速報観戦記
■団体:全日本
■日時:2002年8月30日
■会場:日本武道館
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

8/30 全日本プロレス創立30周年記念 武藤敬司プロデュース大会
王道30 GIANT BATTLE in 武道館 2nd BATTLE 楽(たのしく)の闘い
日本武道館大会速報 18:30Start

7時の時点でアリーナは空席ナシで、1F9割、2F4割で推定主催者発表1万人ジャストくらいかな。これだけ入っていない全日武道館は天龍革命以前以来だな(三沢派離脱直後はみてないので)。
今回のような条件下だとゴールドバーグに観客動員力がないのか、連戦が悪いのか判断つかないな。
観客のリアクションが悪かったら、最初で最後の全日本登場となりそうだな。来て良かった!(おいおい)

第1試合 シングルマッチ
×本間朋晃
vs
宮本和志

(2分26秒 ジャパニーズレッグロールクラッチ)
この試合のフィニッシュの時に入場。宮本の勝利をアップセットと受け入れていたのがスゴク意外でした。あと黄色同士で判りにくいので、本間はまたしばらく黒に戻したらどう?

第2試合 トリプル・スレットマッチ
保坂秀樹
vs
平井伸和×
vs
土方隆司 

(4分16秒 エビ固め)
闘龍門の3WAY9人タッグは別格としても、スポットを練る気がないならもう辞めて欲しいなー。カシン対ハヤシ対ヤンでセミでも見せられる3WAYをやってくれ。フィニッシュはコジ興行同様、2人で丸め込んだけどやっぱり優先権は先に押さえた方、というコメディースポット。

第3試合 6人タッグマッチ
 安生洋二
長井満也
 奥村茂雄
vs
 
荒谷信孝 
相島勇人×

(10分36秒 ハイキック → 片エビ固め)
ゴチャゴチャと取りとめのない全日らしい6人タッグ。見所は嵐のフロッグ・スプラッシュくらいかな。安生もスッカリ馴染んだ・・・というか一番ハマってたな。コメディータッチの試合ではあったけど、楽(たのしく)じゃなくて楽(らく)の闘いって感じだ。

第4試合 6人タッグマッチ
 スティーブ・ウイリアムス
 マイク・ロトンド
×愚乱・浪花
vs
ジョニー・スミス 
ジョージ・ハインズ
グラン浜田 

(12分46秒 ハインズドライバー → 片エビ固め)
この試合で一番沸いたのはハインズのドラスクを受け損ねたウィリアムスが再びドラスク受けてのSWを食らったところ。もうウィリアムスはミススポットでしか沸かせられないのかも知れない。ちょっと寂しいな。

第5試合 タッグマッチ
×渕正信
 ミスター・プロブレム
vs
アブドーラ・ザ・ブッチャー
ケンドー・カシン 

(8分12秒 毒針エルボー → 片エビ固め)
「ダイナマイッ!」での激闘(ほとんど見てないが)のダメージも癒えぬまま、カシンのリクエストに応えて再登場のミスター・プロブレム。ブッチャーからテイクダウンも奪えず、キックもあんまり効果的とは言えず、ちょっとガックン来てしまいました。もっとじっくり練って、いい舞台を用意してあげていいマッチメークだと思うんだけど。
試合はプロブレムが途中で脱いだ凶器シューズを使って渕がブッチャーに食らわせてはいたが、連戦というのに渕が省エネファイトに徹してしまったので、やっぱり働かされる気の毒なプロブレムでした。

第6試合 世界ジュニアヘビー級王座次期挑戦者決定戦
カズ・ハヤシ
vs
ジミー・ヤン×

(13分58秒 → 片エビ固め)
新日本ジュニアとも違うし、闘龍門とも違うジュニアの闘いを見せてくれた・・・と言えばカッコいいけど、正直に言ってスポットがダラダラ並べられたインディーのジュニアに近い感じ(さすがにレベルは違うけど)。
ヤンタイムの自爆は難易度Dだけに目をつぶるが、鉄柱4の字(ブレットの得意技ね)は明らかに思いつきでしかなかった。これはプロとして恥ずかしいぞ>ヤン

第7試合 シングルマッチ
天龍源一郎
vs
馳浩×

(14分32秒 雪崩式垂直ブレーンバスター → 片エビ固め)
初対決が印象にないだけに全く期待していなかったが、これが予想を遥かに越えた面白さ。明らかに全盛期を越えた者同士が、お互いに新しい何かを用意していたワケでも、観客にノリに甘えたワケでもなくこれだけ魅せられるのだからやっぱりプロレスってステキだ。
もっと書きたいけれど形容する言葉が見つからない。文句なく今日のベストバウトだな。

第8試合 シングルマッチ
×小島聡
vs
ビル・ゴールドバーグ

(4分02秒 片エビ固め)
当然のように小島瞬殺される。今回の2連戦の収益のほとんどがゴールドバーグへのギャラだけに何とか10分やってもらいたかった。何しろスピアーやジャックハマーも出させずじゃ、せっかくのマッチメークの意味がないッスよ。特殊効果バリバリの演出でゲート脇から入場したのは「馬場さんの顔に花火や煙をかける気?」という元子さんのひと言からだったりして。ちなみにサップは登場しませんでした。

セミファイナル 世界タッグ選手権試合
(王者組)
 ブライアン・アダムス
 ブライアン・クラーク
vs
(挑戦者組)
マイク・バートン 
ジム・スティール×

(17分25秒 片エビ固め)
試合前に長々とマイクで「全日本はこれから古い世代を一掃し、史上最高のチームがオレたちである事を証明する!」とクロニック。特にウィリアムスを頼むよ。
試合はとにかくお寒いもので「このままじゃ本当に全日本が壊滅させられるな(違う意味で)」と思いましたよ。31日のマッチメークがクロニックには正解だったな。

メインイベント シングルマッチ
武藤敬司
vs
太陽ケア×

(19分47秒 シャイニングウィザード → 片エビ固め)
武藤が入場した時の会場の雰囲気はさすがにスター!って感じで良かったけど、試合が始まった途端に格差が表れ過ぎてしまいケア全くイイトコなし。小島や天龍との試合で見せたパフォーマンスは最後まで出る事なく、最後はじっくりポーズを決めてからのSWに轟沈。ポージングで一気に観客のテンションを上げた武藤はやっぱりカッコいいな。試合後はケアをリング上に残し、石井館長と記念撮影に興じてた。館長の後にはちゃんとサップも来てたけど、一緒にいたジョシュは全く周囲に相手にされず、サップのファンサービスが終わるのをじっと待っていました。

今大会の画像及び選手のコメントはこちら!
report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ