速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年9月16日
■会場:横浜文化体育館
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

9/16 修斗 横浜文化体育館大会速報
第1試合 ライト級 5分2R
石川 真
(日本/PUREBRED大宮)
vs
村山英慈×
(日本/シューティングジム八景)

(2R 判定3−0)
テイクダウンを取り続けた 石川が
終始上になり 優位に試合を運び
優勢勝ち
第2試合 ライト級 5分2R
×植松直哉
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
バオ・クァーチ
(アメリカ/ネクスト・ジェネレーション柔術)

(2R 判定3−0)
植松セコンドにはルミナが 最近K’Zで練習してないですよね?
今日は再三にわたり引き込んだ 植松 カウンターでポジションチェンジ
が身上なのに そのまま下での攻防になってしまう
下からの仕掛けだけでは苦しいだろう
パンチももらってしまう
気のせいか元気もないし アグレッシブさもなく勝利への執念感じず
淡白な印象を受けたのは 私だけなのか??
判定後もさっさと引き上げるルミナの姿印象的 
植松と修斗との(K’Z)との関係を象徴する試合
第3試合 バンタム級 5分3R
×マモル
(日本/シューティングジム横浜)
vs
ホビソン・モウラ
(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)

(3R 判定3−0)
大石戦でケチがついて 下り坂だが再起の国際戦
しかし相手が悪すぎた。
テイクダウン能力と セコンドのペデネイラスの的確な指示(多分)
で圧倒的に優位に試合を運ぶ ホビーニョ
マウントも何度も取り一本取れるほどではなかったが
完勝 下からの攻撃も惚れ惚れ(オモプラッタや 立ってすぐテイクダウンなど)
ペデネイラス恐るべし
第4試合 フェザー級 5分3R
今泉堅太郎
(日本/SKアブソリュート)
vs
ABKZ×
(日本/パレストラ東京)

(1R2分06秒 タオル投入〜TKO)
 やっぱし子供の養育費稼ぎは 情熱を上回った
序盤 打撃に絶対の自信を持つアベカズは右ストレート一本に
絞って追い詰めるも そこはインサイドワークに長けた今泉
冷静に組み付き膝蹴り三発でダウンを奪う!! アベカズ大誤算
立ち上がるもとどめを刺すべく更にパンチを繰り出す今泉!
相手コーナーまで吹っ飛びパンチをもらい 
たまらず 中井がタオル! 

やはり良いコーチをつけて 的確な指示もらい闘うべき
下半身と上体のバランスが崩れ 右のストレートカラ回りしちゃってる
テイクダウン能力十分あるんだから勿体無い
やはり今泉を褒めるべきだが アベカズ次頑張れ!!
第5試合 ウェルター級 5分3R
×鶴屋 浩
(日本/パレストラ松戸)
vs
ビトー・ヒベイロ
(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)

(3R 判定3−0)
引退をかけてまでの覚悟で望んだ 首投げ金星 鶴屋
ふさわしい相手ではなかったろうか?
再三に渡り テイクダウンしバック取り 殴りまくったヒベイロ
亀になって チャンスを狙う鶴屋も チャンス全くなし
けりの時にもう一歩 踏み出す勇気が欲しかった。パンチも入れて

ご苦労様 鶴屋選手 でもやめるのはもったいないです
第6試合 ライト級 5分3R
×勝田哲夫
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
山本"KID"徳郁
(日本/PUREBRED大宮)

(1R2分45秒 タオル投入 TKO)
KID強し!!
最初の入場時で 勝田気の弱さのオーラが出まくり
これじゃあ勝てません
やる前に飲まれてました
すかさずテイクダウンし 片膝立てて 右ストレートオンパレード
根性で何発ももらうも ついに力尽きる
レフェリー止めるも なおも打ち続けるKID 本領発揮
(舌出しながら不適な笑い浮かべ 打っていたので ストップわかっていただろう 確信犯ですな多分)
K’Z 大宮 入り乱れて止めあう 乱闘するも
修斗じゃ敵なし エンセン組(笑) 彫ってるモノが違います
あっという間にリング上占拠  どー見てもKID側が悪いのに・・・
ルミナも草柳も喧嘩せずの構え(個人的にはだらしない)
 まあ力関係見させていただきました
セミファイナル ウェルター級 5分3R
五味隆典
(日本/木口道場レスリング教室)
vs
クリス・ブレナン×
(アメリカ/ネクスト・ジェネレーション柔術)

(123R12分秒 判定)
ブレナンは いい選手でした 予想以上に
上でも下でも 攻め続ける姿勢は素晴らしい
五味相手にココまで出来るとは大殊勲
五味も 多少精彩を欠く場面多かったが とりあえずまとめた
という感じか?(個人的にはドロー判定にしてもよかった)
12月にとりあえずつないだという感じ
三島戦に向け ふんどし締め直し 頑張れ

ブレナンのような 立ってよし寝て良しの選手
が今後増えるだろうと思う
 
メインイベント フェザー級チャンピオンシップ 5分3Rメインイベント ウェルター級 5分3R
(チャンピオン)
大石真丈
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
(挑戦者)
池田久雄
(日本/PUREBRED大宮)

(3R 判定1−0 ドロー)
素晴らしい技術戦を見せてくれました
池田選手の頑張りに 最大限の拍手を送りたい
大石の右ストレート(ジャブではない)の素晴らしさも特筆モノ
池田の下からの十字・三角 大石のアームロック 膝蹴り
一瞬たりとも 気を抜けない試合だった
3Rには 大石の三角絞が極まりかけるも しのぎ
死力を尽くした いい勝負であった
攻勢点で 大石の勝ちだと思ったが 1−0でドロー

大石「今日は勝ってないので やる気あればもう一度やりたい
それより周りが許すなら秋元(じん)とやりたい」
と意外な名前が(修斗初期の立役者の一人ですが・・・)
秋本「やりますよ 当たり前です」と堂々の受諾
(作戦)「とにかく1Rは何でもいいからとりたかった グラウンドパンチも
好きじゃなかったがやった。・・・・」など
ロートル対決は正直たくさんだが、大石の作戦勝ちか?コミッションも認めてるみたいだし
フェザーは若手がサバイバートーナメントやってるので 
鬼のいぬまに 秋本戦アングル完成 めでたしめでたし
(総括)
 メインが締まって素晴らしい興行とはなったが
客入りは 6〜7割の入りで マッハ ルミナ(スター)のいない
文体は寂しいものだった。次代をになうスターよ現れて欲しい
一番近いのは KIDあたりか?

しかしながら各試合のレベルは非常に高く
今後はある一つだけレベルが高いだけでは完全に勝てなくなってきている
スタンドパンチキック テイクダウン グラウンドパンチ 下からの攻め
これらをある程度まんべんなく出来る様になるか
2つ以上をとしゅつして強くなる以外勝利の道はないのではないだろうか?
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ