速報版観戦記
■団体:DEEP2001
■日時:2002年9月7日
■会場:有明コロシアム
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

9/7 DEEP2001 6th IMPACT in ARIAKE COLOSSEUM 有明コロシアム大会速報 18:00Start
フューチャーファイト第1試合 5分2R 67Kg以下
岩間朝見
(バルボーザ&名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
vs
月影忍×
(Team-Roken)

(1R1分10秒 腕ひしぎ逆十字固め)

フューチャーファイト第2試合 5分2R 76Kg以下
関直喜
(フリー)
vs
秋元駿一
(和術慧舟曾東京本部)

(2R ドロー)

第1試合 5分/3R 契約体重なし
大久保一樹
(U-FILECAMP)
vs
一宮章一×
(フリー)

(1R2分41秒 腕ひしぎ逆十字固め)
大久保は松葉杖姿のゴージャス松野に先導され、一宮は葛西、ジョシュ・バーネット、横井、和田さん等の一宮トレインでの入場。柔術衣に坊主頭なのはガファリかヒクソンか?試合は一宮が真剣に練習に取り組んだ姿勢は見せたものの、やはり倒されてからは何もできずに十字でタップアウト負け。
この試合での勝利により一宮が保持していたDDT認定アイアンマン選手権が大久保に移動。リングス無差別級タイトル(田村からアイブルに移動)以来の、ワークのタイトルがシュートの試合で移動する事となった。

第2試合 5分/3R 契約体重なし
長南亮
(U-FILECAMP)
vs
臼田勝美×
(格闘探偵団バトラーツ)

(1R0分05秒 マウントパンチ→レフェリーストップ)
試合開始直後の長南の飛びヒザが見事過ぎるほどに炸裂し、そのままタコ殴りでの5秒決着で長南の勝利。記憶する限りではルミナの6秒飛びつき十字を越える短時間決着・・・と思ったが大谷の3秒勝利というのもあったな。

第3試合 5分/3R 契約体重90キロ以下
滑川康仁
(フリー)
vs
MAX宮沢×
(荒武者総合格闘術)

(3R2分37秒 フロントチョークスリーパー)
ネームヴァリューからすると滑川には出場機会以外には全くメリットのない組み合わせだと思うが、圧倒的に攻め続けながらも3Rでようやく勝利を奪うという大苦戦と言わなくてはいけない内容だったと思う。2Rの滑川の腹固めを逃れた後の追い討ちのヒザにも屈しなかった宮沢のガッツは書き残しておきたい。

第4試合 5分/3R 契約体重68キロ以下
×雷暗暴
(フリー)
vs
ジョン・ホーキ
(ノヴァ・ウニオン)

(3R 判定 0−2)
1,2Rともホーキの鋭いタックルなどかなり濃密な5分で終了。それでもこの試合を膠着をと思う人はいるんだろうな。3Rは雷暗のスタミナ切れもあって少し動きが止まってしまったが、上をキープしていた雷暗への膠着ブレイクはちょっと気の毒な感じであった。試合は3−0でもおかしくないと思ったが。

第5試合 5分/3R 契約体重なし
ドス・カラスJr
(AAA)
vs
中野巽耀×
(フリー)

(1R4分05秒 チョークスリーパー)
解説の坂田も言っていたがドスJrがセオリーをなまじっか覚えてしまった事により、単なるVT初心者同士の試合になってしまった。できればドスには中野の商品価値を完全に無くすような試合をしてもらいたかったが。

〜日本選抜選手VSブラジリアン・トップ・チーム 3対3対抗戦〜
第6試合 5分/3R 契約体重67キロ以下
×矢野卓見
(烏合会)
vs
ファビオ・メロ
(ブラジリアン・トップ・チーム)

(3R 判定 0−3)
キカイダーをイメージしたかのようなコスチュ−ムで登場のヤノタク(でも入場曲はおなじみのアレ)。独特の構えで沸かせるものの、ムエタイスタイルでバンバン攻め込むメロには全く攻撃の糸口が掴めず、試合はまるでヤノタク打撃禁止のハンディルールで行われているかのよう。3R途中倒れ込むヤノタクに立ってこいよと背中を見せたメロに飛びかかるシーンがあったが、結局そこが唯一の見せ場となってしまい判定ながら完敗を喫する。
このルールではよほど対戦相手を選ばないとヤノタクの持ち味は見られそうにないなー。
〜日本選抜選手VSブラジリアン・トップ・チーム 3対3対抗戦〜
第7試合 5分/3R 契約体重82キロ以下
上山龍紀
(U-FILECAMP)
vs
ギルソン・フェレイラ×
(ブラジリアン・トップ・チーム)

(3R3分49秒 腕ひしぎ逆十字固め )
1R早々のフェレイラのパンチのラッシュにダウンというかごまかしタックルのような上山の動きで一瞬ゴングが鳴ってしまったが、そのまま試合は継続し上山は一方的に攻め込まれ続ける。しかし後出しジャンケンのようで恐縮だが、終盤には上山の逆転勝ちがありそうな雰囲気だけは感じる。そして2R終盤に十字を取りかけたりといったシーンも見せつつ、最後はまさに劇的な逆転勝利!この時点で間違いなくこの日のベストバウトですね。

〜日本選抜選手VSブラジリアン・トップ・チーム 3対3対抗戦〜
第8試合 5分/3R 契約体重なし
×高阪剛
(チームアライアンスG-スクエア)
vs
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
(ブラジリアン・トップ・チーム)

(3R 判定 0−3)
PRIDE,UFO、DEEPと団体は格落ちしての参戦となるホジェリオ。しかし対戦相手は逆に強くなっているのが不思議だ。ファイトマネーはどうなの?試合はめまぐるしく動いてはいるものの、自分にはマニア向けの域からは出ていなかったように思う。試合がいつものTK流血TKO負けを予想していたが・・・。
そう言えばBTTとの対抗戦の言い出しっぺのグラバカ勢が、日本選抜に入っていなかったなー。

セミファイナル 5分/3R 契約体重72キロ以下
三島☆ド根性ノ助
(総合格闘技道場コブラ会)
vs
伊藤崇文×
(パンクラスism)

(1R0分53秒 腕ひしぎ逆十字固め)
こう言っちゃなんだが向かい合って触れあう直前にどっちが強いかハッキリ見えてしまった感じだ。試合自体が53秒だからというのが理由ではなく、これについては多分映像を見た人全てが納得すると思う。
これだけ圧倒的な差を見せつけられての敗北ではマイクで再戦をアピールした伊藤の希望が通るとも思えず、修斗とパンクラの政治的関係からも例え対戦相手に国奥を用意しても難しそう。修斗とパンクラの対戦自体には興味あるカードが多いので何とかならないかとは思うけど。

メインイベント 5分/3R 契約体重なし
田村潔司
(U-FILECAMP)
vs
美濃輪育久×
(パンクラスism)

(3R 判定 3−0)
やたら入場に時間をかけた美濃輪といつも通りに時間のかかる田村。美濃輪は試合開始からタテ回転のニールキックを出すなど、「その気」ムンムンでの立ちあがり。対する田村はカッチリと堅く行っているのがらしいと言えばらしいかな。1Rで十字がほぼ極まったにもかかわらず、それでも美濃輪だと逃げてしまうような予感が働き、そして実際にその通りになる。
2Rにもタテ回転のニールキックを繰り出す美濃輪に対し、田村は上からガツンガツンと顔面にパンチを入れていく。
そして2R残り1分となったところで!・・・天候不順により映像受信不可となり、試合結果を見る事なく試合は各掲示板を巡った結果、田村の判定勝ちとなった事を知る。2ちゃんはデマが多くて何が本当かわからんなー。

最後にUWFのテーマが流れたようだが、そんなベタもいいんじゃないでしょか?
とにかくこのカードでも明らかに入っていなさそうな今大会。やはりプロモーションのパブ・イメージが重要という事でしょうか。となると結局K−1,PRIDE、新日本になってしまうのかな?ちょっと寂しいです。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by タカハシ



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ