ゼロチュー祭こそレジェンドでダイナマイ!
■団体:ZERO-ONE
■日時:2002年8月31日
■会場:後楽園ホール
■書き手:師匠
相変わらず暑い!しかし、昨日の武道館で冷え切った心には丁度いいぐらいか。どういう訳か、ホールに着く前からワクワク感で胸の高鳴りが止まらねぇ!エレベーター降りるなり、何だよこのロビーのハイテンションな活気は。明らかに異様なぐらい「出来上がって」る方々。葛西選手発見。「あ、お前今オレと目が合ったぞ!」こんな強引な客引きにも爆笑が沸き起こる。そう、規模こそ違え、WWF横浜の時のノリだよまるで。若い女性もやたら多いし。

アンケートしつこい。ここで書かせた住所氏名は、一体この後どうなるんだ?ビンゴ用のシートを受け取り、座席につくと、試合開始は少し遅れ。清めの塩を撒いて、いよいよ大会開始。挨拶は大谷。8/1付で団体所属になった3選手の紹介。(高橋冬樹・山笠Z"伸介・黒毛和牛太)最後に「プロレスを思いっ切り楽しんでください!」試合開始前にマイクがハウリング。会場シーン。オッキー「失礼しました」これでまたドッカンドッカン大ウケ。

第1試合 山笠Z"伸介VS佐々木義人
なんか、この大会はTV放映されないとの噂を聞いたので、普段は端折る試合実況もする事としました。そういえば、家庭用ハンディデジカムで試合を撮影している人がいました。山笠「巨人の星」で入場。リングでうさぎ跳び。ウケる。佐々木、線は細いけどデカいなー。佐々木はこの試合の後も試合コスチュームのままゴミ掃除等で大急がし。試合の方は、山笠ゴング前の奇襲ドロップキック。サッカーボールキックからスリーパー。首4の字で攻め立てるも、佐々木お返しのサッカーボールキック。足の取り合い。ボディスラムフェースロックで攻め、チョップ合戦、エルボー合戦等を経て、最後はアルゼンチン背骨折で佐々木。

この頃から、となりの2人組がビールも入ってかなりいい気分。会場内とは別な意味でかなり「出来上がって」来てる。この後、だんだん試合と関係ない話でさんざん大騒ぎし始めるのだが、まさかクライマックスであんな事件を起こすとは…。

第2試合 高橋冬樹&黒毛和牛太&富豪2夢路VSドン荒川&藤原喜明&金村キンタロー富豪2組は「狙い撃ち」で入場。リング上でもダンスでノリノリ。対するベテラン組。藤原組長はTシャツを3つ持って入場。3方の客席にそれを投げ入れる。何故かトリは金村。しかも荒川選手、自らロープを空けて招き入れる。これには金村も恐縮。金村、ベテラン2人にブリブラダンスを踊らせようとする。すぐにノって来た荒川とに対し、組長は照れて中々ノッてこないものの、最後は3人で踊りだす。かなりぎこちない。選手コールで、やはり金村が最後。但し、他の5人が○センチ○キロなのに、金村一人だけ「六尺八寸、五十八貫目〜」というネタ。金村組は誰が先発するかジャンケン。荒川が富豪2の指の又にチョップ。懐かしい。富豪2、同じ手を食わない為に、一旦コーナーに戻って、親指以外の全ての指をテーピングしてもらう。これでよし。あえなく、もう片方の指を狙われる。組長にコーナーで抑えさせ、浣腸。懐かしい。調子に乗った荒川、エアプレーンスピン。回る回る。本人も倒れる。たまらず組長にタッチ。組長もエアプレーンスピン。回る回る。本人も倒れる。金村にタッチ。リング下からテーブルを取り出し、高橋を叩き付ける。割れない。今度はテーブルの上に乗せ、トップロープからダイブ!やっと天板真っ二つ。荒川にタッチ。荒川、背後に回り「ヨーシ、イクゾー!」気合もろともジャーマン!見事にスッポ抜け、シャドウジャーマン。自分だけマットに串刺し。今度は金村が高橋をコーナーポストに乗せ、割れた天板でバチーン!天板はリング下へ投げ捨てる。先程から甲斐甲斐しく破片を拾い集めていた佐々木、すかさず放り捨てられた天板を拾い、?金村組のコーナーへ渡しにいく。場内、時間差で笑いが起きる。んなこんなで、最後は組長が高橋を腹固めにて仕留める。

第3試合 佐藤耕平VS黒田哲広
観客を煽りながらも、歓声が起きるとやたらと照れる黒田。佐藤をコーナーに固定し、脚を鉄柱へガツン!観客からは「もう一丁!」コール。気を良くして、佐藤の脚を鉄柱へもう一丁!と見せ掛けて、エルボー!と見せ掛けて、噛み付き攻撃。最後はエビでピン。

ここで休憩及び本日の目玉ビンゴ大会。残念ながらあたらねー。商品等は省略。

第4試合 日高郁人&坂田亘VS星川尚弘&小笠原和彦
小笠原先生にやたら声援多い。お、いつもの珍念がセコンドだ。しかし、見る度にセコンドの門下生軍団が減ってるなー。先生が繰り出す蹴りには、観客からもどよめき。所謂ふつーの空手の蹴りなんだけど、プロレス会場で観ると、やっぱ一味違ってるよね。坂田組には、ディック東郷がセコンド。いつもながら、坂田の気合の入り方が凄い。それでいて、殆どお約束の「プロレスやれー」のヤジには、待ってましたとばかりローリングクレードル!!!最初は何が何だか目の前の出来事が理解出来ない観客。暫くしてから大歓声!その後もツームストン等、かなり意欲的に「プロレス技」を披露。しかし、小笠原相手だと打って変わってガチっぽい攻撃。今やミスター長嶋よりもお約束な先生の胴着脱ぎをさせずに、無理やり胴着を引き剥がすは、あげくは帯で首を締める始末。何時の間にやら増えてた空手着のセコンド?が怒りの乱入でノーコンテスト。計った様に、欠場中の高岩がリングイン。この後、次期シリーズのアングルを丁寧に説明してくれたのでとても親切。「星川!お前がしっかりしろ!」「お前らちゃんと試合しろよな!」プレデターの試合の時には言わないんですか?「ディック東郷、(何故かフルネーム)ここは東京だぞ!」空手着の男に「お前は誰だ?」「オレは士道館の小林だ!」アピールが続いている途中、星川が「しゃらくさい」とばかりに低空からの流星キック!後は全員からタコ殴りに。定番と言えば定番。ほうほうの体で逃げていく高岩。まぁ、この試合だけで今後に続く数々のアングルが提示されて、ある意味大変内容の濃い試合でした。


会場大盛り上がりなのはいいが、いよいよ隣の奴らが危ない。目が座ってる。特に入場通路脇にいる、やたらとガタイがいい奴がさっきから「ゼロワンレベルが低い」とか「あれなら絶対オレの方が強い」とわめいていたのが、ここに来てあきらかに次に入場して来る選手に襲い掛かろうと、入場通路に降りそうになるのを、連れの奴が必死で止める。

遂に運命の時、入場テーマが鳴って、破壊王入場。だんだん近づいて来る。ガタイ男、益々ヒートアッv。破壊王、キターーー!男、破壊王に突進する!周囲に声にならない悲鳴が巻き起こる!男、破壊王に!にこやかに肩を組み、振りほどかれる。破壊王が通り過ぎた後、ガタイ男、満面の笑みでしてやったりの表情。連れの男、オレに平身低頭。実に面白かった。

第5試合 田中将斗&大谷晋二郎VS横井宏孝&橋本真也
気合の入った大谷、ゴング前に橋本にドロップキック!すかさず顔面ウォッシュ!キックと袈裟切りチョップの打ち合い。大谷、パートナーの田中に指示、「ヨシ!ダブルで行こう!」場内爆笑。「こっちもダブルで行けぇ〜!」「ダブルだぁ〜!」としばらく「ダブル」ネタのヤジが飛び交う事に。田中と橋本の絡みの時に、コーナーの大谷、タッチを要求するも、田中それを拒否。上を狙ってるのはお前だけじゃねぇ!って事なんだろうね。試合は、橋本のジャンピングのDDT等でグロッギー気味の大谷に代わり、田中のラリアッからのエビで横井をピン。しかし、大谷の暴走はここから。

マイクを握るや「こんなの大谷晋二郎じゃねぇ!」「仲良しこよしなんてやってられるか!」「橋本真也はいつまでも殿様ぶんな!」「橋本真也とやってたら一生トップになれねぇ!」「中村さん、聞いてないかもしれないけどオレは一人でやらせてもらう」と、真意は明確な様で、肝心な今後の展開はいか様にも読める為、その後ネット等で様々な憶測を呼ぶ事となる捨て台詞を連発。

バトルロイヤル (一つ前のタッグ出場選手以外の全選手)
少し遅れて入場した坂田と小笠原が、予想通り試合そっちのけでやりあい始めて真っ先に失格。日高に全員にて乗っかりピン。山笠を皆が代わる代わる交代でボディスラム。順番が一巡して、金村が2回目をしようとした所、丸め込まれてピン。黒田が高橋を回転エビで押さえると、全員で乗っかりピン。言うまでもなく、回転エビはバトルロイヤルの禁じ手。当然、全員に逆にひっくり返されて黒田もピン。佐藤が和牛太に腕ひしぎ逆十字。勿論、グラウンドの関節技も厳禁。二人とも押さえ込まれて失格。で、色々あって最後は数珠つなぎスリーパーで、最後に掛けた荒川が勝利。「バトルロイヤルの荒川」は今回も健在でした。商品は、「メルセデス・ベンツS600…24分の1モデル」

トリの挨拶は、例によって何事も無かった様ににこやかに登場の橋本破壊王。反旗を翻した大谷には特に触れずに、「大谷と組んでもOH砲、小笠原先生と組んでもOH砲、でも、今は小川とのコンビがOH砲です。それではいきますか!オー・エイチ・ホーーーー!」

確かに、これだけファンに支持される理由は幾らでもあげられます。全員のキャラが立っている、若手はいても「前座」はいない、若手・ベテラン・所属・フリー・外人含めて誰一人全く手を抜かない。しかし、流石に今回の出す技出すネタ全てに大歓声&大爆笑の連続ってのは何なんでしょうか。後で振り返って、この大会が実はこの団体のピークだった…ってことにならないか、絶頂な時だからこそ、心配でなりません。はじけないバブルなどないし、全てのバブルが必ず調子のいい時には「今回だけはバブルじゃない。何故なら絶好調なのはちゃんと理由があるからだし、いつまでも持続できる様に、ちゃんと完璧に手を打ってある」と思ってるものだから。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ