速報版観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2003年1月26日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

1/26 PANCRASE「2003 HYBRID TOUR」 後楽園ホール大会速報 12:00Start

ゲート開始時点では、まだ2割というところも、
グッズ売場は超満員(グッズ券を出しているというのもあるが)、
開始時には、早くも7割の入り。
最終的には満員マークをつけていいだろう9割弱で、
このカードでこの入りなら、文句なしだと思います。

パンクラスゲート フェザー級 5分2R
×平山 英明
(P'sLAB横浜)
vs
島袋 零二
(HYBRID WRESTLING武∞限)

(1R1分2秒 KO)

完璧にボクシングスタイルで構えた島袋、
いいパンチを繰り出す。シャープな右フック一発で。

第1試合 フェザー級 5分2R
×田上 洋平
(HYBRID WRESTLING武∞限)
vs
梅木 繁之
(SKアブソリュート)

(2R 判定0−2)

SKの梅木は、P’sの佐藤をもっと挙動不審にした感じ(笑)。
とにかくポジションを無視して、どこからでも関節狙い。
フニャフニャ、ヒョロヒョロ、トリッキーで、何かいい味だ。
田上は、まったくいいところなしで武限らしさを出せず。
しかし、これをドローはないと思うぞ、岡本。

第2試合 ミドル級 5分2R
×佐藤 光留
(パンクラスism)
vs
岡見 勇信
(和術慧舟會東京本部)

(2R 判定0−3)

トイカツの指示通りには、動けないものの、
スタンドでもグラウンドでも、岡見、ほぼ危なげなし。
ヒカルくんは、例によって、気合以外は、単調なタックルと足関狙いだけで、
まったくいいところなし。昔のレスリング力はどうしちゃったのよ。
トイカツ「お前が負けるところはない、自信を持て」
と盛んに声をかけていたが、まったくその通りであって。
総合始めて1年くらいの選手に、ここまで圧倒されて、
相手のセコンドにもここまで舐められて、恥かしくないのかね、ヒカルくん。

第3試合 ウェルター級 5分2R
×長岡 弘樹
(ロデオ・スタイル)
vs
北岡 悟
(パンクラスism)

(2R 判定0−3)

未だパレストラのマーク入りのスパッツ着用の北岡、
今日は、物凄い気合で、ガン飛ばしまくりでこわーい!
かと言って、何が変ったというわけでもないのだが、
気合が入っている分、昔に比べて前に出れるようなって、いい感じ。
ポジションで圧倒し、とにかく殴りにいってポイントは文句なし。

第4試合 ウェルター級 5分2R
大石 幸史
(パンクラスism)
vs
和田 拓也
(SKアブソリュート)

(2R 判定1−0)

個人的には、この試合は面白かった!
が、客席は、静まり返ってました。
双方レスリング出身だから、テイクダウンの攻防に意地を張り合って、
それが、おれには堪らない面白さだったのだが、
そんな風に見てるのは、恐らく100人位。
どうも打撃に色気があるようで、バックブローとか出していくワダタク、
それに、何回もタックルを合わせられ、倒された分だけ、印象悪い。

ワダタク、パンクラスに来て、打撃で魅せようと考えているんだろうけど、
そうじゃないと思うぞ。確実に倒してパスして殴って、まずは勝つ。
昔からやってたことを、やればいいじゃないか。
どうせ外様なんだ、まずは勝たなきゃだめだよ。

第5試合 ミドル級 5分2R
石川 英司
(パンクラスGRABAKA)
vs
金井 一朗×
(パンクラスism)

(2R 判定3−0)

ニキビくん、まったく危なげなし。
ポジションで圧倒しグラウンド打撃とチョーク狙い。
まあ、極めたかったけどなあ。
金井は、前回のデモリッションの時よりは、表情も厳しくなって、
気合も入っているんだが、それだけ。
例によって、気合以外は何の見所もない典型的パンクラシスト。
そのままじゃ、誰にも勝てないと思う

第6試合 ライトヘビー級 5分2R
渡辺 大介
(パンクラスism)
vs
入江 秀忠×
(キングダム・エルガイツ)

(2R 4分18秒 KO)

涙のカリスマ・入江、アタマにキングダムのテーマをあしらった、
例によって尾崎の曲で、たっぷり時間を使って入場。泣いてなかったけど。
セコンドには、何故か、元K’zの秋本じん先生(自信なし)。
打ち合わず、すぐ組み付いて、押し込んでTD狙いは妥当な作戦だと思うが、
大介、なかなか倒れてくれずに、ブレイクが入ってしまうこと数度。
ついに、大介の右フックが、見事に決って一発でKO。

それにしても、パンクラスは遊び心がないね。
負けてこその、入江のマイクだろー。催促させてやらせる位じゃなきゃ。
せっかく、今日は、入江のマイクを聞きにきたのになあ。
というわけで、入江、あっさり退場しちゃいました。残念。

第7試合 セミファイナル ミドル級 5分2R
三崎 和雄
(パンクラスGRABAKA)
vs
ジョー・ダース×
(ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(2R 4分52秒 レフェリーストップ)

ダースのセコンドには、ヘンゾはいなくて、ホドリコでした。
1R、いきなり組み付いたダースが上を取って、じっくりパスを狙うが、
三崎は下からパンチで応戦。
どうも、ダース打たれ慣れてない感じで、やりにくそうだ。
ハーフからサイドにいくとみせてかけて、いきなりマウント取ったのは、
見事だったが、そこからのパンチ連打も、おしくも1R終了。
2Rに入ると、スタミナに勝る三崎が、上を取り、
無理してパスは狙わず、とにかくパンチの連打。
上はウマかったダースだが、下は打撃がイヤなようで、
足も効かずに、抱きつくのみで、
徐々に、パンチが入り始め、パスさせなかったにも関らず、
パンチもらいまくり、ストップ。
うーん、もうちょっと粘ればドローだったんだがなー。
しかし、三崎は気合も充分、技術はさすがにグラバカ、益々楽しみです。
マイクアイピールは「チャンピオンになる」。がんばってください。

第8試合 メーンイベント ライトヘビー級 5分2R
近藤 有己
(パンクラスism)
vs
ガブリエル・ベラ
(ハイアン・グレイシー柔術)

(2R 判定 1−0)

結論から書いてしまえば、レスリング力を生かした、
極めのないポイント稼ぎ系の柔術家でした、ベラ。
弱くはないと思います、ドローなんだから。

例によって、あっさり倒された近藤、最初のうちは、
うまく足を効かせていたのだが、やがてポジション取られまくる。
が、そこから極めにいく気配すらないベラのパンチ、ほとんど入らない。
まあ、マウントまで取ってるから、圧倒的に1Rはベラなんだが。
2Rに入ると、タックルは全部切って、倒されなくなった近藤、
徐々にペースをあげ、カブりからパンチ、上を取ってもパンチ。
あと、1分あればという感じでした。
ドローとはいえ、まあ傷ついた感じは、まるでありませんでした。
それにしても、廣戸の20−19ってのは、ないと思うなあ。
ときたま、ここ1番で、廣戸さんはこういうジャッジつけますね。
確かに、1Rは10−9でベラなら、
2Rは10−8.5で近藤って感じではあったけど。


メインの近藤が極めきれなかったので、カタルシスには欠けたし、
判定が多かった為、まあ、可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。
休憩なしで8試合をコンパクトにまとめて、個人的には、充分、楽しめました。
しかし、ヒカルくんや金井を見てると、
相変らず、イズムに明るい未来は見えませんです。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ