速報版観戦記
■団体:G.C.M THE CONTENDERS-7 NEXT
■日時:2002年7月7日
■会場:横浜赤レンガ倉庫1号館
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/7 GCM THE CONTENDERS-7 NEXT 横浜赤レンガ倉庫1号館大会速報 17:00Start
やたらオシャレな会場だが、とにかく遠い!
が、開始前から会場の照明落し気味にして、
メチャククチャいい感じ。キャパは600位かな?
選手紹介のビデオは、全部ギャンブル関連で統一。
これがまたよく出来ている。

第1試合 コンテンダーズ 5分2ラウンド -65kg契約
今成正和
(チームRoken)
vs
所英男×
(POD)

(2R判定40−38)
この試合を、第1試合にしたの大正解。
睨みをきかすだけで、味ありまくりの足関十段と、
メモ8HPイメージファイターの所くん、
会場を沸かせまくり。
基本はガードに取った今成と、パスを狙う所という展開なのだが、
双方、トリッキーな技がある為、静から動に一瞬に流れる緊迫の展開に。
双方、キャッチとまでは、いかないまでも、やはり攻勢は今成。
所くん、勝つまでやれ!!!

第2試合 コンテンダーズ 5分2ラウンド -77kg契約
×北岡悟
(パンクラスism)
vs
小島弘之
(フリー)

(2R判定38−39)
この試合を2試合目にしたのは大正解。
いつもの北岡のいつものファイトでした。
おまけに負けてしまいました。
いい加減、プロとは何か、誰か教えてあげなさいよ、北岡に。

第3試合 コンテンダーズ 5分2ラウンド -68kg契約
小室宏二
(RJJ)
vs
矢野卓見×
(烏合会)

(1R1分12秒 袖車絞め)
上になって、ウマくハーフに入った小室に対し、
下からエリを使った絞めを狙うヤノタク!!!
が、それはやはり無謀でした。
袖車絞め、がっちり入り、何とヤノタク落ちてしいまいました。
ガッツポーツのコムロック、カッコよかった!!!

第4試合 コンテンダーズ 5分2ラウンド -70kg契約
門脇英基
(和術慧舟會東京本部)
vs
小谷直之×
(ロデオスタイル)

(2R2分33秒 チョーク)
スタンドレスリングで押しながら、
何回もフロントチョークを狙う小谷、押し気味に進めるも、
2Rに入って、やや息が上がり始めた小谷が、
下から三角を狙った瞬間、
門脇、一気にバックを取ってチョーク。

第5試合 コンテンダーズ 5分2ラウンド コンテンダーズ5分2ラウンド -90kg契約
KEI山宮
(パンクラスism)
vs
矢野倍達×
(RJW/Central)

(2R判定40−39)
驚愕! 私は見た、山宮の股割りパスガード(但し未遂)。
1Rはスタンドレスリング勝負を互角にこなした山宮、
2Rには上になると、芸術的なまでの股割りパスガード狙いも、
勿論、あえなく失敗。
判定はややお客さん判定だが、
ここまで出来たならOKなんじゃないか?
セミファイナル コンテンダーズ 5分2ラウンド -68kg契約
戸井田カツヤ
(和術慧舟會東京本部)
vs
桑原幸一×
(東京イエローマンズ)

(2R3分14秒 アンクルホールド)
前回に比べると、トイカツやや慎重で、
基本的にはパスガードを巡る攻防。
2R半ばまでは、やや桑原が押す展開。
勝負は一瞬のトイカツのアンクル狙いで決着。
桑原、師匠の奇人に風貌似てきたな。

メインイベント コンテンダーズDOUBLES 15分3本勝負
佐藤光芳
(パンクラスGRABAKA)
 佐々木有生
(パンクラスGRABAKA)
vs
宇野薫
(和術慧舟會東京本部)
光岡映二 
(RJW/central)

(15分+延長5分時間切れドロー)
グラバカ、極めなくちゃいかんだろー。
試合の焦点は、ちびっこコンビが、
クラバカをテイクダウン出来るどうかに絞られる。
本戦ラストには、佐々木が宇野の腕を延ばす直前まで行くも、
何とかタッチで凌ぐ。
例によっての、宇野の一生懸命さで作られた試合なんだが、
観客の理解度が異様に高い為、ドローでも暖かい雰囲気壊れず。

エンディングは、ギャングみたいなカッコした、
選手紹介ビデオの主役が登場し、
ジュラルミンケースを開けてカネをばら撒くと、
それが風に舞上って、とってもキレイという仕掛け。
ばら撒かれたお札、拾ってみたら、
コンテンダーズと印刷してありました。凄え。
というような、ビデオ等の演出も完璧にこなし、
「コンテンダーズ」というパッケージとしてみると、
完璧な完成度と言っていいのでは?
素晴らしい興行だと思います。
が、しかし、これでは千人が限界…。
これから、何をどう考えて展開させていくか、
知恵の絞りところだと思います。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ