速報版観戦記
■団体:ZST
■日時:2002年11月23日
■会場:ディファ有明
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

11/23 ZST ディファ有明大会速報 16:00Start
北側全面潰して、セットとモニター3機、
コーナー色にカラーリングされたグローブ、
オプションの照明と、かなり、お金ありそうな感じ。
客席、ほぼ満席も、RSは結構空席あり。まあ600くらいかな?
ジャッジに、藤原、太田、守山、レフェリーに、和田、平、梅木。
梅木が、リングスを裁くってのは、いい感じだ!

会場を見渡すと、あー、久々に見かける○○や××もいるー!
いや、見事に、リンオタ大集合して、600人と(笑)。

ジェネシスバウト第1試合 ライト級 5分1R
ローランド・ファビレ
(米国/フリー)
vs
堀 友彦×
(フリー)

(1R 判定3−0)

ファビレ、ヘンゾの弟子の筈だが、終始殴り合って、打ち勝つ。

ジェネシスバウト第2試合 ライトヘビー級 5分1R
長井憲治
(V-CROSS)
vs
今釜悠介×
(禅道会横浜道場)

(1R 判定3−0)

足関の取り合いで、そこそこ膠着するも、攻め続けた長井がやや押して。

ジェネシスバウト第3試合 ライトヘビー級 5分1R
篁真一郎
(BCG)
vs
花田和弘
(フリー)

(1R 判定0−1)

グラウンドではやや押した花田だが、決め手には欠けて。

ジェネシスバウト第4試合 フェザー級 5分1R
×宮川博孝
(チームアライアンス・G-スクエア)
vs
山田泰範
(ピロクテテス新潟)

(1R 判定0−2)

マウント、ポンポン取られてるようじゃダメだな、TKの弟子。
終盤、TKシザースを見せて、多少挽回するも。

第1試合 ミドル級(-80kg)5分2R
×佐々木恭介
(U-FILE CAMP.com)
vs
小野瀬哲也
(ストライプル)

(2R 判定0−3)

ストライプルの筈の小野瀬、セコンド全員荒武者で、
本人も荒武者風チンピラで、なかなか笑える。
レスリング力でポジションは圧倒したものの、極めるにはいたらず。

第2試合 ライト級(-70kg)5分2R
所 英男
(チームPOD)
vs
坪井淳浩×
(フリー)

(2R 4分9秒 腕十字)

身贔屓でなく、本日のベストバウト。
アライブの鈴木・梅村をセコンドにつけた坪井、
打撃+柔術かと思いしや、意外とレスリング系で、所くん、上になれない。
下から足関、ガンガン狙うものの、もうちょいで極めきれない。
が、スタンドでも果敢に殴り合い、ラスト2分で、遂に上を取ると、
股割りからパスして、バックを取って、腕十字!!!
ちなみに、チームPODなのに、何故か、田村風スパッツでした。

第3試合 ライトヘビー級(-85kg)5分2R
松本天心
(SKアブソリュート)
vs
真霜拳號×
(KAIENTAI-DOJO)

(2R 判定3−0)

真霜、表情作って、プロレスラーらしいケレンたっぷりの入場。
一方の天心おじさんのセコンド、郷野、竹内、林と最強過ぎ。
下からサンボする天心おじさんだが、すぐにヘロヘロになってしまい、
対する真霜が、また技術はないものの、身体能力が凄いもんだから、
何だかよくわからない膠着戦になる。
中年の哀愁と、プロレスラーの若さが印象的でした。
判定は2Rにスタンドでヒザを当てた松本天心に。

第4試合 クルーザー級(-90kg)5分2R
サム・ネスト
(リングス・オーストラリア)
vs
園田 隆×
(A3)

(1R 4分42秒 チョーク)

サム・ネスト、ほわんとした風意気で、
まるで、グレゴリー・スミット。って誰も覚えてないか(笑)。
一方の園田、慧舟會系なのに、これほどグラウンドのヘタな選手が、
かつていただろうか(否、いない)。
的確なアドバイスを送る門馬と門脇の指示を、
まったく守れず、あっさりチョーク取られる。
しかし、園田、味出まくり。GCMのヤマノリと命名しましょう。

セミファイナル ライト級(-70kg)
タッグマッチルール 3本勝負 10分2R
矢野卓見&今成正和
(鳥合会)(TEAM ROKEN)
vs
レミギウス・モリカビュチス&ミンダウガス・スタンコス×
(共にリングス・リトアニア)

(1R、8分過ぎくらい、アンクルで1本目。2R、1分38秒、アンクルで2本目)

リトアニアン、打撃はキレよくブンブン行くも、
ヤノタク、今成コンビ、2人して半身に構えて、足関狙い。
ヤノタクは、例によって、途中でバテてしまうも、
後は、今成にお任せ。1R後半、2Rと、狙い通りに2人とも極めてしまう。

ヤノタク、「足関十段強いです、僕はしゃべる方」と前フリしてから、
「日明兄さんが、戻ってくるまで応援してください」と、
リンオタを泣かせるコメント

メインイベント ライト級(-70kg)5分2R
小谷直之
(ロデオスタイル)
vs
ミンダウガス・ローリネイティス×
(リングス・リトアニア)

(1R 2分16秒)

タッグの2人と同じく、打撃はキレキレのリトアニアン、
上にはなるも、小谷得意の三角に取られると、場外に放り出そうとしてイエロー。
いやあ、実にリングスっぽいな(笑)。
2度目の三角で、あっさり極めた小谷弟、
「これからもZSTでがんばって行きますのでよろしく」と、
リンオタを泣かせるコメント。


段取りの悪さは、そこそこあるも、
紹介ビデオ、音響、照明と、演出努力はほぼ完璧。
GCMレベルと言っていいでしょう。これはうれしい誤算でした。
だからというか、採算はどう見ても取れてないなあ。
ガルが、どこまでやる気があるのかで、今後のことは決まりますね。

中休み等にも、前田や金原のテーマを流し続けていたが、
リングスファンの魂の故郷に、ZSTはなるのでしょうか…。
いや、まあ、面白かったことは間違いないですけど。

リンオタを狙ったニッチじゃ、客入りはこれが限界でしょうなあ。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ