速報版観戦記
■団体:SmackGirl
■日時:2002年9月1日
■会場:ディファ有明
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

9/1 SmackGirl DYNAMIC! 〜LAST SUMMER FOREVER in 有明〜 ディファ有明大会速報 18:30Start
さすがに、興行ラッシュのこの時期、
ディファに来てから最低の客入り。
300人は何とか超えたものの、という感じ。

ボブ・サップ、ジョシュ・バーネット、来場。
篠さん、中休み後の挨拶時に、
強引にリングにあげてしまいました。
例の「がははは」笑いをしてくれるサップ、
ホクトシンケンハ、ムテキダ、ノゲイラ、オマエハモーシンデイルー
と、多少発音もよくなってロングバージョンを聞かせてくれたジョシュ、
あなた方は、シュートファイターの鏡です。
すべてのプロファイターは、彼らを見習うべき。

10月、11月で、軽量級、中量級のトーナメント、
11月には、無差別級のトーナメント開催を発表。
篠さん「星野選手とか堀田選手にも出てもらいたいので、
マスコミの皆様、どうか煽りお願いします」。
決定メンバーとしては、軽量級、しなし、渡邉、
中量級で、辻とのこと。
第1試合 SGSジャケット特別ルール
坂口一美
(GF2)
vs
ナナチャンチン×
(チーム南部)

(1R1分58秒 バックからのチョーク)
今日のナナチャンチンは、
しなしや、レイホー、渡邉を脇役に登場させての、
ミュージッククリップ的ビデオで登場。
渋谷アトムでスマックスタート時にオープニングを飾って、
その後のスマックの方向を決定付ける名勝負になったこの対決も、
3回目なので、今回は趣向を変えて、ジャケットマッチ。
タックルを切った坂口が、あれっというほど、
鮮やかにバックに回って、
あっという間にチョークで極めて、
前回縮まったかに見えた差を再び広げてみせた。
まあ、ナナチャンチンが練習してないだけだとは思うが。

第2試合 SGG公式ルール
大室奈緒子
(和術慧舟會)
vs
酒井真紀×
(チームアトラス)

(3R 判定3−0)
戦う衛生技師・酒井、マジに美形だなあ。
一方の大室のセコンドは、廣野・石井・漆谷。
大室を含めて、GCMを代表する見事なミニモニ・カルテット。
エンターテイメントを完璧に理解した、大室チームに脱帽。
スマック的には、ここで勝負あり。
一部マニアを唸らせた大室さんの勝ちです。
と思ったんだが、興行後、色んな人に聞いてまわっても、
これを喜んだのは、おれだけであることに気付き、しょぼーん。
内容は、丁寧にシングルから倒しにかかる大室が、
最後まで1本を狙う展開で圧倒。
大室さん、初勝利、おめでとう!!!

第3試合 SGS公式ルール
虎島尚子
(RJW CENTRAL)
vs
張替美佳×
(GF2)

(1R42秒 腕ひしぎ足固め)
力強くテイクダウンを奪った虎島、
サイドからあっという間に、腕ひしぎ足固め。
強い!
が、いきなりその後のマイクでは、
脱力のフニャフニャしゃべりで、
そのギャップが会場の笑を誘う。
第4試合 SGS公式ルール
×高橋エリ
(K-DOJO所属)
vs
大門まい子
(闇愚羅)

(2R2分41秒 腕十字)
本日の高橋エリ、何とテニスルックで試合しました。
スコート剥き出しのファイトに、ジョシュもサップも萌え萌え〜!
スタンド打撃では押してみせるものの、
タックルを切りきれない高橋、
それでも、身体能力の高さで、凌ぎに凌ぐ。
が、固いタックル、確実なグラウンドコントロールで、
諦めない大門、最後はきれいに腕十字。
セミファイナル SGS公式ルール
辻結花
(闇愚羅)
vs
角田紀子×
(フリー)

(1R1分12秒 腕十字)
辻、見事。
飛び跳ねるように、タックルをきれいに極めて、
腕十字で秒殺。
腕が伸びきっての見込み1本だった為、
角田、多少不満気も、最後は納得。
が、この短いファイトの合間にも、
角田、そこはかとない身体能力の高さが見えた気がしたのは、
前回AXでのファイトが素晴らしかったからの欲目かな?
この選手は、また呼んで欲しい。
メインイベント SGS特別ルール<グラウンド時間無制限>
×石原美和子
(禅道会)
vs
エリン・トーヒル
(米国)

(3R 判定0−3)
石原、得意のぶんぶんワンツーで、前に出るも、
迎えうつトーヒルのキレイなジャブのせいで、
何度も目をつむってしまう。
結果、押し込んで、テイクダウンを狙うんだが、
上背差があり過ぎと、エリンの差し返しで、
なかなか、倒せず。
やっとこさ、倒してみても、
エリンの固いクロスと、下からの三角&腕狙いで、
押しているのは、間違いなくエリン。
3R、最後の1分で、石原、引き込んでみせたが、
この戦法を最初からやるべきではなかったか?

試合はどれも悪くなかった。
が、恐らくディファに来てからは最低の入りだろう、
観客がなかなか温まらず、
まるでAXの会場にいるかのような気分に。
低調、としかいいようがない。
やはり、客席のムードは重要だと思う。
トーナメントに期待。
今大会の画像及び選手のコメントはこちら!
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ