速報観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2002年7月28日
■会場:後楽園ホール (夜の部)
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/28 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR NIGHT TIME 後楽園ホール大会 18:00Start
昼の部に比べると、やや落ちる客入り。
してみると、謙吾フーリガンの雰囲気への貢献は大きいのかも。
パンクラスゲート フェザー級戦/5分2R
×築城実
(P'sLAB東京)
vs
実原隆浩
(チーム品川)

(1R19秒 膝十字固め)
チーム品川の実原、
パンクラスにリスペクトを表すべく、見事な秒殺勝利!

実原談
「練習に練習を重ねた得意の膝十字が極まって、うれしいです
 これからも、がんばりますので、応援お願いします」
第1試合 「NEO BLOOD TOURNAMENT」準決勝第1試合 無差別級 5分/2R
北岡悟
(パンクラスism)
vs
アライケンジ×
(パンクラスism)

(2R 判定1−0、延長2分7秒 アンクルホールド)
アライ大善戦。
しかし、足関節の取り合いから、
北岡、パンクラス史上、初の1本勝ち。
第2試合 「NEO BLOOD TOURNAMENT」準決勝第2試合 無差別級 5分/2R
門馬秀貴
(A3)
vs
鈴木雅史×
(U.W.F.スネークピットジャパン)

(2R3分48秒 腕ひしぎ三角絞め)
スタンドで勝負の鈴木、グラウンドは、やはりイマイチ。
勝ちみに遅い門馬の再三の下からの三角は、根性で凌ぐも、
最後は、三角からの腕ひしぎ。
第3試合 特別試合 フェザー級 5分/3R
砂辺光久
(ハイブリッドレスリング武∞限)
vs
和知正仁×
(チームRoken)

(3R 判定2−1)
スタンドでは、ほぼ互角も、グラウンドは、やや和知が押す。
が、修斗あたりの同階級の攻防を見慣れた目には、
ちょっと物足りませんなあ。
気合で攻め続けた砂辺が、ホーム判定気味の勝利。
第4試合 特別試合 ライトヘビー級 5分/3R
渡辺大介
(パンクラスism)
vs
山本孝夫×
(禅道会)

(3R 判定2−0)
出鼻の30秒で、渡辺、打撃のラッシュ。
山本、よく凌いで、グラウンドでは圧倒するもアウェイ判定に泣く。
敵のリングに出る以上、こういう判定は、覚悟すべし。
応援してます、山本選手、がんばってください。
大介も、気弱な表情がすっかり消え、いいファイターになりました。
が、試合中に、アピールばかりしてたらダメだよお。
第5試合 特別試合 ミドル級 5分/3R
ネイサン・マーコート
(アメリカ/コロラド・スターズ)
vs
梁正基×
(スタンド)

(1R1分37秒 腕十字でレフェリーストップ)
さっぱりグラウンドのテクが上達しない梁、
それでも、身体能力だけで、何とか凌いでしまう。
さすがに伸びきった腕を見て、レフェリー、試合をストップする。
第6試合 特別試合 ライトヘビー級 5分/3R
×佐藤光芳
(パンクラスGRABAKA)
vs
KEI山宮
(パンクラスism)

(3R2分51秒 レフェリーストップ)
おお、これは!!!
山宮、レスリングのウマさを、久々に見せつける。
圧倒的にスタンドをコントロールして、
確実にポジションを取って、コツコツパンチ。
文句なしです。

休憩後、みのるリングにあがって、
新日で、健介とやります宣言。
勝ちますから応援してください云々も、
プロレスやります宣言とは言い切れず、
実に微妙なところですなあ。
と思っていたら
「いいや、あれはジョブ宣言です」とは品川談。
ちなみに、木村ケンゴが見に来てました。
セミファイナル 「NEO BLOOD TOURNAMENT」決勝 無差別級 5分/2R
×北岡悟
(パンクラスism)
vs
門馬秀貴
(A3)

(1R5秒 KO)
北岡、初の1本勝ちに続いて、初のKO負け。
いきなりの、ミルコ膝です。
見事だ北岡、キミのプロ根性は見せてもらった!!!
メインイベント 「初代ウェルター級王者トーナメント」決勝 5分/2R
×伊藤崇文
(パンクラスism)
vs
國奥麒樹真
(パンクラスism)

(1R4分59秒 腕十字)
ヌルくなかったです。
伊藤はポジションを圧倒的に制し、
これからという時に、一瞬の十字でした。

國奥、UFCでマット・ヒューズとやりたいと宣言、
うーん、マット・ヒューズの前に、
中尾受太郎あたりと決定戦をやるべきだと思うがなあ。
UFCには、國奥システムはないぞ。
昼の部に比べると、盛り上がりはイマイチ。
が、昼夜通して考えると、
素晴らしいパンクラスデーだったと言えるんじゃないでしょうか。

実原の祝勝会中なので、こんなところでー!
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ