1/25 WWE 代々木第一体育館
■団体:WWE
■日時:2003年1月25日
■会場:代々木第一体育館
■書き手:生首 (ex:週刊WWE だけどWCWフォーエヴァー!

4:30開場だが、去年マーチャンダイズ売り場が混乱し買えない人も出たとのことなので、4時前にダフ屋の波を潜り抜け、代々木着。さっそくプログラムを買うが、これが何ともチープなテキ屋本。買って損した。
しかし速攻で買ったのはY2JTシャツ「ラージャー・ザン・ライフ」がどーしても欲しかった。しかしよく考えたらヒールの今、Y2Jグッズ買うヤツもそうはいないだろうから慌てて来ることなかった。
1万円のA席だが、リングからはやや遠いもののまあこんなもんでしょう。
今日の同伴者後輩のリエちゃんを待つが来ない。という間に開始時間。
ハワード・フィンケルのアナウンスで始まるが、なんとなくものたりない。何か唐突に始まった感じ。
(試合結果。左が勝ち)
スパイク対スティーブン・リチャーズ
おおっ生で聞くクロニックのテーマ!「ラブダンプ」(こんなところまでクロニックを絡ます)感動。前々からSRはWWEに重宝されてるんだと思ってたが、今日もいきなり第一試合と、客を暖める重要な役割をこなしていた。
でも何も悪いことしてないのにブーイングはやりすぎですね。

テスト、ジャッキー対ディーロ、モーリー
ステイシーが入ってくると明らかに空気が変わる。ものすごい人気。しかし空気的にはストリップ劇場の客のノリ。パンツ見せながらリングに上がり、「にほんのテスタクルズ!」と即猥語。続いてテスト。やはり大きいと絵になるね。今日はジャッキーが延々捕まる間、見ているだけだったが、うまく引き立ち、悪くないんじゃないの。でもステイシーがもっと喋らないのが減点。クビは相当悪そう。フルネルソンバスターからビッグブーツ。
まあテストくらい背がないとこんなステイシーみたいな大女とは合わないね。でもうらやまし。

リコ対チーフ・モーリー
リコすごい人気。「モミアゲ」コール席巻。なぜか完全ベビー。一方モーリーだが、BT欠場で急遽出ることになったのだろうか?何で出るならビッグ・バルボウスキーになんないんだろう!AV女優でも仕込んどけよ。それともみんなもう忘れてんの?絶対「ヘロー、レイディーズ」の方が盛り上がるに決まってるはずなのに、モーリーじゃ盛り上がる間なし。

ゴールダスト、ハリケーン対3ミニッツ
最初にハリケーン登場するとコスプレも盛り上がる。しかしゴール出すとの重厚なテーマと金粉が舞い上がるとちょっと泣けるほど感激。BT不在のためかゴールダストもイイ動き。ロージー&ジャマールは超ヘビーでクルーザーの動きを証明。
しかしゴールダストのしゃべり聴きたいよ、ちょっとでもいいから。すぅぅぅっ!


トリッシュタン対ビクトリア
うーん、生トリッシュ初めて。トリッシュの生チチ(見えてないけど心眼で見た気が)も。とにかく入ってきただけですごい人気。つくずく前の♪ヴァッヴァーバヴァ♪のテーマの方が切り込みが良かったと残念。あと痴女好きには堪えられないビクトリアのきれいな顔も堪能。日系人とのハーフなんですって?ストラタスファクションは盛り上がる。

この興行の最大の欠点はタイタントロンがないこと。なんでW-1なんて不必要に何枚もビジョン使ってんのに世界のWWEが一切モニター出さないの?これはすごい減点。誰が入ってきたのか瞬間にはわからないし。

BPP対クリスチャン
クリスチャンが入ってきたが、「♪クリスチャーン♪」の部分がないしモニターもないので一瞬誰かわからなかった。今日のカードは一切発表されてないので昨日来てない人、新聞読んでない人には誰が出るかわからない。
すると!!突如暗転!ウ〜ウ〜ウ〜Holla! If Ya Hear Me!」ビッグ・パパ・パンプ入場。おおっこんな早くに!?すごい盛り上がり。
昨日は随分日本対応したBPPらしいが比較的普通の試合を見せてくれた。ただ具合悪いのか?打ちすぎ?しかし何より嬉しかったのはWWEに来てから初めて見たスタイナーリクライナー!もっとやって欲しい。

ケイン対バチスタ
これは前夜当初予定されてたヤツですね。シングルしかないでしょ、この二人絡ましたら。でも命である火がないケインはかなり物足りない。バチスタ、さすがに今年最も期待されるだけある。イレズミが下品だが、動きも力も大きさも非常にヨシ。

世界タッグ戦 反米軍対ダッドリーズ
いいな、リーガルは見てるだけで癒しを与えてくれる。本当に信頼できる。ダッドリーズもすごい人気だが、入場時のパイロでロケット花火がない。
客が「Get the table!」を言いたいだけなのか、うるさい。あまり性格良くないらしいと言われるババだが、リング上では大サービス。わざわざランスがテーブルを出し、お膳立て。ちなみに今日のランスはシャープシューターではなくメープルリーフをやってくれた。

Y2J対RVD
やっぱビジョンは絶対必要。あの入場ビデオのないY2Jはすごくマヌケ。一方RVDやはりとんでもない人気。かなり日本風にしつこくしつこく試合展開をする二人。ちょっとRVDが腰痛そうにしてたが本当か?ちなみにスポナビさんではシャチほこ固め、ってかいてあるけど、ウォール・オブ・ジェリコのこと?
しかし最後にはヒールにも声援を送るやさしい代々木のファン。一方ヒール魂を忘れないクリスチャンとジェリコは帰る時まで4文字ポーズ忘れない。

今日の取り組みほんとに何も知らないので、そろそろ終わるはずなのにタジリとHHHがまだ出てない。HHHはメインとして、タジリどーすんだろうと思ってたら、ステフ登場。

ニホンのみなさん、マクマン家を代表しご挨拶申し上げます。またすぐにでも日本に帰ってきますので楽しみにしていて下さい、と中学生に噛んで含ませるようにゆっくりと、簡単な単語で、手短に挨拶するステフ。ビショフ様不参加の説明はなし。

ツァラストラのテーマでふー!ネイッチャボーイ登場。だけどしゃべりはちょっぴり。
タジリ登場し、いよいよHHH。
♪ジャーン♪さすがに今回のメンバー中BPP以外で最大の大物。空気が違う。すごいカリズマ感。水吹きやって怖そうポーズも。
試合はタジリが意外なほど押しまくる。それに丁寧に応えてあげる優しい人HHH.タランチュラまで受ける大サービスぶり。最後はぺディグリー2連発でピン。うーん、すっかりマクマン家の一員としての心構えができてるらしいHHH。原住民のタジリをここまで立てるなんて、勝った後もタジリの手を上げ賞賛。ほんとにいい人なのね。

これで終わりです。
うーん、初めてのWWE観戦だけど、何でみんな全然しゃべんないの?どうせ英語わかんないだろとバカにしてんの?キーッ。正直言って本場の雰囲気は味わえたけど、全っ然しゃべりがないのがすごく不満でした。特にBPPやHHH、しゃべんないとただの外人レスラーだよ。すくなくともスター二人、リック・フレアー、リーガルに日本をバカにさす、は外さないで欲しい。ステフだってもうちょっと話してよ。タイタントロンもないし。
WWEというより、普通のプロレスに近い感じ。しかしさすがに試合展開は先週のW-1なんかの素人脚本とは比べ物にならない。ちゃんとしてます。プロの仕事です。
ただ、おもしろいとは思いましたが不満点も非常に多い大会でした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ