速報版観戦記
■団体:修斗
■日時:2003年1月24日
■会場:後楽園ホール
■書き手:負井

1/24 プロフェッショナル修斗公式戦 後楽園ホール大会速報
速報どころか丸一日以上たってしまいましたが・・・
すみません反省しております。

さて、修斗、今年の初戦は後楽園から。
少し遅れてホールに足を踏み入れると、
んー、入ってないですね。六割くらいでしょうか?
まあ、カードから言えばこんなものかも、と。

少しおして、ホール恒例の全選手入場式から。
誰に人気あるかなー、と思って見ていましたが、
お客さんが少なくて、よく判りませんでした。

挨拶はトイカツ。
「戸井田カツヤが修斗に帰ってきました!」と、トイカツ節で。
第1試合 03年度新人王トーナメント バンタム級1回戦 5分2R
塙真一
(日本/和術慧舟會千葉支部)
vs
秋久哲也×
(日本/シューティングジム大阪)

(2R3分25秒 三角締め)

スタンドでは秋久選手がパンチを上手く当て、タックルで倒し、
グランドでは塙選手が足を上手く利かせて、やや有利に、といった展開。
秋久選手のパンチで塙選手が右目を大きく腫らし、
判定では不利かと思われたましたが、
グランドでパンチを落としてくる秋久選手を三角に捕らえて、見事な1本勝ち。
塙選手、1Rはやや硬くなってた感じでしょうか。
第2試合 03年度新人王トーナメント ライト級1回戦 5分2R
×溝口なおすけ
(日本/誠流会)
vs
藤岡正義
(日本/シューティングジム大阪)

(2R 判定 1−2)

この試合がデビュー戦となる藤岡選手は、
昨年の全日本アマ同階級の優勝者で、アマのベストバウト受賞者との事。
気合十分に溝口選手をテイクダウンして、ガンガン、パンチを落としての判定勝ち。
グランドでのバランスも中々のものでした。ちょっと期待です。
溝口選手も、定評のある下からでパスを許さずに三角・十字と攻めたものの、
2Rでやや失速。スタンドでの打撃をもっと出したかった所でしょうか。
いい選手なんですが、勝ち星に恵まれませんね。
第3試合 03年度新人王トーナメント ウェルター級1回戦 5分2R
鹿又智成
(日本/総合格闘技武蔵村山道場)
vs
甘利芳紀×
(日本/シューティングジム大阪)

(1R4分16秒 腕ひしぎ十字固め)

デビュー戦はドローだったものの、レベルの高い内容で、密かに注目していた鹿又選手。
いやー、強い! まだまだ荒いものの、今年の新人の中ではピカイチかもです。
甘利選手がテイクダウンを狙ってくる所を、
抜群のバランスで凌いで、逆に投げて倒し、
マウント→バックとポジションをキープしてパンチを入れ続け、
最後は十字でキッチリと。お見事でした。

2回戦(準決勝)では、慧舟會の滝田J太郎選手と対戦。
んー、J太郎選手、ちょっと知り合いで応援してるんですが、
これはちょっと厳しいかな・・・
第4試合 03年度新人王トーナメント ミドル級1回戦 5分2R
寿丸。
(日本/SHOOTOGYM K'z FACTORY)
vs
杉浦“海坊主”博純
(日本/シューティングジム大阪)

(2R 判定 0−0)

大漁旗と共に入場の寿丸。選手。
対する杉浦選手には“海坊主”のミドルネームが。
そうか、この試合は闘龍門提供マッチなんだな。
と言うボケはさておき、見た目がごつい両選手の対戦は、
フルスイングのものすごいパンチを交換しつつ、
寿丸。選手がタックルからテイクダウンを狙い、
杉浦選手が凌いで膝・パンチを返していく展開。

両者譲らず判定ドローも、新人王戦規定により抽選で勝ち上がりを決定。
個人的にやや優勢だったかな? と思った杉浦選手が当りを引き、2回戦へ。
んー、上手くいけば化ける気がします、この選手。

昨年の新人王戦は、初めてと言うこともあって、
一部、新人王戦を超えた面子も参加していた印象がありますが、
今年からは、まさに新人王戦、という新鮮な顔合わせが続々と。
内容もデビュー戦とは思えないレベルの高さで、十分楽しめました。
この辺りに、修斗の地道な底辺拡大の成果を見させていただきました。
第5試合 女子バンタム級 5分2R
エリカ・モントーヤ
(米国/ネクストジェネレーション・ファイティング・アカデミー)
vs
虎島尚子×
(日本/RJWセントラル)

(2R4分50秒 腕ひしぎ十字固め)

あー、やっぱりエリカ選手、強いですね。
丁寧なパスから流れるようなポジショニング、多彩な極め。
柔術の技術を遺憾なく発揮していて、その動きは美しささえ感じさせ。
1Rは三角・十字であわやと言う所まで追い込み、
2R終了間際に下からの十字で鮮やかに一本勝ち。

虎ちゃんこと虎島選手も、2Rにいいパンチを当ててエリカ選手に鼻血を出させ、
グランドでも粘りに粘りましたが、残念ながら最後の最後で取られてしまいました。
いい試合だったと思いますが、ちょっとエリカ選手の強さが際立ってましたね。

エリカたん萌えー。
柔術萌えー。
と言うことで。ハイ。
第6試合 ライトヘビー級 5分2R
桜井隆多
(日本/総合格闘技TOPS)
vs
中西裕一×
(日本/シューティングジム横浜)

(2R 判定3−0)
1Rは諸事情により見逃しました。
2Rは隆多選手が倒して上とって、力強くパンチ入れていくいつもの試合運び。
中西選手も、上手く下から十字を仕掛けていくものの、
隆多選手が半分力で抜いて、そこにまたパンチを入れてといった展開で、
後半には重いパンチを入れて、かなり優勢に。
1Rは同様の展開で、五分との事ですので、判定は妥当な所でしょうか。
第7試合 ライト級 5分2R
戸井田カツヤ
(日本/和術慧舟會)
vs
ラミ・ボウカイ×
(米国/ネクストジェネレーション・ファイティング・アカデミー)

(2R 判定2−0)

トイカツ、待望の復帰戦は、対戦相手がデビュー戦の為か2回戦で。
1Rは、アンクル・ヒール・膝十字のThe足間ショー。
も、やや強引に行ってることもあってか、極めきれず。
昨年のコンバットでの、鮮やかな一本の連続を見ている自分としては、
ちょっと信じられない光景でした。
2Rもアンクルをはじめ積極的に極めを狙いに行くも、
テイクダウンからポジションを奪われる場面もあり、やや失速。
スタミナ切れの様な雰囲気もありました。

うーん、完勝は完勝なのですが、トイカツらしさ、
特にその技のキレを感じられませんでした。
ブランクの影響だと良いのですが。

ここで休憩。変なタイミングだな、と思っていたら、
後でうしさんに「クラスBとAで分けてるんでしょう」とお聞きして納得。

休憩前に今後の日程と決定カード、休憩明けに、昨年の各賞の発表が。
MVPの五味選手がリング上で挨拶。2/26のホールに登場との事。
「海外に出る前に、デビュー戦を戦ったココで、見てくれた皆さんに恩返しがしたいです」
狙っているのはUFCのベルトと言う発言も。
セミファイナル ウェルター級 5分3R
村浜天晴
(日本/WILD PHOENIX)
vs
クリス・ブレナン×
(米国/ネクストジェネレーション・ファイティング・アカデミー)

(1R2分49秒 アキレス腱固め)

鮮やかな赤髪のブレナン選手、
いきなりオモプラッタからの三角で村浜選手を攻め立て、
これを凌がれて下になっても、上手く足を利かせて、流石の印象。
しかし、本日は村浜選手がブレナン選手の上を行っていました。

ブレナン選手にガードを取られた村浜選手、
立ち上がると、ジャイアントスイングで数回まわして一気にアキレスへ。
全く予期していなかったであろうブレナン選手、完全に形に入られて万事休す。

この技は須藤元気選手のイメージが強いものの、元はと言えば村浜選手が元祖。
その余りにも鮮やかな一本に、お客さんもこの日一番の大歓声でした。

DEEPも含めてここ数戦の村浜選手、本当に素晴らしいと思います。
更なる活躍が楽しみですね。応援してます。
メインイベント ライト級 5分3R
×植松直哉
(日本/SHOOTOGYM K'z FACTORY)
vs
ジョン・ホーキ
(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)

(3R 判定0−3)

結果から言えば、ホーキ選手の完勝。
予想通りと言えば予想通りでしょうか。

弾丸タックルからの力強いテイクダウン、
寸分の狂いも無いポジショニングと、見事なパスの技術。
植松選手の下からの足間狙いも、キッチリ潰して完封。
文字通り、危なげない勝負でした。

そして植松選手。本日は素晴らしい気合で、
前回のクァーチ戦とは段違いの動きだったと思います。
ホーキ選手のポジショニングの前にも、最後まで抵抗し、
チャンスがあれば足間へ。
3Rには、タックルのタイミングも掴み、打撃の展開を見せる場面も。
結果は出ませんでしたし、完敗でしたが、
今日の気合とこだわりを貫けば、復活の日は遠くないと思います。

文句の無いレベルの高さ、技術戦でしたが、イマイチ釈然としなかったのは、
「ホーキにあそこまで確実に来られちゃ、ホントに勝てないな」
と言う気分のせいでしょうね。
カードから言えば十分に満足な内容でした。
新人戦が大半とは言え、試合内容もよく、
きっと、一見さんにも楽しんでもらえたのではないかと思います。
レベルの高すぎるメインを除いてですが・・・

寂しい客入りでしたが、このカードでは妥当な所ともいえるでしょうし、
興行的にペイ出来ているなら問題ないのかもしれません。
試合内容が良いだけに、もう少し盛り上げてあげたい気もしますが。

お客さんを増やさなければならないのかどうかは別にして、
今年も試合内容なら修斗だな、と思いました。

次こそは気合入れて速報しなければ、と思った所、
次回2/6下北興行の前売り券は完売との事。
弘中選手メインなのに、困ったなあ・・・・
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 負井



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ