速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年7月19日
■会場:後楽園ホール
■書き手:負井

7/19 修斗 後楽園ホール大会速報
開始時はやや空席が目に付いたものの、
最終的には9割からほぼ満員に近い入り。
最近の修斗としては、良く入ったほうでは?
第1試合 71.0kg契約 5分2R
富樫健一郎
(日本/パレストラ広島)
vs
ドゥドゥ・ギマラエス
(ブラジル/ワールド・ファイト・センター)

(2R 判定1−1)

テイクダウンを奪うも攻めきれないドゥドゥ選手と、
下から仕掛けていくも崩しきれない富樫選手
といった構図。
両者ともいい動きでしたが、ちょっと地味でしたか。
急なオファーも受け続ける富樫選手、
今回は結果が出ませんでしたが、
また頑張ってください。

余談ながら、ペケーニョの弟子のドゥドゥ選手が
ギロチンの体勢に入ると、それなりの認知があるのか
客席、結構沸いてました。
これで、メインで本家がギロチンに入ったら
どうなるんだろう?
とか思っていたのですが・・・
第2試合 フェザー級 5分2R
×高橋大児
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
塩沢正人
(日本/和術慧舟會)

(2R 判定0−3)

塩沢選手、いきなり高橋選手のタックルを
下からの腕ひしぎ腕固めで切り返して、
あわや秒殺か?
と言う植松選手を彷彿とさせる技の切れを見せる。
その後も、体勢をコントロールすると、
腹固めからのスリーパー狙い(門脇スペシャル)で
1Rを支配するが、これは極めきれず。
2Rも下からの抜群のコントロールで、
試合の主導権を渡さず、文句なしの判定勝ち。
自分はその動きに見入っていたのですが、
一般的には、あまり面白くなかったでしょうか?
第3試合 02年度新人王トーナメント バンタム級準決勝 5分2R
×生駒純司
(日本/直心会格闘技道場)
vs
阿部マサトシ
(日本/AACC)

(2R 判定0−2)

第二試合が終わると、南側客席は民族大移動。
そう、本日の『阿部祭り』の主役の一人
阿部弟の登場です。
コールと共に投げ入れられる、大量の赤い紙テープ。
サクラ無し(身内のみ)であの量は大したものですね
もちろんフジメグも投げてましたよ。

テープまみれの生駒選手、ただでさえ迫力のある顔に、
さらに怒りを漲らせて(ウソです)
開幕からパンチ・キックで、ズンズン前に出てきます。
これを阿部弟が差しから投げると、
場内(阿部軍団)大歓声。
サイドからベリーで腕を狙っていく阿部弟。
場内、さらに大歓声。
ところが、これを生駒選手が下からの十字で、
切り返す。がっちり極まりかけて、
場内、悲鳴と怒号の渦。
阿部弟、なんとか肘曲げて防御すると、
阿部軍団に対抗してか、生駒コールも巻き起こる!
ようやく阿部弟が腕を抜くと、
場内、ワケが判らないほどの大熱狂。

この後も、大歓声の中、
終始前に出続け、鋭い打撃を浴びせていく生駒選手。
これに対し、真っ向から打撃勝負を挑み、
豪快なテイクダウンを見せた阿部弟、という、
場内、盛り上がりっぱなしの、
素晴らしい好勝負が繰り広げられました。

しっかし阿部軍団、何人来てるんだ?
第4試合 02年度新人王トーナメント ウェルター級準決勝 5分2R
川尻達也
(日本/総合格闘技TOPS)
vs
椎木 努×
(日本/直心会格闘技道場)

(1R4分42秒 スリーパーホールド)

新人王を超越する男・川尻選手。
心なしか貫禄が出てきました。
プレッシャーかけて、力強くテイクダウンすると、
抜群のバランスでポジションをキープし、
バックをがっちり固めてのスリーパー。
完璧です。

椎木選手も一発目のタックルをきった動きは
かなり反応良かったんですけどね。
今日は相手が悪かったです。
さすがはうしさん選出の上半期MVP、強すぎです。
第5試合 ウェルター級 5分2R
朴 光哲
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
トニコ・ジュニオール×
(ブラジル/ワールド・ファイト・センター)

(1R4分50秒 TKO ※レフリーストップ)

いきなり凄い殴りあい。
ペケーニョの打撃の先生、トニコ選手、
シュートボクセ勢を彷彿とさせるラッシュでしたが、
グランドで朴選手にマウント取られてボコられ、
スタミナ切れも手伝ってフラフラに。
最後はコピロフみたくなっちゃいました。
休憩明けに、
6月期MVPの五味選手の挨拶がありました。
どうやら、9月の文体でのシャオリン戦か
UFCでの試合を望んでいるようです。
9月、五味vsシャオリン 三島vsバスケス
とかなら凄いんですけどね〜
第6試合 バンタム級 5分3R
×廣野剛康
(日本/和術慧舟會)
vs
久保山 誉
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)

(3R 判定0−3)

本日のワースト試合。
二人とも何をやりたかったのか、良くわかりません。
いやまあ、打撃で勝負とか、
上を取りたいとかなんでしょうけど、
あまりにも両者仕掛けなさすぎ、
同じ展開繰り返しすぎ、ではないかと。
廣野選手は追い込まれてこそ魅力がでる、
ような気もするんですけどね。
セミファイナル ライト級 5分3R
勝田哲夫
(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
vs
井上和浩
(日本/インプレス)

(3R 判定0−1)

両者ともライト級とは思えない凄い体。
特に井上選手のあの上半身はなんなんでしょう。
絶句モノです。
試合はレスリングとレスリング、
力と力のぶつかり合った好勝負。
戦前の予想通りといえば、予想通りの展開ですが、
お互いに積極的に攻めあい、
かつ緊迫感あふれる好勝負でした。
両者相譲らず、ドローも納得の内容かと。

そうそう、勝田身内応援団も、
阿部軍団に負けず劣らずの大歓声でした。
激励賞も多かったなぁ。
第8試合 ライト級 5分3R
×アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ
(ブラジル/ワールド・ファイト・センター)
vs
阿部弘幸
(日本/AACC)

(1R4分47秒 KO ※左フック)

阿部兄、衝撃のKO勝利!
誰もが、ペケーニョのギロチン葬を
予想していたであろうこの試合。
『阿部祭り』の主役が、見事なアップセットで
トリをとりました。

宇野・TK・港太郎・弟を引き連れた阿部兄、
キレのあるロー(特に左インロー)で、
ペケーニョを入れさせず、間合いを支配
1R残り30秒と言うところで、
阿部兄、飛び込んでの右から返しの左フックで
ペケーニョのあごを見事に打ち抜き、
ペケーニョが腰から崩れ落ちる、
完全な10カウントダウンを奪う。

この見事なKO劇には、阿部軍団だけでなく、場内が
割れんばかりの大歓声とスタンディングオベーションで
阿部兄を祝福(おそらく)。

試合後、ペケーニョの右足負傷が発覚するも、
文句なしの勝利と言っていいでしょう。
まあ、次も上手くいくかと言うと、
ちょっと難しいかもしれませんが。

KO直後は、さすがに呆然としていたペケーニョ。
完全無欠の王者のイメージは崩れてしまいましたが、
今回は不運な所もあったと思います。
(負傷箇所は野球ボール大に腫れていたとか)
また、すぐにでも日本で試合してください。
阿部軍団の大盛り上がりが、
良い方向に会場全体を暖め、
かなりいい雰囲気の中で好勝負連発の
素晴らしい興行でした。
やはり客席の熱さは重要だな、と再認識。

試合内容では、もう完全に復調ですね。
あとは、動員だけかなぁ。
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 負井



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ