速報観戦記
■団体:THE BEST Vol.3
■日時:2002年10月20日
■会場:ディファ有明
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

10/20 THE BEST Vol.3 ディファ有明大会速報 16:00Start
北側の席は大量に間引いていたものの、
作っている席は、取りあえず、埋まってました。
チーム品川、大宮フリーファイト参戦の為、そろって遅刻。
下記のフューチャーファイトは、モナー先生に記録してもらいました。

○スメラギ(マウントパンチでTKO)To Go×
○宮本(判定)鬼木×
×似田貝(腕十字)佐々木○

第1試合 島田裕二プロデュース
ジャイアント落合
(怪獣王国)
vs
金宗王×
(誠GYM)

(1R24秒 試合放棄)
ブンブンパンチを振り回した、金、振り回し過ぎて拳痛めて、
試合放棄。ジャイ落、納得せずも、まあ勝ちだから次に期待。

第2試合 島田裕二プロデュース
×シュエ・ドゥー・ウォン
(ビルマ拳法)
vs
アジ・スシーロ
(インドネシア拳法)

(2R42秒 マウントパンチでタップ)
太極拳のような、シラットの演武をたっぷり見せて入場のアジ、
一方のシュエは、
国内タイ料理店の従業員最強選手権を勝ちぬいてここに出場(嘘)。
まあ、そういう感じの雰囲気と応援団でした。
少しだけ総合の動きを知ってる感じのアジが、
ムエタイ系の動きのシュエに、
マウントからパンチを乱打してタップを奪う。

第3試合 島田裕二プロデュース
今村雄介
(高田道場)
vs
韓泰潤×
(誠GYM)

(1R2分15秒 フロントチョーク)
金とまるで同じ体型の韓、
さすがにレスリング力で圧倒した今村が、
最後はスタンドのフロントチョークで。

第4試合 島田裕二プロデュース
×アングロサクソン大場
(AODC)
vs
ケツティス・スミルノバフ
(リトアニア・ブシドウ)

(1R55秒 腕十字)
テイクダウンからマウント、腕十字と、
リングスリトアニアが、バトラーツを圧倒。
リングス最強!!!

第5試合 ブッカーKプロデュース
岡見勇信
(和術慧舟會東京本部)
vs
スティーブ・ホワイト×
(チーム・ワイルドマン・ヴァーリトゥード)

(2R3分25秒 マウントパンチでタップ)
やや線の細い感じのある岡見、
1Rにいいカウンターもらって、明らかなダウン食らうも、
後はグラウンドで圧倒。キッチリと極めたんで合格か。

第6試合 ブッカーKプロデュース
光岡映二
(RJWcentral)
vs
スコット・ビルズ×
(チーム・コルデイロ)

(2R 判定3−0)
光岡、まったく危なげなく組み付いて倒し、
グラウンドでも圧倒しているものの、極めきれず。うーん。

セミファイナル ブッカーKプロデュース
久松勇二
(TigerPlace)
vs
デメトリアス・ジョウラコス×
(チーム・ゴウリキ)

(2R 判定3−0)
本日の正体不明な外人達の中でも、
ひときわ実績不明だった、デメトリアスだが、
リングスリトアニアを別にすれば、本日最高のヒット。
アドレナリン出まくりで、スタンドではとにかく好戦的。
グラウンドでは、明らかに久松先生が上、しかも出血して片目潰れたにも関らず、
何故か、最後までスタンドで打ち合った先生、やや打ち負け気味なので、
誉めていいのか微妙なところだが、心の強さは充分見せた感じ。
金的イエロー分もあって、判定は文句なしでモノにした先生、
身内からの「マイクは止めておけよ」コールに反して、マイクを握ると、
自分が高瀬の代役であること、高瀬は強いこと等を、カツゼツよく説明して、
全国一千万(多少誇張)のPRIDEファンに素晴らしいアピール。

メインイベント ブッカーKプロデュース
松井大二郎
(高田道場)
vs
ローリー・シンガー×
(ハード・コア・ジム)

(2R 判定3−0)
白帯柔術着で入場のローリー、こりゃまた弱そうだなーと思ったら、
長い手足のクロスカードが結構有効で、松井、大苦戦。
下からのパンチで松井を血塗れにしちゃいました。
2R、お得意の試合操作を発揮して、意味不明なイエローを出さなかったら、
控えめに見ても、ドローがいいとこですな。
松井、代役出場は立派だが、ベネチアン戦に続いて、まるでいいとこなし。


淡々と流れて、今回もわずか2時間で終了。
どう見ても、面白かったのは島田プロデュースだが、
かと言って、これをしょっちゅう見たいかと言うと、そんなことはまったくなし。
おれ的には、メインで島田が出したイエローが、1番印象的だった。
充分面白かったが、明日になったら、全部内容忘れちゃいそうな興行でした。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ