速報版観戦記
■団体:修斗
■日時:2003年2月6日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/6 プロフェッショナル修斗公式戦 北沢タウンホール大会速報 18:30Start

前回の後楽園ホール時に、既に前売りは売り切れという、
異常事態(というほどでもないけど)の今回、
実はメモ8もチケットが買えずに、
某所から手を回して、何とか潜り込みました。

18時半の開始時には席もほぼ埋り(最終的には超満員)、
いやー見所満載で、楽しみだーと思ったら、
いきなり、レンケン発病でドクターストップの為、メイン中止の発表。
なんだよそれー! ふざけるな。
だから、所詮、船木にボコられるレベルの(以下25字省略)。

そうそう、今日は、昔のパターンの後ろから移動式の椅子席を引き出さずに、
椅子を平置きした構成。理由が何かあるのか知らんが、
移動式にして欲しい。圧倒的にそっちの方が見やすいんだから。

(後記)
X-Shootの掲示板によると、
レンケン、減量失敗による体調悪化による模様。ったく。

第1試合 フェザー級 5分2R
赤崎勝久
(SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
ナット・マッキンタイア×
(米国/ミネソタ・マーシャルア−ツ・アカデミー)

(2R 3分34秒ヒールホールド)

反則負けによるサスペンド明けの赤崎、
1Rの前半こそ、やや打ち負け気味だったが、
徐々にパンチが当り始め、前に出られるようになる。
2R、赤崎、TDに成功すると、
所属からしてグラップルもOKかと思われたマッキンタイア、
あっとびっくり久々のとんだ食わせ者レベルのグラウンドで、
パンチの連打から、最後はヒールで1本。
赤崎、11戦目の初勝利。これはうれしいだろうなあ。
別に思い入れなど何もないけど、おれもうれしかったくらいで。
しかし、10連敗してた選手に見えないです。

第2試合 03年度新人王トーナメント フェザー級1回戦 5分2R
きんぞ〜
(ピロクテテス新潟)
vs
田中寛之
(直心会格闘技道場)

(2R 判定1−0)

終始、スタンドで打ち合う展開。
キック系のジムであるピロクテテクスの、きんぞ〜に対し、
やはりキック系の直心会の田中、まったく打ち負けないどころか、
素晴らしい当て感の左のリードを当てまくり、完全に打ち勝つ。
が、1Rに一発、見事なカウンターを貰って、ダウンしてしまったんだよなー。
おれ的には、1R10−9、2R9−10なんだが、
1票入った(しょうがないかな)、規定により、きんぞ〜が2回戦進出。
まあ、どちらかと言えば、また見たいと思ったのは、田中です。

第3試合 03年度新人王トーナメント バンタム級1回戦 5分2R
畑 武彦
(タイガー・プレイス)
vs
渡邊“MAD”康司×
(パレストラ松戸)

(2R 判定3−0)

去年のアマ修でバンタム3位の畑と、フェザー3位のMADの対決。
明らかに目をつぶってしまったりして、スタンド打撃は危なかったしい畑だが、
慧舟會系らしく、押し込んで、ねちっこく倒すとパンチの連打で展開を支配、
2Rには、サイドまでパスも成功しました。
噂通り、この選手、グラウンド、ウマいねー。
MADも、ウマく立ってくるし、悪くないんだが、
グラウンドパンチのないアマとの違いがハッキリ出た感じか。

第4試合 03年度新人王トーナメント ライト級1回戦 5分2R
高谷裕之
(格闘結社田中塾)
vs
碓氷早矢手 
(RJWセントラル)

(2R 2分6秒TKO)

いやー、凄い試合でした!
スタンドで殴りあってただけなのだが。
1R開始早々こそは、やや押したハヤテ選手だが、
右一発でダウンを取られる。
が、凄かったのは、ここから。
とにかくハヤテ選手、打たれても前に出て、心がキレない。
アマで30戦以上してるし、キックでプロの経験もある、
デビュー戦ながら、既にベテランと言っていい選手だが、
いや、ホント素晴らしかったです。
いつも、相手よりセコンドが怖い田中塾、
まあ、今日もいつもと同じだったのだが(笑)、
せっかく勝った高谷選手の印象が薄くなってしまうほどの、
ハヤテ選手のがんばりでした。
最後はスタンドで連打されてのストップです。


休憩後、1月のMVPと発表された村濱兄が挨拶。
ベストファイトは、植松vsホーキ。

第5試合 ウェルター級 5分2R
松本光央
(WILD PHOENIX)
vs
小谷ヒロキ×
(SHOOTO GYM K'z FACTORY)

(2R 判定2−0)

今日の試合はどれも面白く、展開だけを追えば単調であっても、
実際見てみると、マニア感涙の試合が続出して、
総合の今、修斗の今を感じさせてくれる試合ばかりだったのだけど、
この試合だけが、2〜3年前の出来の悪いクラスBの典型のような感じ。
コンバットをぶっちぎって優勝した小谷兄、
打撃が入ってしまうと、例によっての煮え切らないファイト。
弟へのセコンドぶりや、アマ大会のセコンドぶりを見てると、
実に素晴らしい小谷兄なんだが、言うのとやるのは全然違うというところか。
かと言って、松本が何かよかったわけでもないんだが。
ドローでしょうというより、ドローでいいよ言いたくなる凡戦でした。

第6試合 バンタム級 5分2R
高橋大児
(SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
石井俊光×
(タイガー・プレイス)

(2R 判定3−0)

バンタムに落とした高橋が、ポジションを支配して圧倒。
極めきれなかったものの、まったく危なげなしでした。
バンタムの台風の目になりますな、高橋。
石井はちょっと勝機がどこにも見つからないという感じ。
高橋あたりが、ここまで落としてくるようになると、
フライ級でも出来ないと厳しいかな。身体からして違うんだもん。
しかし、この高橋をグラウンドで圧倒した塩沢って何よ。

第7試合 ライト級 5分2R
風田 陣
(ピロクテテス新潟)
vs
南部陽平×
(シューティングジム横浜)

(1R 3分30秒 レフェリーストップ)

打撃系が総合やる際のお手本みたいなファイトをする風田、
倒されても、ねちっこく立ち上がって。
最後は、藤田vsミルコや、パーリングvsKIDみたいな、
タックルに見事に左ヒザがあってのKO勝ちなのだが、
狙いすましたという感じではないものの、見事でした。
南部もロングスパッツで、コダワリが感じられ応援したくなるんだが、
残念ながら今日はいいところなし。

第8試合 ウェルター級 5分2R
×朴 光哲
(SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
石田光洋
(総合格闘技TOPS)

(2R 判定0−3)

倒しにいく石田、倒されまいとする朴、
インから殴る石田、殴られまいとする朴、
まあ、展開だけ書いてしまえば、これだけなんだが、
何でこれが、こんな面白いんだろう。
石田の絶妙な倒しのテク、最後まで止まらなかったインからの殴りテク、
朴は、下から足を効かせる絶妙な防御テク。
こう書いてしまうと、そういうマニアにしかわからない、
絶妙な技術合戦が面白いように取られてしまうかもしれないが、
あくまで、それが双方の素晴らしい気合、勝ちたいという気持ちに乗って、
さらには、K’zの大応援団や、TOPSの中応援団の激しい応援合戦に乗って、
下北というどこで見ても臨場感溢れる会場で展開されるから、
余計、素晴らしく見えるのであって。

川尻やリュータを迎え入れての記念撮影をする石田、TOPS勢、
例によって小さいチームが最高にウマくいっているカタチを見るようで、
何だかとってもいい感じでした。

第9試合 メインイベント ミドル級 5分3R
 弘中邦佳
(SSSアカデミー/10位)
vs
ジョン・レンケン 
(米国/チーム・ハボック)

(レンケン発病の為、中止)


結果としては、メインの中止も気にならないほどの、熱戦続きで大ヒット。
いやあ、無理して潜り込んで大正解でした。

しかし、全戦クラスBにも関らず、ここまでレベルが高くなってしまって、
これからどうなってしまうのと感じるくらいの試合ばかり。
小谷兄のしょっぱさが目立ってしまうくらいに。

が、例えば、結果としてメインとなった、石田vs朴、
実に、実に素晴らしい試合だったわけだが、
後楽園ホールの最後列にまで、これが伝わるのかといわれると、
かなり疑問でもあるんですね。
客層のマニア度の問題もあれば、
箱の大きさによる臨場感の問題もあるんだが。
などと、色々考え始めると、ホント難しいんだが、
まあ面白かったからいっかということで。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ