速報観戦記
■団体:新日本
■日時:2002年8月29日
■会場:日本武道館
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

8/29 新日本プロレス CROSS ROAD 日本武道館大会速報 18:00Start
特に豪華な入場ゲートを使ってるわけでもないのに二階席の一角を
カーテンで覆う方式。翌日から同会場で二連戦を行う全日本への
アテツケで組んだ興行だけあって営業もやる気が無かったのか、
そもそもカードじたいに求心力が無かったのかどうかはわかりませんが
メジャー団体の武道館興行としてはいささか寂しい入りなのでは?
最終的にはほぼ満員となったが。

第1試合
タイガーマスク
 エル・サムライ
vs
Hi69×
PABLO 

(9分07秒 タイガースープレックスホールド)
試合前、入場ゲートにAKIRAが登場。
「今日の第一試合と第二試合はオレがプロデュースするぜ!」
右を向けば藤田がいて、左を向けばAKIRAがいるんだから
新日本という団体は色んな意味で凄い。
両者のファンはお互いがお互いをけなしあってるんだろうな多分。

AKIRAが一通り喋った後、今年のマット界注目の新人、DJニラが登場。
「ノガちゃん! オマエがJJジャックスでやりたかったことを
オレたちK-DOJOが一緒にやってやるよ!」
と言って、Hi69、PABLO、RYOKOらと一緒に踊り始める。
気がついたらAKIRA改めノガちゃんも一緒に踊っている。

試合のほうは、見た目のワリにファイトスタイルじたいは地味めの
K-DOJOが持ち味を発揮する間もなく、四虎の引き立て役に終わる。

とりあえず初見のDJニラ、ノリとしては広田さくらに近そうだと思いました。

第2試合
邪道
 外道
vs
カレーマン×
日高郁人 

(13分27秒 スーパーパワーボム → エビ固め)
ZERO-ONE参戦中の日高が何故か新日本に登場。
高岩の怒った顔が目に浮かびます。
まぁ怒ったところで表情はあんまり変わらなさそうですが。

終始、邪外のペースのままサクサク進んで
スーパーパワーボムでアッサリ終了。

第3試合 新日本vsNOAHJr3番勝負
井上亘
vs
KENTA×

(9分56秒 卍固め)
KENTAはグレーのロングタイツにレガース着用という新コスチュームで登場。
序盤から左ミドルを多用して井上を攻める。蹴りはヨネに習ったか?
まだまだ形は出来てないが、モノになれば面白そう。

両者の意地がぶつかりあった好勝負。若手同士の対抗戦とはかくあるべし。

第4試合 新日本vsNOAHJr3番勝負
金本浩二
vs
橋誠×

(15分41秒 ニールキック → エビ固め)
NOAHで一番性格の悪い秋山に毎日イジメられてるため
イジメに対してはけっこう打たれ強い橋とはいえ、
プロレス界で一番性格の悪い金本が相手では自慢の耐久力も発揮できず。

金本、中盤にコーナーへ押し込んで蹴りをブチ込み、
ダウンしたところをさらに追い討ちをかけて蹴りまくってたときなんか
完全に「素」でしたね。海野レフェリーも素でSTOPかけてたし。
多分ゴルドーよりも冷酷ですよこの人。

第5試合
成瀬昌由
vs
村浜武洋

(20分時間切れ引き分け)
リングスでの復帰戦において露払いを務めてくれた村濱に対して
出来の悪いU系バウトを仕掛けた成瀬。
こんなんやるくらいならシュートでやりゃいいじゃん。
KOKルールで。リングスはもう無いけど。

稔との一戦を100とすれば、今日の村浜は20か10。
成瀬もいい加減「U系マッチはもうやりたくないです」って
上の人にハッキリ言えよ。それともまさかまだU系に未練あんの?

永田弟を筆頭とした各階級のレスリング日本代表がリングに上がり
世界選手権、アジア大会へ向けた義援金を新日本プロレスから贈られる。
プレゼンターは永田兄。

レスリング勢が退場後、10月に復帰が決定した飯塚と
新マスクマン「ヒート」が登場。飯塚が復帰の挨拶を述べる。
長州一派に引き抜かれる前に手を打ったか?>新日

ここで休憩。

第6試合 真・大巨人伝説
×ジャイアント・シン
vs
ジャイアント・シルバ

(10分30秒 ジャイアントプレス → 片エビ固め)
馬場御大とアンドレの摩天楼コンビ(Copyright 松山千春)よりも
さらに大きい巨人同士が、なんの計算も無しに無意味に巨体を
ぶつけあうという、頭をカラッポにして口をポカンと開けて
だらしなく見れる試合。これぞシュートには無いプロレスの醍醐味。

試合後、不甲斐なく負けたシンに対してT2000の面々がリング上で公開リンチ。
それを救ったのが先ほど紹介された新マスクマンの「ヒート」。
軽快なソバットでT2000を蹴散らし、風のように去っていく。
これもシュートには無いプロレスの醍醐味。

しかし、会場そのものは思ったよりは沸いてなかったように思う。
新日本のファンはまだこういうプロレスの楽しみ方を
頭ではわかっていても体がついていってないような気がする。

今日ウケなかったからといって、明日には進路を変えるのではなく
焦らず長い目でもってこういうプロレスを続けていって欲しい。>新日

第7試合 スパールーキーデビュー戦
×中邑真輔
vs
安田忠夫

(4分26秒 フロントスリーパー)
スーパールーキー中邑には母校の青山大学レスリング部OBより
激励の記念品が贈られる。セコンドには永田と中西。
期待されてますねぇスーパールーキー。

星野勘太郎の先導で、安田が後ろに魔界倶楽部を引き連れて入場。

中邑は素早いタックルでテイクダウンを奪うなど、潜在能力の高さを
伺わせたが、打撃やチョークといった総合格闘技寄りの攻撃で
安田がスーパールーキーを一蹴。

試合後、初めて聞く星野勘太郎の生声マイクと、
柳澤の永田への対戦表明でスーパールーキーの余韻はどこへやら。

とりあえず生涯に一度しかないデビュー戦なんだから
色モノと絡めないで同世代の若手か教育係とやらせてやれよとは正直な感想。

第8試合 300秒の軌跡
佐々木健介
vs
藤田ミノル×

(1分12秒 KO)
「5分間逃げまわれたらK-DOJOに出てやる」という条件を提示された
藤田ミノルだったが、1分あまりであっさりとKO負け。
おそらくTAKAみちのくから
「頼むから5分以内に負けてくれ。健介に出てこられても困る」
とお願いされたんじゃないかと推測します。

それはともかく、藤田ミノルと日高が同じ日に同じ会場で試合するのって
随分ひさしぶりのことなのでは?

セミファイナル 新日本vsNOAHJr3番勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合
(チャンピオン)
 田中稔
×獣神サンダー・ライガー
vs
(チャレンジャー)
金丸義信 
菊地毅

(22分16秒 火の玉ボム → 片エビ固め)
やっぱり対抗戦は回を重ねるごとに当初の刺激が薄れていくもの。
これはもうどうしようもないことなのだろうか?

それでもNOAHファンとして、IWGPJrタッグ王座戴冠という
「結果」じたいは素直に喜べるものではあった。

メインイベント KINGOFGLADIATOR 〜semiFINAL〜
×藤田和之
vs
高山善廣

(8分23秒 膝蹴り → 片エビ固め)
昨年、自分が書いた観戦記のなかで最高傑作ともいえる作品の
題材となったのがPRIDEでの両者の対決。

シュートでは感動的な試合となったが、プロレスではどうか?

結論から言うと、高山のプロレスがこれ以上ないほど上り調子で
あるということが確認できただけの試合。
グーパンチの打ち合いなど「おお!」と思わせたが、
天龍やドン・フライのそれと比べると藤田のパンチは遠慮が入りすぎてる。
偉そうなことヌカす前に、蝶野のケンカキックで見栄えのよいバンプを
取ってみろと言いたい。>藤田
「プロレスラーではなく格闘家として高山を潰す」といってた去年の
ほうがよっぽど好感が持てたぞ。

もっとも、PRIDEに出て以来、初めて「負けた」ことだけは評価したい。
これで建前でしかなかった「藤田プロデュース」という文言も
どうにか格好がついたように思う。

今大会の画像及び選手のコメントはこちら!
report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ