速報版観戦記
■団体:DEMOLITION
■日時:2003年1月26日
■会場:お台場メディアージュ6F SDM(Studio Draem Maker)
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

10/13 DEMOLITION お台場メディアージュ6F SDM大会速報 17:00Start

前回と同じSDMだが、前回ほどは入らず。7割強くらいかな?
やはり、出場予定だった、今成と中原太陽の欠場は痛いか。
ビデオの演出は、今までよりも冗長さを刈り込んで、
益々いい出来になってました。
が、今回は、何故かFMラジオの調子が悪かったです。
先着100個みたいだったが、すぐ電波が切れちゃうし、
入ってても音が聞取りにくかったです。

第1試合 −60kg契約 5分2R
×晝間 貴雅
(ストライプル)
vs
実原 隆浩
(チーム品川)

(2R判定0−3)

いやあ、今日はよかったです。
上を取った実原が、イノキアリか、インサイドから
とにかくパンチを入れていく。
晝間も、相変らず下からウマく、
足を効かせて下からヘンゾキックとパンチ。
が、今日の実原、多少もらってもとにかく手を休めない。
スタミナには絶対の自信を持つ彼が2Rの最後にはバテが来たほど。
下から結構もらっていたんだが、まあ、判定は文句なしでしょう。
応援してくれた皆様、ありがとうございます。
さらに上を目指させます。

第2試合 −69kg契約 5分2R
NUKINPO!
(P'sLAB東京)
vs
出見世 雅之×
(和術慧舟會GODS)

(2R1分32秒 腕十字)

レスリング力で圧倒するかに見えた、出見世だが、
1R1発パンチを入れられてから、にわかに調子がおかしくなり、
いかにもP’s系の勢い勝負のヌキンポ、
打撃と足関節で攻め始め、最後は十字で。
いやあ、セコンドの北岡と中台より、全然、いいファイトでした(笑)。

第3試合 −78kg契約 5分2R
×久保 輝彦
(禅道会)
vs
太田 洋平
(A−3)

(2R判定0−3)

太田、序盤から、上になって圧倒してたんだが、極めきれず。
双方、柔道経験者の為か、スタンドでは、お互いに抱え込みたがる。
というか、つまりは、スタンドレスリングが出来ない。
それだと、もうひとつ上にはいけないような気がするんだが…。

第4試合 −73kg契約 5分2R
岩崎 英明
(ストライプル)
vs
平山 貴一
(和術慧舟會千葉支部)

(2R判定1−0)

これは熱戦でした。
1R、エンジンのかかりが悪い平山を、上を取った岩崎が圧倒。
2Rに入っても、スタンドで打ち勝ち、
このまま、ポイントアウトかと思ったところから、
平山が、反撃開始。上になってポジション取って、連打。
ただ、今日の平山は、いつもよりキレがなかったような。
マストでつければ、岩崎かなという感じだったが…。

第5試合 −82kg契約 5分2R
×立原 基大
(B−CLUB)
vs
長谷川 秀彦
(SKアブソリュート)

(2R1分54秒 腕十字)

いやあ、やっぱり長谷川強いです。
一部では、そのレスリング力で、結構いけるのではと思われていた、
立原(しかも美形)を、まったく問題にせず。
圧倒し、極めたあとは、マイクで門馬との対戦をアピール。

第6試合 −83kg契約 5分2R
×鶴巻 伸洋
(フリー)
vs
中村 大介
(U−FILE CAMP)

(1R2分6秒 腕十字)

鶴巻、SAWのエースとしてリングス参戦当時から見てるいるファンにとっては、
今時、U−FILEのグリーンボーイを、相手にしてちゃいかんと思うのだが。
今日は、その期待に答えるかのように、積極的にテイクダウンを奪い、
これならと思った途端、下から十字を取られる。うーん。
やっぱり、これが総合の今ですかね。

第7試合 5分2R
×伊藤 博之
(フリー)
vs
門馬 秀貴
(A−3)

(2R判定0−3)

金原とTKという、超豪華なセコンドをつけた、
リングスファンの最後の心の澱、伊藤くん、今日もやっぱりダメ。
腰にテーピングして、いかにも辛そうな門馬に対し、
1Rこそ、何回か上になれたものの、上になっても何もしない。
一方の門馬は、下からも上からも攻め続け、
まあ、1本取らなくちゃいかんとは思うものの、問題なしの勝利。
マイクで、長谷川に対して「いつでもやってやる」との返答。

門馬は、下からもウマいので、
あまり下になることを気にしてないような感じなのだが、
それじゃ、ここ止まりだと思います。もう一皮むけて欲しい感じ。

伊藤くんは、ええと、やっぱり格闘技に向いてないと思います。


どうしたんでしょ、珍しく映像演出で、ミスがありました。
試合内容が、どれも素晴らしかっただけに惜しい感じがしました。

どの選手も、上にいってやるというやる欲が、ギラギラと見えて、
それが空回りせず、積極性に繋がっていて、
まあ、それは、今回に限ったことではないんだけど、
今回は、特に顕著で、いい感じでした。

と、言いつつ、やっぱり、このメンバーじゃこの客入りなんだよな。
ずっと、この入りでいいのなら、それはそれでいいんだが、
そうじゃないなら、宇野くんとまでは言わないものの、
修斗組のトイカツ、塩沢、門脇あたりが見たいです。
あと、コーソークンとか。

和田さんと、平さんで、アトラクトユアオーディエンスのタイミングが、
かなり違うのが、ちょっと気になりました。
とにかく、和田さんは、ブレイクが早い。
あれっ? という早すぎる奴も何回かあったが、
まあ、アトラクトユアオーディエンス(メモ8超訳:客は退屈しているぜ!)
というくらいなのだから、あれ位の早さで、
つまり、和田さんにあわせていいんだと思います。

2月は2回興行やるそうで。
23日の初の修斗とのバッティング興行に、
どういうカードを出してくるか楽しみ。

そうそう、ひとつ忘れてました。
エロいダンサーの姉ちゃんに、エロい踊りをさせながら、
ラウンドガールをさせていたんですが、
あれは、GCM身内の人間が、もっと声をかけて、
盛り上げなくちゃいけないと思います。
そういうところは、八百長はありというか、仕込むべきであって。
それで、さらに盛り上ると思うんだが。
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ