり、だと思います。

個人的には、J太郎選手の勝利が、とにかく嬉しかったです。ハイ
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 負井



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ