採用されたら良いなあ
■団体:YMB
■日時:2002年6月23日
■会場:奈良ACTセンター
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
PROFESSIONAL WRESTLING YMBプロモーション
「FIGHTING SUMMER’02」
6月23日(日)奈良・ACTセンター
PM4:30試合開始

今回はYMBに行って来ました。
このYMBと言うのは極一部のマニアの間で密かにブレイク(?)している団体(?)。
活き活き塾見に行った人ならエースのWOLFは知ってるでしょう。
奈良ローカルとはいえ夜9時からの番組で特集され、関西テレビのニュースクルーも取材し、
すでに地上波には進出済み。
その主戦場は近鉄あやめ池駅に程近いこのACTセンター。
どうも普段はシャンソン教室や社交ダンス、子供の英会話教室なんかをやってる建物みたい。
そこに集まった客層は普段ここを利用する人たちとかなり違うのでしょう。
通りがかる近所の人たちの怪訝な視線が…
中に入ると、そこはかなり狭くリングを設営するスペースもないので、ブルーシートが替わりに敷いてあります。
そこでは格闘系の選手JET嶋村と山本康二が熱いスパーリング中。
以前に見た時は新聞で覆ってあったシンクも解放され便利そうです。
売店スペースには6月9日、引退したオオタクドリームの遺影らしきものが。
他には第1試合に出るX選手の新しいリングネームを公募していたり。
など色々見てるとリング…でなくブルーシート上の二人を襲うマスクマン。
金属製の輪っか(?)を効果的に使い苦しめるが嶋村が腕十字で返り討ちに。
WOLFによると第0余興だそうです。

第1試合 エキシビションマッチ10分間
X vs スーパー・ドラゴン
10分間のエキシビジョンなのにスーパー・ドラゴンがもたなくなって途中でお終い。
ちなみにリングネーム公募中のX選手は素顔です(でもX)。

第総合学科試合 奈良県立山辺分高校1本勝負
大田区ドリーム’99 vs アウストラロピテクス
大田区ドリーム’99は引退したオオタクドリーム選手とは別人なのか。
レフェリーがなぜかバテバテだったり、試合中にお客さんが来たので応対したり、毛虫攻撃されたり。
大田区ドリーム’99が勝ったのかな?

第3試合 30分1本勝負
YMBマシン vs グリーン・ボーイ ※デビュー戦
この試合は結構盛り上がった。
場外乱闘でお客さんが普通に巻き込まれている気がするがそんな事を気にする人はいない。
巻き込まれてると言うか攻撃されてると言うか…
ギブしようがカウント入ろうがお客さんの「ツー」で続行し続ける。
YMBマシンのお客さんを踏み台にしたムーンサルトがレフェリーに決まって終了。
あ、YMBマシンと言っても恰好は死亡遊戯の白覆面で。

第4試合 30分1本勝負
山本康二 vs TOM
ハードヒッティングで始まるものの最後はあっさりめ。
猫のTOMが負けました。

10分からいそかわ時間の休憩。
…いそかわって言うスーパーが近所にあるんですよ。

第5試合 ランバージャックデスマッチ(時間無制限1本勝負)
WOLF vs 天害ショウコウ
さてメインに登場の天害ショウコウ、世界に10億人の信者を持ち、奈良を支配する事を最終目標にしている
悪の宗教団体の教祖。
過去に登場した中でも最大の強敵。「クククハハハアーハッハハー」。(対戦カードより)
YMBはいつも場外乱闘が屋外まで行くのが恒例で、前回(3/10)はあやめ池遊園地まで行ったのですが、
クレームが結構来ていると言う事でのランバージャック。
でも止める人間が一人しかいないので当然外に…クレームの一番多そうな2F(会場は1F)へ向かおうとしたり、
一瞬、敷地外に飛び出しかけたり冒険するが…戻る、しょうがないか。
最後はゴミ袋を持ち出し、マジゴミの散乱する凄惨な闘いに。
今日もWOLFは奈良の平和を守りました。

試合後のジャンケン大会(ただリングネーム考えた人の為の豪華商品が余った)と言い、
お客さんの要望で試合展開が変化したりと観客参加型プロレスここに極まれり。
次回大会は9月に予定しているそうです。

X選手の新リングネームは今回のお客さんの考えたやつは採用されませんでした。
掲示板などで公募するそうです。
ちなみに公式HP(http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ymbpro1)に掲示板はありません。

某国営放送が取材に来てました。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ