速報観戦記
■団体:ZERO-ONE
■日時:2002年9月16日
■会場:ディファ有明
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

9/16 ZERO-ONE ディファ有明大会速報
超・好カードだと思って行った今回の有明大会だが、南側の後半分及び2Fバルコニーは未開放というのにはちょっとビックリ。厳しいなぁ。それだけディファ有明は集客の難しい場所なんだろうけど、キッチリ埋めるNOAHや闘龍門こそ誉めるべきなのか?観客数は推定1000人弱かな。

第1試合
×山笠Z” 信介
vs
高橋 冬樹

(8分58秒 ジャーマンスープレックス)
2人とも黒のショートタイツにレスリングシューズ。コレも橋本のシュミなのか?トップロープから「ジェット!」の掛け声と共にクロスボディを放つなど、殆ど試合を支配していた山笠だが、最後は高橋の一旦停止する奇妙なジャーマン敗退。先輩格らしいのに、何故か声援を集め易いZ”だった。

第2試合
 富豪2夢路
 黒毛 和牛太
vs
『神風』 
佐々木 義人

(12分23秒 ジャーマンスープレックス)
先のゼロチュー祭でのビンゴの景品のひとつである「富豪2&黒毛と一緒に踊れる権」当選者を含め4人で入場。当選者の妙に生真面目な表情が笑いを呼ぶ。ところが試合が始まるとあまり遊びのない試合になるが、そのギャップが功を奏しているとはちょっと言い難いかな。初登場のレフェリーは試合中に選手にゲキを飛ばしたり、熱い口調で注意したいする(もちろん英語)熱血キャラ。これで3人目の外国人レフェリーだけど、よくも3人ともキャラがキッチリ立ったのを連れて来るわ。試合は鮮やかな『神風』のムーンサルトから佐々木のジャーマンで決着。

第3試合
金村キンタロー
vs
横井 宏考×

(8分16秒 机&ラリアートからの片エビ固め)
試合前のビデオでは横井と遺恨を作った事を後悔している風の金村だったが、スリーパーでオトされ?かけては「殺す気か!」、場外戦に付き合わなければ「お前、堅過ぎるんとちゃうか?」といつもの調子。
レフェリーをぶつけておいてのジャーマンなどといった見せ場を作っておいて、最後は机の破片の連打で強引な片エビで勝利。結局最初から最後まで金村のペースでした。

第4試合
スティーブ・コリノ
vs
サモアン・サベージ×

(8分38秒 ネックブリーカーからの片エビ固め)
コリノのベビーの組み立ての試合(まぁナチュラルベビーみたいなものだけど)が見られるのかと思ったが、しっかりバンテージでのチョークなどいつも通りのコリノでした。フィニッシュはどちらかというとダイアモンド・カッターに近いかな。

第5試合
 黒田 哲広
坂田 亘
 星川 尚浩
vs
日高 郁人 
ディック東郷 
佐藤 耕平 

(16分20秒 レフェリー・ストップ)
この中ではどうしても耕平の悪いところが見えてしまうが、キャリアから言ったら無理もない話。それぞれに見せ場を披露しての6人タッグだったが、その中でも東郷のやられっぷりの良さは特筆モノ。フィニッシュの坂田の飛びヒザはちょっと唐突すぎるきらいがあったけど、これだけバラバラなメンツではいたしかたなしかな。
この中で最後に入場し、コールを受けたのが坂田と言うのも意外だったけれど、会場人気はちょっと低かったなぁ。

第6試合 NWA UPW ZERO-ONE 認定 インターナショナル Jr.ヘビー選手権試合
(王者)
×レオナルド・スパンキー
vs
(挑戦者)
ロウ・キー

(16分30秒 キー・クラッシュからの片エビ固め)
米インディーファン待望の初来日となったロウ・キー。期待に違わぬ動でその片鱗までは見せたものの、まだまだこんなモノじゃないとだけエラソーに言っておこう。失敗はしたもののフェニックス・スプラッシュやスパイダー・ドラゴンスリーパー(ワケわからん)で会場を沸かせ、最後は日本向けに?オリジナルのドライバー技での王座奪取。チャンプになったという事はレギュラー確定か。特筆すべきはスパンキーに今までで一番の試合をさせての勝利を収めた事。01には適当な対戦相手がいないので、挑戦者は向こうから連れて来て欲しいな。

セミファイナル
ザ・プレデター
 トムハワード
vs
ケイジ・コサダ
ネイサン・ジョーンズ 

(17分48秒 両者リングアウト)
久し振りの両者リングアウトも01ファンには受け入れられると思っていたが、正月のプレデター対デンプシーほどの狂気あふれる説得力がなかったためペケ。単純に大男同士がバーンッとぶつかりあう面白さは十分楽しめました。カウントアウト直前にフと我に帰ったかのように2人をリング上に戻そうとするハワードはなんだかほほえましかったけど。

メインイベント
 小笠原 和彦
橋本 真也
vs
田中 将斗 
大谷 晋二郎×

(14分8秒 垂直落下式DDTからの片エビ固め)
最初にマッチアップした小笠原への大谷のカタい攻撃に、橋本への不満が小笠原オーバーにあるのでは?などと思ってしまった。最初のうちはいつも通り(今日なんかコレばっかだな)のコンビプレイを見せていた田中・大谷組だったが、途中田中のエルボーが大谷に誤爆したおをキッカケに仲間割れというか田中ボイコット。
結局スーパーヘビー級とスーパー空手家(大谷談)のキックを浴び続けた大谷が垂直落下式DDTで3カウントを取られる事になる。
どういうわけか試合後も大谷を攻め続ける橋本と小笠原だが、大谷を救わんと遂に田中がリングに戻ってくる。どうせなら試合中に入った方が観客はもっとポップしたと思うが、これでセミでは全くインパクトを残せなかったサコダと3人でやっていく事を一応表明した格好。とにかく田中・大谷組が継続する事になって良かったですよ。
後先考えずにブチ上げた大谷のアングルに付き合うのは大変かと思いますが、これからもよろしく面倒見てあげてください>田中

今回も満足できる内容であったが、とにかくディファを埋める事の大変さを改めて知った気がする。結局行く人はどこでやっても行くのだから、有明でやるくらいなら後楽園での興行を入れた方がいいと思う。
とにかく今回は田中・大谷組の継続にホッとしたのと、ロウ・キーのレギュラー定着確定が嬉しいニュースですな。次回の後楽園も期待大だ。

report by タカハシ



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ