速報版観戦記
■団体:DEEP2001
■日時:2002年6月9日
■会場:デイファ有明
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

6/9 DEEP2001 5th IMPACT in DIFFER ARIAKE ディファ有明大会速報 15:00Start

フューチャーファイト1
荒牧拓
(P's LAB横浜)
vs
宮川博孝 ×
(チームアライアンスGスクエア)

(1R3分36秒 腕十字)
パンクラスのP'sの荒牧慎重な攻めと相手に隙を突いての十字
TK率いるGスクエアの宮川の腕伸び切ってしまうもレフェリー止めず
タオル投入で決着 危なかった
フューチャーファイト2
築城実
(P's LAB東京)
vs
出見世雅之
(RJW/CENTRAL)

(2R判定なし ドロー )
フューチャーファイトらしい膠着してつまらない試合
展開も少なく プロとアマの違いが明確に
プロならリスク背負ってでも動いてほしかった
今後の両者の戦いにも期待
第1試合 初代ミドル級1DAYトーナメント 一回戦
村浜天晴
(ワイルドフェニックス)
vs
星野勇二×
(RJW/CENTRAL )

(2R1分23秒 洗濯バサミで失神レフェリーストップ)
劣勢にたたされていた 村浜起死回生の逆転技は
なんと 矢野直伝の 洗濯バサミだったとは驚き
星野完全に落ちました すばらしい番狂わせ
第2試合 初代ミドル級1DAYトーナメント 一回戦
×梁 正基
(スタンド)
vs
上山龍紀
(U−FILE CAMP)

(2R判定 2−1 )
梁は一発一発の打撃は威力あったが、スタミナがない
上山との差は練習量以外ない
打撃(ロー)積極的に出した 上山の優勢勝ち
第3試合 初代ミドル級1DAYトーナメント 一回戦
久松勇二
(TIGER PLACE)
vs
窪田幸生
(パンクラスism)

(1R1分33秒 ノーコンテスト後ほど再開)
久松の左のミドルが窪田の金的にジャストミート
その上うずくまってる窪田に頭にサッカーボールキックまで浴びせる久松
いくらW杯中だからって・・・・・・えげつない・・・・・
のたうちまわる窪田かわいそうの一言
久松にレッドカード(マイナス2ポイント)出され
窪田闘えないので、一度下がって再戦とのアナウンス
今日の大荒れを予感させた・・・あとにあんなことが起こるとは・・・
第4試合 初代ミドル級1DAYトーナメント 一回戦
石川英司
(パンクラスGRABAKA)
vs
長南亮×
(U−FILE CAMP)

(2R判定2−1 )
終始ポジショニングで圧倒した石川が勝利
しかし長南もいい打撃で健闘した今後に期待
長南の下からのオモプラッタは目を見張った
(偶然かも知らんが・・・)
第5試合 特別試合
伊藤崇文
(パンクラスism)
vs
日高郁人×
(フリー)

(2R1分54秒 チョーク)
出場するだけで偉い日高
セコンドには 野良犬と平
伊藤の実力が凌駕して最後はチョーク決まったが
また10年後にやりたいと言う伊藤マイク。 10年先に残ってるのは
日高のほうだろ・・・・(笑)
先ほどの第3試合 初代ミドル級1DAYトーナメント 一回戦 1R1分34秒から再開
×久松勇二
(TIGER PLACE)
vs
窪田幸生
(パンクラスism)

(2R判定3−0久松に金的蹴り・グラウンド顔面蹴でレッドカード −2P)
試合自体は完全に久松ペースではあったが
反則の蹴り2発のレッドカードが響いて
三者とも窪田への3−0判定で久松の負け
第6試合 初代ミドル級1DAYトーナメント 準決勝
上山龍紀
(U−FILE CAMP)  
vs
×村浜天晴
(ワイルドフェニックス)


(本戦1−0判定でドロー EXTRAR1分44秒チョーク )
殊勲の「芸人魂」村浜体重差をもろともせず、攻める攻める
しかし、スタミナが途中で切れ、今日は冒険せず勝ちにきた
上山が無理しないで抑え込みを繰り出し
本戦は勝敗つかず
エクストラで精根尽きた村浜 痛恨のチョークを浴び無念のタップ
でもその気迫は伝わった
第8試合 特別試合
דランバー”ソムデート吉沢
(M16ジム)
vs
ダレン・ウエノヤマ
(ハウフ・グレイシー柔術アカデミー)

(3R判定3−0 )
ランバーのグラウンド対応能力のあまりのアップに驚く
グレーシーの弟子相手にこれほどまで善戦するとは・・・
がぶりが出来たら・・・・末恐ろしい
ダレンもランバーの打撃を充分勉強していて
一気に間合いをつめテイクダウンしてグラウンドで殴る
かなり強い選手であることは間違いない
覚えておきましょうこの選手
この試合後回しとなった第7試合 初代ミドル級1DAYトーナメント 準決勝
×石川英司
vs
窪田幸生

(3R判定3−0 石川に金的蹴りのレッドカードでー2P )
今日は窪田の天中殺でした
またもや石川に金的蹴りを食らい凄まじい悶絶
もう続行不可能化と思われたが アドレナリンでやりますと意思表示
やめればいいのに・・いややめさせないとダメだ
尾崎社長@勝訴 まで出てきているが大岡裁き
(窪田にやめろと言うことすらしない)
本人の意思で再開されたが見ちゃいられず
判定は1・2Rとも石川でー2で引き分けでエクストラかと思われたが
信じられない判定で窪田の勝ちとなってしまい 金玉勝ち
今日は災難でした勝ってもちっともうれしそうじゃない>窪田
セミファイナル 特別試合
×和田良覚
(リングス・ジャパン)
vs
MAX宮沢
(荒武者 総合格闘術)

(1R3分23秒 KO)
この前のKO勝利で調子に乗った和田さん@Uインターが
再びDEEPのリングに
相手はニーハオ。でも今日はそんなにうまくは行かなかった
序盤のみ良かったが
右のフックを食らい、倒れそうになった和田
連打が出来ないので(和田)返しの右フック再度くらい
KOでレフェリーストップ  もうやめたほうがいいです
プロレス転向を進めます。
メインイベント 初代ミドル級1DAYトーナメント 決勝戦
上山龍紀
vs
石川英司(窪田棄権)×

(2R48秒 アンクルホールド)
案の定、窪田は闘えず。代わりに石川が代打
これでなんか白けた決勝に
負けるわけに行かない 上山 ノーギャンブルで
逃げ切りを図る
前の試合で負けた石川がモチベーションあがるわけはなし
やっぱしアンクル取られ(石川の身体半分上が出でてたのに
ドントムーブないので止めず)石川ギブアップ
なんともしまりのない結末

喜んだのはリンヲタ位か・・・・

上山「めちゃめちゃ疲れました。一回一回確実に勝ってきました
   これからも田村潔・上山龍紀そしてUFILEを応援よろしく」
総括
金的に翻弄されてしまった
あんなにダメージある選手が、勝ち残っても何の意味のないことを
察知して対応したほうが良かったような気がする>主催者
とにかく窪田のキンタマが心配
和田さんももうでないほうがいいと思う。打撃対応できてないし
いまさらやらなくてもいいような気もする
7割〜8割の入りで健闘したと思うが
ZEPP TOKYOの小島興行での宇野君を見たかったなぁ
と言うのが正直なところ。W杯の観戦時間には
かろうじて間に合ってよかったですね佐伯さん

次回は9月に大田区体育館らしいです>DEEP
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ