速報観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2002年5月28日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

5/28 PANCRASE 後楽園ホール大会速報 18:30Start
今日も満員です すごいねグラバカ様様ですね
パンクラスゲート フェザー級戦/5分2R
×カツオ
(ロデオ・スタイル)
vs
大場裕司
(P'sLAB東京)

(1R3分58秒 アンクルホールド)
18:00に後楽園にはいけましぇん
パンクラスゲート ライト級戦/5分2R
富山浩宇
(P'sLAB横浜)
vs
西野聡
(和術慧舟會東京本部)

(2R 判定なしドロー)
これもスイマセン 見てません
第1試合 ヘビー級戦/5分2R
ジェイソン・ゴドシー
(アメリカ/I.F.アカデミー)
vs
多田尾秀樹×
(RJW/CENTRAL)

(1R1分37秒 チョークスリーパー)
元チームルミナの多田尾密かに応援してたのに・・・・
全くいいところなし 倒されパスされマウント乗られ
殴られ バックとられ万事休す
修斗の竹内セコンドについてましたよ どーするんですか?(笑)
第2試合 パンクラス初代ウェルター級王者決定トーナメント 1回戦第2試合/5分2R
長岡弘樹
(ロデオ・スタイル)
vs
太田洋平×
(A3)

(2R 判定3−0)
アグレッシブさがにじみ出てる長岡と全く出てない大田の対決
再三の長岡の攻めに大田は、パンチのみで応戦で
大田に勝機は全くなかったといってもいいくらいの 長岡完勝
「勝ちたい」という気迫を見せてほしかった
第3試合 パンクラス初代ウェルター級王者決定トーナメント 1回戦第3試合/5分2R
大石幸史
(パンクラスism)
vs
割田佳充×
(チームPOD)

(2R 判定2−0)
今回のトーナメントにおいて ダークホースとなり
トーナメントをかき回さなくちゃいけない役である 大石
リスクを負わない戦い方(パスガード知らないんじゃないかと思われ)
は (与えられた)期待に応えてない事に腹立たしさすら覚えた。
割田のディフェンスのうまさをほめるべきか?
いや 一本取れるマッチメイクは本人承知の上だろう
次回に期待します
第4試合 パンクラス初代ウェルター級王者決定トーナメント 1回戦第4試合/5分2R
國奥麒樹真
(パンクラスism)
vs
岩崎英明×
(ストライプル)

(2R 判定3−0)
国奥余裕綽々の試合運びで今日は安心してみていられた
国奥のためのトーナメントということを よく理解してるといっていいのでは?
外野は一本とってほしいと思っているだろうが
あれだけの実力差を見せつけてくれたなら 今回のみOKです
国奥の初めていい試合を見たような気がする
場数踏んでる余裕のなせる業だな
第5試合 ライト級戦/5分3R
×佐藤堅一
(士道館ジム)
vs
矢野卓見
(烏合会)

(2R55秒 三角絞め)
矢野のこの試合のあまりにも大きいリスクを克服しての
勝利に感服
打撃の怖さをよく克服し 間合いを積極的に詰め
フィニッシュは、パンチもらいながらも
引き込んでの三角締めがっちり極まり アニイ佐藤痛恨のタップ
田中塾パンチ田中健一のセコンドもむなしく 再度登場を望む
添野Jrもリングサイドにて観戦。サムライにも生かしてほしいです
セミファイナル ライトヘビー級戦/5分3R
佐々木有生
(パンクラスGRABAKA)
vs
ジョン・グローバー×
(アメリカ/I.F.アカデミー)

(2R1分19秒 腕十字)
ジョンは打撃がめちゃ下手 至近距離でハイキック打ちすぎ
ポジショニングの概念も無いようで 佐々木に良いように
パスされ マウントも進呈
最後はそこから十字の お決まりのコース
メインイベント ライトヘビー級戦/5分3R
×美濃輪育久
(パンクラスism)
vs
佐藤光芳
(パンクラスGRABAKA)

(3R 判定0−2)
うむ・・・・・ 考えてしまった・・・・
とにかく美濃輪の弱点をセコンドのグラバカ勢全員が
わかっていて 美濃輪完封負け
疲れもあるだろうが (3ヶ月休養とのこと)なすすべなし
ポジション取られまくって 美濃輪もポジション無視
作戦も全く裏目に出て 何もさせてもらえず
まあ 基本的なポジショニング技術覚えてその上での
変則戦法をやるならわかるが、技術のなさはどーにもならない
怒り通り越して 情けなかった
技術導入はパンクラスイズムに取り 急務であろう

誰か教える人いないのか?? それとも高橋たちはこの状態を
試練であるとし 突き放しているのか?
グラバカの 美濃輪研究振りを見て悔しくないのだろうか?
密着されて何も出来ない 美濃輪に誰か愛の手を・・・・・
総括

後味(メイン)が悪かったので あまりコメントはない
イズム選手は 完全降伏して菊田に一から教わっても良いんじゃないか?
とまで考えてしまった
その位 今のイズムの選手は 未来が見えない
近藤がナチュラル 何も考えてないパワーで勝つ意外 何もないのではないか
こうなりゃ 横浜高校つながりで 何とかしてやってくれぇ(笑)
パンクラス入団できなかったのを 教えることで恩返しだぁ・・・・してるかもう・・・
当分PRIDEも出そうにないし 完全制圧してしまったグラバカの
進む先は 外人や他団体しかないであろう
プロのパンクラスの世界に アマチュア精神持ち込んだグラバカ勢
対立概念が形骸化した今後どうプロの良さを出していくんだろう??


疲れ気味で (笑)の少ない速報で ごめんね ごめんね ごめんね

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ