速報版観戦記
■団体:ORG-the 2nd
■日時:2002年5月12日
■会場:板橋産文ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

5/12 ORG-the 2nd 「COSTUME COMPETITION」 板橋産文ホール 16:30Start
いやあ、ここに来るのは、埼玉プロレス以来だなあ。
オシャレなイメージのORGが、どうなることかと思いしや、
場末の公会堂の雰囲気と意外や意外、ぴったりマッチし悪くない。
第1試合 WK/Network vs. U-File Camp 対抗戦 先鋒戦 -65kg契約
村田卓実
(A-3)
vs
小林悟郎
(U-FILE CAMP)

(2R 判定39−39)
グラウンド技術に勝る村田だが、
スタミナなくしてヘロヘロになってしまい、
惜しくもドロー。

第2試合 WK/Network vs. U-File Camp 対抗戦 次鋒戦 -70kg契約
西野 聡
(慧舟會東京本部)
vs
小武悠希×
(U-FILE CAMP)

(2R 判定40−39)
小武、明らかにスタンド打撃で打ち勝つのに、
西野のグラウンドに付き合ってしまい、下から狙われる。
作戦ミスだと思うが…。

第3試合 WK/Network vs. U-File Camp 対抗戦 中堅戦 -75kg契約
平山貴一
(慧舟會千葉支部)
vs
磯崎則理×
(U-FILE CAMP)

(2R 判定40−37)
得意の柔道殺法で投げまくる平山だが、決め手には欠ける。
デビューのデルーシア戦で、凄い奴が出てきたなと思わせてくれた平山だが、
どうも、そのあと突き抜けきれないですなー。
可愛い顔と正反対の豪快さがいい感じなので、
応援してるので、がんばって欲しいです。

第4試合 WK/Network vs. U-File Camp 対抗戦 副将戦 -73kg契約
飯田崇人
(A-3)
vs
西内太志郎×
(U-FILE CAMP)

(2R 判定40−39)
下からエリ掴んで、オープンに取って、コツコツ殴る飯田が、
僅差判定をモノにする。本日はこのパータン多し。

第5試合 WK/Network vs. U-File Camp 対抗戦 大将戦 -83kg契約
門馬秀貴
(A-3)
vs
松田英久×
(U-FILE CAMP)

(1R 2分35秒三角絞め)
あっさりテイクダウンを取った松田だが、
門馬、下からも結構ウマく(意外!)、下から三角で。

第6試合 ワンマッチ -97kg契約

休憩後、門脇とトイカツが出てきて、プロレスやりながら、
ルール説明。これが1番面白かったという説も…。

内藤征弥
(A-3)
vs
小沢強×
(禅道会)

(1R4分17秒 タオル投入)
セコンドに百瀬がついた小沢、柔道上がりかな?
キレイに投げて上になるも、下から三角の体勢に捕らえた内藤、
絞めきれないも、コツコツパンチをあてまくり、
小沢、鼻血ブーで、顔面血塗れになり、まるで赤鬼のよう。
最後は百瀬がタオル投入。

セミファイナル ワンマッチ -60kg契約
実原隆浩
(Team品川)
vs
晝間貴雅
(ストライプル)

(2R 判定39−39 1R晝間選手に膝蹴り金的の反則減点アリ )
実原、打撃かいくぐって、組み付いて、テイクダウンに成功するも、
晝間のエリ取ってのオープン+下からのコツコツ打撃を、さばけず。
勝ったとは言わないが、負けにされるほどではないと思うんだが、
文句は言うまい(言ってる言ってる)。
飯田vs西内とソックリの展開。
(5・13主催者より 1R減点分採点に反映されていなかったとの事 ドローに訂正)

メインイベント ワンマッチ -85kg契約
久松勇二
(TigerPlace)
vs
鶴巻伸洋×
(フリー)

(2R 判定40−35)
あっさり上を取る久松先生が、
丁寧にパスして、コツコツ打撃を当てて圧倒。
ギを生かしたオープンを取れるか、抱きつくしかないかが、
このルールのポイントか…。

下から袖掴んでオープンに構えて膠着という展開多し。
「あそこから先を見たいんだがなー」とは、うしさん談。
まったくその通りだと思います。
実原がそれでやられたからじゃないぞ(笑)。
現在、ションボリと、残念会中です。
ゴルァ実原、次は勝てよ!!!

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ