速報観戦記
■団体:PRIDE21
■日時:2002年6月23日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

6/23 PRIDE21 さいたまスーパーアリーナ大会速報 16:00Start

1昨年のGP1回戦以来の生観戦となったPRIDE21。ついに修斗、パンクラス、リングスの現役王者揃い踏みとなってしまったが、観客の入りは30分前は惨澹たるものだったが、試合開始時にはほぼ満員。開始前のセレモニーのダル長さが定着しちゃったのかな?
第1試合
×田村潔司
(日本/U‐FILE CAMP )
vs
ボブ・サップ
(アメリカ/モーリス・スミス・キックボクシングセンター)

(1R0分11秒 右フック → KO)

田村がバックを取ってのチョークで勝利という結末を予想していたのだが、チョコンチョコンと当たったサップのパンチで田村が倒れてしまい、追い討ちのパンチに島田レフがストップしPRIDE最短タイムタイ(ヤマノリ)である11秒でのTKO負け。サップのセコンドにはジョシュがTKのTシャツ着て付いていたが、サップはチーム・アライアンス入りなのか?
第2試合
ゲーリー・グッドリッジ
(トリニダード・トバコ/フリー )
vs
ラバザノフ・アフメッド×
(ロシア/ロシアン・トップチーム )

(3R 判定 2−1)

ハンの曲を使っての入場にはシビれたが試合はダルダルで正直見てられなかった。とにかくロシア勢はクロスガードの攻防やパスガード等のNHBのベーシックを全く理解していないように思う。何故か2−1のスプリットでGGの勝ち。つまらん。
第3試合
アンデウソン・シウバ
(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー )
vs
アレックス・スティーブリング×
(アメリカ/I.F.アカデミー)

(1R 1分23秒 左ハイキック → ドクターストップ)

現役修斗王者のシウバ・マシン3号の(本人)待望のPRIDE初登場。もうギャラが高くて修斗は呼べなくなるな。マッハに勝った試合が膠着っぽかったので、この試合もそうなるのかと心配したが、ウェートの差をモノともせずリーチ差を有効に使い、カウンターの左ハイでアレックスの右まぶたをカットしてTKO勝ち。シュート・ボクセは冷えた会場を温めるのに非常に有効だなぁ。
第4試合
×ギルバート・アイブル
(オランダ/ゴールデン・グローリー)
vs
ジェレミー・ホーン
(アメリカ/ミレティッチ・マーシャルアーツ・センター)

(3R 判定 0−3)

迷走ハリケーンとPVで呼ばれたアイブルは巨大なイエロー・カード持参での入場。コイツ全然懲りてないなー、と思ったら試合内容も同じく進歩なく、立ったと思ったら寝かされ全く何もできずにただ時間が過ぎるのを待つだけ・・・という試合が3Rまで続きダルダルの判定決着。もうアイブルは寝技できない人とだけマッチアップさせて欲しい。
第5試合
×ヘンゾ・グレイシー
(ブラジル/ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)
vs
大山峻護
(日本/フリー)

(R分秒 0−3)

期待の日本人だからVIP待遇の復帰戦となった大山。当たらない距離でのバックスピンキックや裏拳でも会場は沸き、お互いに決め手のないまま3R終了。てっきり延長かと思ったら3−0で大山勝利。続きを見たいとは思わないが、それもどうかなぁ〜と複雑な気分になってしまった。
これで大山もグレイシー・ハンターの肩書きを身に付けた事になるのだろうか?
第6試合
ダニエル・グレイシー
(ブラジル/ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)
vs
杉浦貴×
(日本/プロレスリングNOAH)

(3R 判定 2−1)

1R前半に杉浦のパンチが当たり、アマレス風のめくりなど「オォッ!」と唸らせるシーンもあるにはあったが、全体的には攻め切れずに杉浦の判定負け。自分が付けても29対28くらいでダニエルかな?
柔術やってるせいかヘンゾと大山だとヘンゾ応援だが、杉浦とダニエルでは杉浦応援であった。つくづくプロレスファンである。
セミファイナル
×セーム・シュルト
(オランダ/ゴールデン・グローリー)
vs
エメリヤエンコ・ヒョードル
(ロシア/ロシアン・トップチーム)

(3R 判定 0−3)

パンクラスとリングスの現役王者同士の対決という大一番の割には観客からの反応は悲しいくらい低く、試合中も余り大きな動きがないため、ブーイングまではいかないもののテンションは最後まで上がらなかった。
途中飽き飽きしたらしいブラジル軍団が唯一知っているロシア語である「ピロシキー!」と叫んでいたが、とにかくこのブラジル軍団、大きく反応するところが周囲と全く違うためギャグなのかどうかもわからなかった。
結果は判定で文句ナシの3−0だったが、ラウンド開始直後のテイクダウンは全て1回で決め「この試合負けはないな」とすぐ確信したものの期待した激勝っぷりはなく「世界最強の男はリングスが決める」とまでは行かなかった。ただ身体能力の凄まじさはともかく、クロスガードの攻防に対する知識のなさは露呈してしまいノゲイラとの対戦には不安を残した。
メインイベント
ドン・フライ
(米国)
vs
高山善廣×
(日本/フリー)

(1R6分02秒 レフェリーストップ)

「男気」対「男気」のプライド男塾対決と銘打たれたこの試合は、いきなりお互い頭を左手で掴んで、残った右手で顔面を殴り合うというマンガのようなシーンから始まった。とにかくそのやられっぷりの良さがPRIDE側にメチャクチャ評価されている高山だが、今回リンパン王者対決をセミに追いやった事は結局正解だったという事のようだ。もちろん高山のKO負けとはなったが、再登場は遠くない事を知らしめるグッド・ジョブ。
帰路に付く人が口々に「高山に救われた興行」のように語っていたが、もしコールマンがそのまま出てきたらどうなった事だろう。会場人気の高さ等の要因から今後も色々な団体に顔を出しそうなフライだが、今後はプロレスで知名度を上げて、PRIDE逆上陸みたいなパターンが出てくるような気がする。まぁ手近なところでジョシュ・バーネットとか。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by タカハシ



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ