速報観戦記
■団体:INOKI-BOM-BA-YE 2002
■日時:2002年12月31日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/31 INOKI-BOM-BA-YE 2002 〜猪木軍vsK-1vsPRIDE 全面対抗戦完全決着
さいたまスーパーアリーナ大会速報 17:00Start

第1試合 総合ルール 5分3R
×安田忠夫
(日本)
vs
ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ
(南アフリカ/スティーブズジム)

(2R57秒 タオル投入TKO )
(1R)
刺した安田倒そうとするも 必死の抵抗ノルキア
ノルキアに消極ファイトイエロー出たあと ノルキア何と倒してニュートラル際で
倒して蹴りの嵐 そしてパンチ安田ピンチでゴング

(2R)
ノルキアがニュートラルで殴ってるうちに 何と安田サイドタオル
一年前からのこの転落ぶり(笑)さすが安田!!掴みはOK
第2試合 総合ルール 5分3R
×中邑真輔
(日本/新日本プロレス)
vs
ダニエル・グレイシー
(ブラジル/ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(2R2分14秒 下から十字 )
青学レスリング部中邑 総合の実力はどーなるんだろう 猪木の秘蔵っ子とは 
(1R)
左リードがうまい(それしかない)中邑 タックルで上になった
右目眉尻カットで中断 再開後再びタックル ダニエルは余裕で下に
足取られ上になるダニエル パンチもらう(ベリーで)マウント
殴る しかしセコンドの指示聞いてる間に足入れられる
そこでゴング ヘタレだなダニエルこんな相手に・・・

(2R)
再び中邑タックル 引き込み気味だったがダニエルクロスで下から殴る
腰切って十字狙いは失敗
 またもや十字狙われ 万事休す
十字のエスケープ知らないんだからしょうがない 並外れたパワーあるでもないし
中邑はこれからこれから デビュー2戦目で大舞台ご苦労様
第3試合 総合ルール 5分3R
×滑川康仁
(日本/フリー)
vs
ヴァリッジ・イズマイウ
(ブラジル/カーウソン・グレイシー・チーム)

(3R判定3-0 )
頑張れヴァリッジ 個人的に応援してるよ〜〜〜スタミナ大丈夫かな?
恵まれなかった格闘人生 猪木さんに拾って貰いました>滑川 素晴らしい
(1R)
にらみ合いの両者この前のDEEPと同じだ
ヴァリッジタックル テイクダウン すかさずサイドもガードに戻す
パスは黒帯なんだから 滑川勘違いしてるな----
パスして四方からバック取り 足入れるヴァリッジ
チョークへヴァリッジ 後ろから殴る 滑川も守る
残り一分も根性で耐える 滑川 立ってがぶるもまた倒される

(2R)
大丈夫かヴァリッジ? スタミナは??
再びテイクダウンヴァリッジ 下から足とり滑川狙うも パスされる
四方からはヴァリッジ独壇場 マウント行く時に臥せった滑川に膝お見舞い
再び上になり 滑川は下から二重がらみで必死に防戦
消極的な滑川に イエロー
テイクダウンしてチャンスかと思われた滑川だが 返され
ヴァリッジ マウント取ったところで終了 

(3R)
ヴァリッジ スタミナ大丈夫かぁ〜〜〜
再びタックルに行ったヴァリッジ 滑川かかえちゃうんだよね
アレじゃあだめだな インサイドになってパス ヴァリッジ
上四方から膝  バックから立つ滑川が足取りたいのだが
またもサイド取るヴァリッジ
亀で逃げる滑川  ガードから決死の三角も失敗
またも四方から殴るヴァリッジ  亀になり逃げる滑川
完勝ですね 一本取られなかっただけ素晴らしかったよ滑川

第4試合 K-1ルール 3分3R
×ゲーリー・グッドリッジ
(トリニダード・トバコ/フリー)
vs
マイク・ベルナルド
(南アフリカ/レオナルド・ボクシング・ジム)

(1R2分12秒 KO)
この前マレーシアでお会いしましたよベルナルド元気なかったけど今日は大丈夫か?
まあ K-1ルールだしな
(1R)
グッドリッジ猛ラッシュ 焦るマイクも 冷静にロー蹴って
パンチでダウン取るマイク 
その後サンドバックにしてフィニッシュ狙うも 倒れないが
フィニッシュは右ストレートで 失神 倒れたGG踏みつけて大見得切ったよ
一勝一敗だよ プロレスですよ〜〜〜〜 会場も一番沸いたんじゃないか?
第5試合 K-1ルール 3分3R
クイントン“ランペイジ”ジャクソン
(米国/チーム・パニッシュメント)
vs
シリル・アビディ×
(フランス/チャレンジ・ボクシング・マルセイユ)

(3R判定3-0 )
桜庭のかませ犬だったのに 強くなったよね 坊主で 存在感抜群のジャクソン
(1R)
ローで逃げるアビティ ブレイク 早いルールでジャクソン不利は間違いない
しかしプレッシャー凄いな ジャクソン
横向いて逃げるんだよね アビティ

(2R)
ローが聞いてるとは思うんだが アビティの・・・
正面向いて ローキックガードしないランペイジ凄いな
しかしパンチで完全にやられてる アビティ
だらしないぞ アビティ@マルセイユの喧嘩屋

(3R)
ヘタレ爆発 後ろ向いて 角田にスタンディングダウン取られる
カンチョウいたら絶対にXXXだな
アッパーも凄いな(インファイト)ランパイジ
返り討ちじゃ恥ずかしくないのかな??
情けないよアビディ 呼んで貰えないよ Tシャツはかっこいいのに
マルセイユのXXネズミになってしまいました・・・(NOTブルーハーツ)
第6試合 総合ルール 5分3R
×藤田和之
(日本)
vs
ミルコ・クロコップ
(クロアチア/クロコップ・スクワッド・ジム)


休憩後猪木登場 35674人?満員御礼とのこと
みこしも出てますね 全員「百瀬」法被ですけどね かつぎ手は・・・・ 
  そしてお約束の 全国を廻ってきました 俺は怒ってる〜〜〜・・・・
何とアトラクション 脛相撲だそうです 相手は島田レフェリー
素晴らしい痛がり方 で勝った猪木挑戦者を募ると グレートサスケが・・・
そしてまたお約束の 紅白仮面も登場 猪木紅白を一蹴 
誰か挑戦者はいないかと募ると そのまんま東 浅草キッドが
TPG残党として挑戦 いきなりビンタ (反則も許されると)一蹴・・
山本アヤという女性が挑戦し・・・・猪木負ける・・
続いて マークコールマンが挑戦 一蹴 This Man NOT Human
そして 「今ぶっ飛ばしたい奴がいる 野村佐知代出て来い!!」
と佐知代夫人に〜 ビンタ敢行(一発目はよけたが2発当てました)偉い猪木


(3R判定3-0 )
脳梗塞リハビリ中(煽りビデオバンバン)のBジョンストンも一緒
泣けちゃうよ コリャズルいよ(泣)
コリャ絶対勝アングルじゃん・・・・
ミルコは対照的に 静かな入場 いい演出ダァ〜〜〜

(1R)
藤田 ミルコの廻りまわってるよ (プロレスファンなら分かるよね)
藤田もハイキック怖がってるな 逆にミルコのほうがプレッシャーかけてる
そして二回目で倒したよ 藤田
インサイド藤田 ミルコは落ち着いてるな 時間も1分30秒しかないし
オープンガードだし(笑)クロスになった 藤田殴れず

(2R)
解説の桜庭も珍しく ビビらずにタックル入れと言われてるよ
ミルコ 藤田の前足(左)に右ロー入れる
ローにあわせ テイクダウン藤田 
インサイドから殴ってないな〜〜〜〜
ジャンプパスガードも ミルコ冷静にさばき 蹴り見舞うもガードする藤田
今度のタックルはがぶったミルコ ヒザかますミルコ 凄い緊張感

(3R)
左に廻る藤田 ミルコは仁王立
タックルがぶられ ヒザ地獄だが 藤田冷静にもらわないようにしてるが・・
何発ももらってるが 頭で受けてる 藤田
またもや立つも タックルがぶられ ヒザもらう

立ち上がる ブレイク 左もらう藤田 
入れない 〜〜〜 倒したもののインサイドで終了

判定はミルコかなと思ってたが 見事三者判定ミルコ
リベンジならずメインじゃないと 神様微笑まないのか?
セミファイナル 総合ルール 5分3R
吉田秀彦
(日本/吉田道場)
vs
佐竹雅昭× 
(日本/怪獣王国)

(1R50秒)
立ち上がりこそ グローブあわせようとした吉田に
バックスピンあわせ 吉田の顔色を変えさせた佐竹そこまではよかったが
全くもってあっけない結末
吉田が掴んでフロントチョークで50秒秒殺

メインイベント 総合ルール 5分3R
 ボブ・サップ
(米国/チーム・ビースト)
vs
高山善廣 
(日本/フリー)

(1R2分16秒 十字)
(1R)
いきなり サップがNFLのレディーポーズで観客おおわき
テイクダウンでインサイドにてガンガン殴る
何とパスして マウントから 十字!!!!
ギブアップしない高山に島田止めておしまい

何で十字でやられちゃうの? 高田が泣いてるよ(笑)
星の献上にもほどがあるよ(笑)(シュートですよもちろん)
(総括)
う〜〜〜んコンパクトでいい興行だ 後半の尻すぼみ差し引いても(笑)
休憩長すぎたが
個人的ベストバウトは ヴァリッジ・滑川だが
高山の負けぶり含め いい興行だったのではないのでしょうか?
佐竹の ある意味佐竹らしい「情念」全く感じさせなかった引退ファイトや
藤田のブライアン目の前に越させておきながら 
あの勇気なしファイトはいただけなかったけど

会場の雰囲気分からないので なんとも言いようがないのですが
まーよかったと思います・・・だって今年最後だし・・・・
ブーイングも多少出るかもしれませんがね・・・・・
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ