速報観戦記
■団体:ZERO-ONE
■日時:2002年7月28日
■会場:ディファ有明
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/28 ZERO-ONE ディファ有明大会速報
入場式が始まるちょい前にはチケットを持った小笠原がなかなかキレイな奥さん連れで着席。3試合目くらいでどっか行っちゃいましたけど。着替えかな?
火祭りの開幕セレモニーはまず火祭り刀の返還から始まる。続けて前年度優勝者の大谷の開幕宣言が始まるところをまず田中がラリアートでマイクを奪い、続けて金村がキックでマイクを奪おうとするなど「ドレミファ・ドン!」のイントロクイズ状態になりながらも、結局誰一人まともにしゃべる事なくセレモニー終了。まさに01的である。

第1試合
高岩竜一
vs
高橋冬樹×

(9分00秒 垂直落下式ブレーンバスターからの逆エビ固め)
高岩ファンの投げたテープは昨日の隅田川に触発されたのか、銀の紙吹雪が織り込まれている。それはそれでいいんだけど、十分に掃除されていないマットに残った銀紙が身体に貼り付いてしまう。三菱「風神」が今こそ役に立つ時なのに!デビューの高橋はBAKUFUの「頑張れ!タカハシ」での入場。試合は長州が好きそうなよく声が出てる試合。なんだか中途ハンパにこなれていて面白みがなかったです。

第2試合 火祭り'02公式戦Aブロック
キング・ジョー(元サモア・ジョー)
vs
金村キンタロー×

(6分09秒 パワーボムからのSTF)
サモアン・ウォリアーに改名したはずなのに、ペダン星人の指示があったのか再び改名。一番の見せ場はエプロンからの机へのブレーンバスター(受け担当・金村)。何気にカウンターのSTO(だと思う)も冴えたジョーの圧勝。仕方ないようなもうちょっと金村を大切にして欲しいような・・・。

第3試合 火祭り'02公式戦Aブロック
佐藤耕平
vs
石川雄規×

(6分53秒 腕ひしぎ逆十字固め)
相変わらずブーイングの対象になっている石川の「みそぎ」はいつまで続くのか・・・。橋本のお気に入りとは言え、耕平プッシュはちょっと目に余るものがるような気がするぞ。

第4試合
黒毛和牛太
 富豪2夢路
vs
佐々木義人×
ドン荒川 

(10分11秒 ラリアート2連発に続けてのパワーボムからのエビ固め)
ドン荒川の古典的コミックショーは、初心者ファン層の多い01には結構受けていたのが印象的。懐かしの市役所固めも繰り出し、最後は若手同士にフィニッシュを譲るという試合でした。

第5試合
 『神風』
黒田哲広
vs
崔リョウジ×
星川尚浩 

(20分5秒 ラリアートからの体固め)
結局Aリーグ参戦は勝手な願望でしかなかった『神風』だが、取りあえずツアーに参加できただけでもめっけものか?確かにムーンサルトのフォームは鮮やかだけれど、それ以外に心に残るものがなかった。対する崔は考えてみれば新人賞の対象に挙がらないのが不思議なくらいだ。黒田は相変わらず働きまくっていたが、横井との対決が東京で見られないのは残念だなぁ。

第6試合 火祭り'02公式戦Bブロック
スティーブ・コリノ
vs
横井宏孝×

(7分14秒 急所打ちからロープに足を乗せてのエビ固め)
いかにして横井を負けさせるのかと思っていたが、レフェリーがミスター・マイケルというところでオチが見えてしまいちょっとガッカリ。ところが入場で天使のような息子を連れて来たコリノに「おお!この子をハイスポットに参加させるのか!スゴイぜ!」と一人で興奮してただが、結局そんな素晴らしい事もなく、やっぱり予想通りの結末に。脱兎のごとく逃げた親父を真似て、別に悪い事してない息子も走って退場してました。

セミファイナル 火祭り'02公式戦Bブロック
大谷晋二郎
vs
TAKAみちのく×

(15分11秒 スパイラル・ボムからのエビ固め)
宇宙人プランチャの後、リングアウト勝ち狙いでしがみつくTAKAを見て、もしこのまま両者リングアウトになったら01ファンはどういう反応を見せるんだろうと、ちょっとドキドキしたが結局はクリーンな決着での終了。そんなに期待はしていなかったけれど、それでもこの2人ならもしかして・・・と思っていたが、やっぱり空白の時間は2人にとって長過ぎたようでした。

メインイベント
×高岩竜一
 田中将斗
 橋本真也
vs
CWアンダーソン 
ザ・プレデター
トム・ハワード 

(18分09秒 ニードロップからの片エビ固め)
選手紹介のコールは田中の方が高岩より先だったのにまずはガッカリ。試合はいつもの乱戦模様で、アンダーソンといつの間にかタッチしていたプレデターに、ロープに走っていて気が付かなかった高岩がいきなり入れ替わっていたのを知った時の驚きは100%ガチだね(断言)。中途ハンパなブローディ殺法の前に屈し、アメリカ勢にやられ放題の01を救ったのは・・・7日の橋本との戦いで戦った者にしかわからない友情が芽生え、今日は奥さんをほったらかしにしてタイミングを見計らっていた小笠原だった(この辺ストーリーがイキイキ塾とかと変わらんなー)。華麗な蹴りでアメリカ勢を追い払うと、橋本と協力して日本の魂を復活させてアメリカを倒し(本当にこう言った)、破壊王の発展途上の(ハエが止まるような)キックを鍛え直して超破壊王にするという夢を語った。

01の勢いは観客動員には現れていないようで、この日もS席,A席は売れ残りアリ。次回後楽園が3日後という事があるにしてもちょっと不安だ。あと当然メインは火祭りだと思っていただけに、大谷の言った「火祭りは天下一武道会の予選」が現実のものとなりそうでイヤだな。

report by タカハシ



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ