速報観戦記
■団体:AX
■日時:2002年6月26日
■会場:後楽園ホール
■書き手:負井

6/26 AX 後楽園ホール大会速報 18:30Start
第1試合 AXストライキングルール 2分3R
 ○藤城 生美
(クロスポイント)
vs
高橋 景子× 
(湘南格闘クラブ)

(3R 判定 3−0)

このレベルの選手で、ストライキング(要するにキック)
のルールにする意味があるのでしょうか?
手数と正確さに勝った藤城の判定勝ち
第2試合 AX公式ルール 5分2R 体重格差があるため、寝技30秒ルールを適用
 ○ドレイク森松
(フリー)
vs
加藤 悦子× 
(湘南格闘クラブ)

(2R2分58秒 逆片エビ固め)

若林番頭の指導の賜物で、すっかり総合仕様にモデルチェンジのドレイク。
お馴染みのアピールもやや虚しく。あの頃のオーラが懐かしい。
が、ラストはドレイクらしさの垣間見える、
十字を潰して抜いての逆片エビでフィニッシュ。
第3試合 AX公式ルール 5分2R 角田選手が初参戦のため、寝技30秒ルールを適用
 ×岡 裕美
(フリー)
vs
角田 紀子○ 
(フリー/元シュートボクシングチャンピオン)

(2R 判定 0−3)

元SBチャンピオン・角田、素晴らしかったです。
打撃はもちろん、首相撲が強力でテイクダウンも徐々に支配し、
寝技もそこそこ対応する(フロントチョークを取りかける場面も)

大道塾・岡も真っ向から打撃で対抗し、
角田のシャープで回転の速いパンチと、
岡の身体ごと飛び込む強烈なパンチの交錯する、ハイレベルな打撃戦に。
この試合を、ストライキングルールで見たかったなぁ。

試合後、勝者の角田選手がお子さんをリングに上げたのが良いシーンでした。
第4試合 AX公式ルール 5分2R 57kg契約(新ルール適用)
 ○エリカモントーヤ
(USA)
vs
桜井 亜矢× 
(米里倶人満)

(1R4分3秒 腕ひしぎ十字固め)

紫帯柔術家だったエリカモントーヤ。
可愛いです。かなり高レベルです。
試合は、紫帯に違わぬ実力で、マウントの三角から十字であっさりと。

元クラッシュJr.桜井、初参戦なのになんで30秒ルールじゃ・・・
売り出し対象外なのかぁ。
セミファイナル AX公式ルール 5分3R(新ルール適用)
 ○ジェットイズミ
(J-Network)
vs
ベッタ・ヨン× 
(USA)

(2R2分25秒 KO ※右ハイキック)

打撃も寝技もそこそこできるベッタちゃん。
が、キン肉マン・ジェットが超強烈な膝蹴りで追い込んでいき、
ラストは、ローからの右ハイを後頭部にズバリと。
女子総合では初めて見る鮮烈なKOでした。
メインイベント AX公式ルール 5分3R(新ルール適用)
 ×久保田 有希
(荒武者格闘塾)
vs
アンジェラ・レスタッド○ 
(USA)

(1R2分42秒 腕ひしぎ十字固め)

メイン登場で気合の入る久保田。セコンドにはストライプル早川が。
相手のアンジェラは垢抜けず、なんとなく頼りない感じの印象。
試合になっても久保田が寝技でやや上まわり、手堅く勝利かと思われたが、
一瞬のポジションの入れ替わりでバックを取ったアンジェラが
スリーパーから腕十字へと上手く移行して、番狂わせ(?)の一本勝ち。

ペースを掴みかけていた久保田。悔やんでも悔やみきれない様子でした。
観客は233人位か?(観戦記NET野鳥の会調べ)
ともかく人口密度が薄く観客の集中力が散漫で、
(日生球場の日ハムVSロッテ、もしくは藤井寺球場の近鉄VSロッテ並)
好勝負が多かったにもかかわらず、盛り上がらなかったのは、
何と言っていいものか・・・

明日もまた生きるぞ!(無理矢理)

report by 負井



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ