速報観戦記
■団体:全日本
■日時:2002年6月9日
■会場:ZeppTokyo
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

6/9 全日本 BAPE STA! PROWRESTLING ZeppTokyo大会速報
第1試合 トリプルスレット・マッチ
保坂秀樹
vs
土方隆司 
vs
宮本和志×

(7分52秒 逆さ押さえ込み)
愚傾推定で7:3でAPEファンの会場に合わせたのか、いつもよりもコミカルな味付けでのこの試合。会場の小ささも計算に入れてセリフでも笑いを取るようにしたのはなかなか。最後は保坂が逆さ抑え込みに捉えた宮本を横取りするかのように土方がジャックナイフに入るが、レフェリーは保坂の手を上げるというフィニッシュ。ちょっと判りにくいです。
第2試合
 奥村茂雄
×本間朋晃
vs
荒谷信孝
平井伸和 

(20分07秒 ムーンサルトプレス → 片エビ固め)
バルコニーから見ても本間の背中は他の選手とは全く違うのがよく分かる。試合はアジアタッグのニオイがプンプンする・・・と言えばお分かりか?荒谷のムーンサルトも強烈だったが、肩車された相手への本間のバフ・ブロックバスターは仕掛けた本間が一番のダメージだったような・・・。
第3試合
長井満也
vs
×

(3分41秒 ヒザ十字固め)
ちょっと下を見ているうちに圧倒的に攻めていたはずの嵐がタップ。いきり立ってる長井を見て、凄いシーンを見逃したのかと思ったけど、そうでもなかったようで。まぁWARとAPEの奇跡のコラボを見られただけでヨシとするか。
セミファイナル
 ケンドー・カシン
×宇野薫
vs
カズ・ハヤシ 
ミスター・プロブレム

(9分04秒 腕ひしぎ逆十字固め)
一昨年の猪木祭りでプロレスはもうやらないはずだった宇野の登場は、何故かカシンと一緒に登場して判明という、もったいないにも程がある演出でちょっとガッカリ。対するハヤシもカシンの曲で登場と「手違いか?」と思ったら、なんとカシン・ルックでミスター・プロブレムなるマスクマン(with渕)との登場。多分正体は松井だと思うが、その答えはAPEが高田道場とのコラボTを近々発売するかでわかるだろう。 // 試合は宇野ちんがローリング・ソバットはおろか雪崩式フランケンまで披露と、これっきりでない事を願いたくなる面白さ。21世紀の多団体男は君だ!
メインイベント タッグマッチ 60分1本勝負
 小島聡
THE APEMAN
vs
安生洋二 
愚乱・浪花×

(15分43秒 雪崩式スイングネックブリーカー → 片エビ固め)
キャラが定まっていないAPEMAN(Rが付いたらエライ事になる)と浪花の絡みは退屈そのもので、試合全体がダルダルとなってしまったのは残念。当然小島がフィニッシュを取るかと思っていたが、ヤン・タイムは自爆しながらも雪崩式ネックブリーカーという新しいんだか古いんだかわからない技でAPEMANが3カウントを奪う。なかなか動きの良かったAPEMANは武道館のファン投票の対象に入っているのだろうか?
宇野が登場した事によりコジ興行ではなく、本当にAPE興行である事がハッキリしたが、つまりはメリットがあると判断し、信用できる相手ならば外部プロデューサーを入れる興行もやぶさかではない、という姿勢の表明なのだろうか?コジ興行として見に行った(APEとか言われても、よく知らないしィ〜)がそういう事情で、小島のカラー等全く分からなかったのはちょっと残念。興行としては1時間半ちょいで中休みナシというのは面白い実験だったと思う。Tシャツもバカ売れしたみたいだし、元子さんが怒らない程度にマーチャンダイスのデザインに協力してあげて欲しいところだ。
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by タカハシ



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ