速報版観戦記
■団体:CLUB CONTENDERS 2002
■日時:2002年8月24日
■会場:新宿LIQUID ROOM
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

8/24 CLUB CONTENDERS 2002 新宿LIQUID ROOM大会速報 21:00Start
観戦記巻頭で「渾身の」なんて書かれているが、
クラブなんて渾身でいくもんじゃないだろー。
つーわけで、まったり、レポートします(脱力)。
前回(いつだっけ?)に比べると入ってないなあ…。
やはり、クラブと格闘技の親和性にやや問題ありか。
前回とは異なり、リングが設置され多少見やすくなったものの、
高さがあと50センチ足りないのが惜しい。
結果、見難さは多少改善した程度。
2つもあるスクリーンも照明のせいで、全然見えず。
レフェリー和田さんの坊主姿が結構クラブにはまっているのが意外。

第1試合 コンテンダーズ 5分2R−71Kg契約
×川越和人
(フリー)
vs
飯田崇人
(A−3)

(2R4分10秒 腕十字)
川越はフリーと発表も、TGUのフラッグ持って入場。
吉住も応援にきてました。が、実力差はたっぷり。
飯田、これは秒殺せんといかんでしょう。
川越、TGUらしく元気はあるも、技術が伴わず。

第2試合 コンテンダーズ 5分2R−72Kg契約
西内太志郎
(U-FileCAMP)
vs
滝田J太郎
(和術慧舟會東京本部)

(2R時間切れ ドロー)
入場は派手(赤フン)のJ太郎、試合はメチャ地味。
試合になると、表情も動きも固くなってしまう。
久松先生テイストだな。
西内は、新崎人生みたいなペイントして、
元気いっぱいも、これといった印象残せずという感じ。
師匠・田村も見に来てました。ナンパ目的かな?

第3試合 コンテンダーズ 5分2R−66Kg契約
所英男
(チームPOD)
vs
中原太陽
(和術慧舟會東京本部)

(2R時間切れ ドロー)
下から三角狙いの太陽、足関一発の所、
試合を圧倒的にコントロールしたのは太陽。
所くんは、トリッキーさと、それなりにつき始めた技術の間で、
折り合いがついてない。完敗です。イチからやりなおせ!

第4試合 コンテンダーズ 5分2R−67Kg契約
今成正和
(TeamROKEN)
vs
西野聡×
(和術慧舟會東京本部)

(1R2分38秒 腕十字)
引き込んだ今成、西野がパスしに来たところを、十字で。
相変らず、見せますなー、足関十段。

第5試合 コンテンダーズ 5分2R−62Kg契約
今泉堅太郎
(SKアブソリュート)
vs
廣野剛康
(和術慧舟會東京本部)

(2R時間切れ ドロー)
あれっ、今泉ってこんなもんだっけ?
と思わせるほど、廣野大善戦。
積極的に攻め、下からの三角であわやというところまでいく。
が、惜しくも、足の長さが足りず。
素晴らしい、リトル・フランキー追悼試合でした(嘘)。

第6試合 キックルールエキシビジョン 5分1R
 宇野薫
(和術慧舟會東京本部)
vs
マグナム酒井 
(士道館ジム MAキック ミドル級1位)

(5分エキシビジョン)
マグナム酒井は、パンチは遠慮気味も、
ローは、結構ハードに入れてました。
が、一緒に観戦していた、ノリリン閣下、
「エキシなのに、何でハイスポットがないんだ」とお怒りでした。
宇野くんは、プロレスやっても、エキシやっても、
表情だけで見せることが出来て、やっぱり素晴らしいと思います。

サクサク進行し、以上の試合が終わったのは22時半。
あっさりして、深い印象残らず。
深夜2時より、シークレットマッチとして、
小沢(KAZE)vs佐藤芳(グラバカ)
晝間(ストライプル)vsのぶゆき(RJW)
がある模様。
さすがに、そこまで見る元気ないので、帰ります。
GCMさんごめんなさい。でも見たかったなこの2カード。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ