速報版観戦記
■団体:SmackGirl
■日時:2002年7月6日
■会場:ディファ有明
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/6 SmackGirl 〜最強タッグトーナメント2002〜 ディファ有明大会速報 18:30Start
例によって定番の入り。505名との発表はほぼ実数かな。
最強タッグらしく全選手がタスキがけて入場、
サインボール投げまで(笑)。
さらに2、3人のキョーヘイコール(うち1人おれ)に乗って、
和田レフェリー入場!
あれれ、同じ和田でもリョーガクさんでした。

第1試合 Aブロック一回戦SGSタッグマッチ公式ルール5分2R
篠原光
(チーム南部)
 亜利弥'
(フリー)
vs
張替美佳×
(GF2)
金井広美 
(GF2)

(2R判定3−0)
篠原妙に神妙なファイト。
亜利弥の頑張り目立って、判定をモノにしました。

第2試合 Bブロック一回戦SGSタッグマッチ公式ルール5分2R
虎島尚子
(RJW CENTRAL)
 照井和瑛
(フリー)
vs
ナナチャンチン×
(チーム南部)
玉井敬子 
(三晴塾)

(2R判定3−0)
本日の、ナナちゃんビデオ、「ノーフィアー」のパロで「ノーフェイク」!
そのナナちゃんちんの出番は3度ほど。
つかまると速攻で、タマちゃんにタッチ。
タマちゃんどんなにがんばってもこれじゃ無理です。
ナナチャンチン、責任感じて号泣。

第3試合 Aブロック一回戦SGSタッグマッチ公式ルール5分2R
×高橋洋子
(三晴塾)
 渡邊久江
(PALM)
vs
石原美和子
(禅道会)
金子真理 
(禅道会)

(1R3分32秒 腕十字)
8月に対戦決まった、渡邉と金子のファーストコンタクトは新鮮!
やや金子が押すも、渡邉も気の強さで負けていない。
それぞれが、高橋と石原にタッチすると、場内沸きまくり。
な、なんと最初のグラウンド30秒ぎりぎりで、
十字で石原タップを奪う。我慢した高橋、腕痛めたか?

第4試合 Bブロック一回戦SGSタッグマッチ公式ルール5分2R
 藪下めぐみ
(Jd’)
×坂口一美
(GF2)
vs
中村珠美 
(禅道会)
片桐美紀
(禅道会)

(1R3分16秒 チョーク)
薮下、ビデオで「楽しくファイトします」とか言いながら、
中村相手に、いきなり勝ちに行って、ヤブらしさ全開。
ところが、坂口に代わると、禅道会チームの戦略勝ち。
自コーナーに坂口を監禁してタッチを許さず。
ナナチャンチンと同じく坂口も号泣となりました。

第5試合 Aブロック二回戦(準決勝) SGSタッグマッチ公式ルール5分2R
 篠原光
(チーム南部)
×亜利弥'
(フリー)
vs
石原美和子
(禅道会)
金子真理 
(禅道会)

(2R4分5秒 腕十字)
ワンツーのみで、尽くダウンを奪う石原、凄すぎます。
ここでも亜利弥、大健闘するも、
2Rラスト1分の声を聞いた石原、
狙いすました十字でエンド。

第6試合 Bブロック二回戦(準決勝) SGSタッグマッチ公式ルール5分2R
虎島尚子
(RJW CENTRAL)
 照井和瑛
(フリー)
vs
第4試合の勝者 
中村珠美 
(禅道会)
片桐美紀×
(禅道会)

(2R24秒 アームバー)
トラちゃん、グラウンドになると安定感、バツグン!
最後は、腕ひしぎ足固め。

セミファイナル SGG公式ルール54kg契約5分3R
×高橋エリ
(K−DOJO)
vs
Sayaka
(GIRLFIGHT AACC)

(3R判定0−3)
なんだよー、高橋エリ、つえーよー!!!
この日1番のサプライズ。サンボのツワモノ相手に、
互角のファイト。スタミナも切れずに、K−DOJO恐るべし!!!

メインイベント 決勝戦SGSタッグマッチ公式ルール5分3R
石原美和子
(禅道会)
 金子真理
(禅道会)
vs
第6試合の勝者 
虎島尚子×
(RJW CENTRAL)
照井和瑛 
(フリー)

(1R1分3秒KO)
この日、バツグンの動きを見せていた、トラちゃんも、
石原のワンツーのみで轟沈!!!
全員を泣かしてしまいました。

ハッキリ言って、期待していませんでした。
が、これがビックリ、面白かったです。
チームバウトであることが、責任感をそれぞれに与え、
それが素晴らしく作用していました。
スマックガールはいつでも、ノーフェイク!
大成功だと思います。
年間ベスト興行候補!!(仲間誉め)。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ