速報版観戦記
■団体:Dynamite!
■日時:2002年8月28日
■会場:国立競技場
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

8/28 Dynamite! 国立競技場大会速報 18:30Start
客入りはアリーナが満員。
スタンド(58,000人収容)が七〜八割の入りといったところか。
(入場舞台と一部空席アリ65000〜70000か?) 石井館長の挨拶
「皆さんが見たいものを見たいときにそして一番いいタイミングで提供する・・・」
至言です。
トーチを受け取ったエリオ翁と猪木が聖火点灯。
アトランタ五輪のモハメド・アリを彷彿とさせましたが
手はプルプルしてませんでした(笑)

第1試合 5分3R PRIDEルール
ヴァンダレイ・シウバ
(ブラジル/シュートボクセ)
vs
岩崎達也×
(日本/フリー)

(1R1分16秒 レフェリーストップ)
岩崎のセコンドにはチャンバース(品川区戸越)つながりで
阿部兄がつく。ちなみにこのジムは岩崎が応援しているところで・・・・・
さらにKM道場も同様とかいないとか

開始直後 膝蹴り2発からテイクダウンを奪ったシウバ
すかさずマウントから18発のパンチを浴びせる
そのままバックを奪いチョークを狙うも
阿部兄仕込みの防御で首を取らせない岩崎
しかし立ち上がったところに左ハイを喰らい
ダウンしたところをインサイドからさらに4発殴られた
ところでレフェリーストップ。

さすがに極真魂もちょっとは見せられたと思いますが
喧嘩上等より
金持ちケンカせずが良いのではないでしょうか(笑)>岩崎

第2試合 5分3R PRIDEルール
×松井大二朗
(日本/高田道場)
vs
ジェレル・ベネチアン
(オランダ/ボスジム)

(3R 判定 1−2)
1ラウンド目片足タックルにいった松井だが
しっかりガードで守ったベネチアン
意外とディフェンス上手
ヨハン・ボスジム恐るべし 一進一退の攻防
最終ラウンドまで同じような展開が続き
3R目に最大のチャンスであった松井のマウントからの攻撃は
いとも簡単にベネチアンに外され
スタンドに戻される 柔術の技術は後回しの高田道場の面目躍如
国武大と高田総裁が(あと前田も?)泣いてるぞ!次頑張れ!

第3試合 5分3R PRIDEルール
ゲーリー・グッドリッジ
(トリニダード・ドバコ)
vs
ロイド・ヴァン・ダム×
(オランダ/ドージョー・チャクリキ)

(1R3分39秒 マウントパンチからレフェリーストップ)
GGの横綱相撲
セコンドにコールマンとエリクソンを従え堂々の入場
かたやチャクリキのヴァンダムもハーリック会長が
1Rのゴング直前にビンタで気合をいれるなど
緊張感では負けていない

ところが試合開始後 組み付かれたヴァンダム 隅に投げを喰らい
いきなりテイクダウンから横四方を奪われ固定され
GGのパンチをバンバン浴びる
GGは力の差を見せつけるように マウント取っても 早急に料理せず
ゆっくりと狙いを定めてパンチ ここでレフェリー豊永がSTOP
まさしく完勝

勝って百瀬せんせと抱き合うGG
次はまたK1ですな

第4試合 3分5R K-1ルール
×アーネスト・ホースト
(オランダ/ボスジム)
vs
セーム・シュルト
(オランダ/ゴールデン・グローリー)

(5R 判定 50-50 49-49 50-50 ドロー)
シュルトは5Rを通じて積極的に前に出て
左の前蹴りからクリンチ殺法で首相撲からのヒザを狙う
対するホーストは身長差でパンチが入らず
またシュルトはローキックの捌きが予想以上に上手かったため
ロングフックでダウンを狙うが 懐の深いシュルトには決まらず
全ラウンドを通じ 積極的に攻めたシュルトの優勢勝ちと
会場の誰もが思ったが 判定はドロー

これはK1につなげるつもりか?
今日 最高のアップセット
*:なお 解説の石井館長曰く
「この引き分けはホーストにとっては負けです」
とのこと もうその気ですね・・・・
そのときまでシャバダバダバ・・・にいればいいですが・・・・(愚傾註)

おそるべしはシュルトの打撃能力
K1チャンプと互角闘ったのは恐るべし

第5試合 3分3R K-1ルール
×ドン・フライ
(アメリカ)
vs
ジェロム・レ・バンナ
(ボーアボエル&トサジム/ボクシング)

(1R1分30秒 KO(レフェリーストップ))
PRIDE vs K−1らしい試合をようやく見せてくれました
玉砕戦法覚悟のフライはいきなり組み付いてパンチを出そうとするも
バンナのほうが完全に一枚上 パンチ蹴りの連打から
左ハイからのパンチでスタンディングダウンを奪い
フィニッシュは強烈な右フックがフライに炸裂
すかさず角田が止める
それにしてもフライは何故こんな試合を受けたのか
尊敬以上のモノを感じます この勇気は称えられて然るべき!

石井館長がエリオ翁をリングに上げる
「私が柔術を広めてから82年が経ちます
これからもさらに日本のスピリットを広めたいと思います」

石井館長と(金)つながりのあるターザン山本が
なんとマスコミを代表(笑)して
エリオに特別功労賞を贈呈する役目に
そして帽子をかぶったまま賞状を読み渡す
せめて帽子くらい脱げ!!>ターザン

続いてゴールドバーグが登場
日本語で「コンバンハ」と挨拶したあと
「石井館長 招待してくれてありがとう
日本に来れたことを非常に誇らしく光栄に思ってます
金曜 土曜とゴールドバーグが全日本プロレスに出場します
私のWORK(仕事 原文のママ)をしっかり見てください
Who's Next!(キメ台詞)」

休憩後 猪木がパラシュートに乗って降下し登場

「バカヤロー おれは怒ってるぞ
元気があればなんでもできる
元気があれば根気ができる
根気が続けば勇気が湧いてくる

東京の夜景は美しかった
今日のリングは蟻地獄
食うか食われるか 強いヤツだけが這い上がる
猪木が笑えば世界が笑う!
いくぞー! 1、2、3、ダッー!!」

最強の入場はやはり猪木
会場の声援をすべてさらいました

第6試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
(ブラジル/ブラジリアン・トップ・チーム)
vs
ボブ・サップ×
(米国/モーリス・スミスキックボクシングセンター)

(2R0分57秒 腕ひしぎ逆十字固め)
すばらしい勝負!

1Rに何度もタックルに入るノゲイラに対し
それをしっかりがぶってパンチの連打を浴びせるサップ

ノゲイラはたまらずガードに入り 三角絞めを狙うも
力の差がありすぎて 持ち上げられて外されてしまう
1R終了間際にがぶりがえしから上になるも
サップに跳ね返される サップ有利のまま1R終了

2Rに入りサップかなり疲れたか 動きが急に鈍くなり
ノゲイラ タックルに入り がぶられるが下からの三角絞めや
アームロックで有利に進める
そして再び上になり 横四方からやっとの思いで十字に入り一本勝ち
もし、グラウンドでの膝蹴りが ボブに許されていたら もしやが
考えられたが、それを差し引いても素晴らしい試合だった

試合後 サップのセコンドについていたバーネットが
なんとノゲイラに挑戦状!
アニメ好きのバーネット マイクを握って
「オマエは既に死んでいる>ノゲイラ」
会場大爆笑でした

有料入場者数 9万1107人と発表
しかしKANSENKI.NET独自の調査(双眼鏡での目算)では
そこまでは・・・・・(別途調査します)
Jリーグで国立満員になっても6万行かないんだから・・・・
セミファイナル ジャケット着用特別ルール
吉田秀彦
(日本)
vs
ホイス・グレイシー×
(ブラジル/グレイシー柔術)

(1R7分24秒 失神KO)
吉田のセコンドにはTK、小原、大山がつく

試合自体はホイスが序盤から引き込み
右足をインサイドからフックして足を狙う
そこからグラウンドとなってお互いに足関節合戦
ホイスのアキレス(襟までもっていい感じだった)と吉田のヒールとなるが
お互いに決め手を欠いてスタンド勝負となる

再度おなじ体勢となるも 吉田がハーフガードで上になり
足を抜かずにそのまま袖車絞めに入り ホイスは参ったしてないが
動きが完全にSTOPしたため 野口レフェリーがストップ!
(イズマイウ戦の事件は避けられたが結果的にはこうなったほうがよかったか?)

ホイスサイドは「失神してない!(落ちてない)」猛抗議するも
力の差は歴然 さすがはメダリスト 今後が楽しみです

もし あのまま吉田が絞め続けていたら
ホイスは完全に失神KOしていたでしょう
そうなるとグレイシー神話は完全に地に落ちることとなってしまうので
ここは野口レフェリーの英断を褒め称えたい
島田の後継者はキミだ!>野口

吉田マイク
「えーっと 本当にありがとうございました
アマチュアの柔道から 初めてプロのリングにあがりましたが
周りの環境とか凄かったんですけど
一番気になったのが柔道関係者の皆さんだったんですけど
このリングに立つまで応援してくださって 非常によかったです
それがこの結果に繋がったとおもいます
多分ホイスは参ったしてないと言ってると思んですけど
この試合で因縁が生まれたので この対決は続くと思います」

とプロとして最高のマイク! もちろんノゲイラ・サップ押しのけ

本日のベストバウト!!! 
天国の木村政彦先生見てるでしょうか 日本柔道は素晴らしいです

メインイベント PRIDE特別ルール
×桜庭和志
(日本/高田道場)
vs
ミルコ・クロコップ
(クロアチア/クロコップ・スクワッド)

(2R終了時 右目眼窩底骨折? ドクターストップ)
桜庭はベイダーをモチーフにしたTPG時代のアウターマスクで登場
更にマスク脱ぐと皮で出来たベイダーマスクのオレンジサク仕様
「サクラバ・タイム」と書かれたTシャツを着て入場
セコンドには松井、今村、ヤマノリ

1Rはテイクダウンした桜庭が
インサイドから両手を抜いてモンゴリアンチョップ
お客さんを沸かした時点終了
しかしかなりミルコのローをもらう

2R ミルコの蹴り足を取って倒した桜庭
ハーフガードからモモにヒザ蹴りを食らわせ
アームロックを狙うも ミルコの超人的なバネによって
インサイドガードに戻されてしまう
そこで2R終了
更に桜庭 ミルコのローで右足を痛めた模様

そして 2R終了時 ミルコの下からの左パンチにより
目が動かなくかったため 眼窩底骨折の疑いのためドクターストップ
またもや長期離脱となりそうなサクにかける 言葉ナシ
絶対勝つつもりで出てきての復帰戦に 残酷すぎる結果
ああ運命の神様よ・・・・・

メイン終了後、ホイスによる吉田戦のレフェリングに抗議が(笑)
(やっぱり)
「日本は格闘技と柔術を愛してる国だと思います
しかし残念ながらレフェリーのとられた態度は
真に格闘技を愛するものの態度ではありませんでした
わたしはこの試合を無効試合とすることを要求します」

と泣き言。でもホイスの言ってることはある意味正しい(笑)
島田の手ほどきを受けたレフェリーが裁いてたんだし

しかし 日本には「武士の情」「敗軍の将は兵を語らず」
という言葉があるのを
誰かエリオとホイスに教えてやってほしい
泣き言は恥の上塗りにしかならないぞ!
(アングル的には再戦できて二度おいしくなったが・・・)


ホイスの抗議を受けた石井館長
「いまの抗議を受けまして 二週間
審議する時間を頂きたいと思います
しかし この試合は
皆さんの思ってる人が勝ちです!

桜庭マイク
「夏休みの最後に負けてしまってゴメンナサイ」

ミルコ
「コンバンハ オウエンアリガトウ アイシテマス ジャパン」

最後は石井館長による
「せーの、ダイナマイツ!」
でシメ

(主催者発表とはいえ)9万人近くのお客さんを集めたことで
石井館長の底力を見たような気がする
猪木を上空からパラシュートで登場させるという
快挙は格闘技史上はもとより
プロレス史上にも燦然とその輝きを残すだろう

本日のMVPは間違いなく吉田
日本柔道はおろか 木村政彦先生の意志も守った
「講道館柔道最強」を改めてグレイシーに教えたことが素晴らしい

桜庭のアクシデント負けは残念だが
吉田の快挙にお客さんも大満足だろう

初進出の国立競技場にて 歴史に残る興行をおこなったDynamaite!
本当に素晴らしいものを見せてくれてありがとうと言いたい

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ