NKの旗揚げ興行は意外と美味しい!
■団体:プレミアム・チャレンジ
■日時:2002年5月6日
■会場:東京ベイNKホール
■書き手:太郎

4時開演ギリギリで会場入り。
しかしギリギリなのは客の入りだった(客)
もうガランガラーンなんだなコレが。
でも第一回バリジャパ(ヒクソン初来日)も同じNKで
こんな感じだったかなぁ。と新参興行に密かにエールを送る。

さて、実はこの興行のコンセプトには最初から否定的だった俺。
だって今時、“対立概念”の無い総合大会なんてさー。
グレイシーやらK−1やらGRABAKAやら、何かと対抗戦
がウける日本の現状をリサーチしてんのか!?と本気で抗議
しようかと思ったよ。誰が好き好んで“前座試合”に金払って
観にくるんだ。オレらは強豪が強敵と戦うのが観たいんだ!
今日はハッキリ言って近藤観たさに来たね。あとは期待してません。

そして試合開始。。。しかし、先程からの思いは杞憂に終わった。
おいおい、面白れえじゃねえかPREMIUN!(拍手)

×小池秀信 対 野沢洋之 ○
小池がGRABAKA勢をセコンドに付けて入場。しかし「眉毛一つ
動かさずに殴り続ける男」のキャッチフレーズ通りに上からパンチ連打
でレフェリーが止めました。もっと観たかったな。

×出口直樹 対 渡邊将広○

渡辺の打撃センスが勝った。判定勝ち

○佐々木恭介 対 森素道×

俺は紹介ビデオで見抜いた。森は打撃がショボい!(笑)
予想とおり佐々木の判定勝ち。

×加藤泰貴 対 割田佳充○

加藤の打撃やバランスの良さには驚き。プロデビュー戦とは思えない。
流石、ロデオスタイル代表!しかし試合終了間際の割田のストレートに
ダウンし判定負け。でも加藤はまた観たい!

×港太郎 対 熊谷真尚○
(禅道会)

熊谷やりすぎ(笑)港の総合進出も簡単ではない。
港が中腰状態のとき顔面に蹴りを入れる熊谷。圧倒してました。
熊谷の「絞め殺し道場長」のキャッチフレーズにシビれた。

○芹沢健一 対 佐藤伸哉×

「こんにゃく男」の佐藤(笑)いい攻めしてたと思うが芹沢の
レスリングとグランドパンチの餌食に。最後はタオル投入。
でも後ろの席のお姉さんには「かわいい〜」とプチブレイク。

○今成正和 対 岩間徳三郎×

「足関十段」に初遭遇、そして驚嘆!
今成ワールド全開でヒットマン岩間を足関節で決める!
まるで板垣漫画の登場人物のようだ!
こN男にはメジャーになってほしい。ムキムキふくらはぎを見ろ!

○今泉堅太郎 対 ラサール☆おさみ×

正統派と亜流の戦い。ラサールは粘りがあり実際戦うと相当ヤな相手
だと思う。正統派が僅差の判定勝ち。

×矢野卓見 対 所英男○

やはりキャラではヤノタクの勝ち。今日は気合入ってたね。見せ場も
多くて好試合だった。再戦で所がリベンジを果たす。

○クリストファー・ヘイズマン 対 小澤幸康×

小澤の押しこみからの攻撃が以外に良い。ヘイズマン、リングスで
見せた“肩で息する”を見せバテ始める。が、最後は得意のアームバー
で仕留める。勝利に顔がほころんでました。

○石井大輔 対 富士大輔×

石井がいつもの突貫ファイトで富士を圧倒。最後は寝かせて肩固めを
レクチャー(笑)石井、久々に吼えました。

○イリューヒン・ミーシャ 対 藤井克久×

藤井のローが有効。ヒザを痛めてたらしいミーシャは失速。
打撃で追い込む藤井だが、一瞬のフロントチョークで沈む。

×近藤有己 対 百瀬善規○

近藤の攻撃を吸収する驚異のモチモチ肉体の持ち主、百瀬。
距離がうまくとれず近藤の打撃もクリーンヒットしない。
百瀬は押さえ込み至上主義で近藤を立たせない。
マウントまで奪われパンチを浴びる近藤。
有効打はないものの印象はすこぶる悪い。
結果、近藤の判定負け。
近藤のヒットアンドアウェイが完成するのはいつの日か。
「人間、万事塞翁が馬」だぜ近藤。

で総括です。先ず面白かった理由は、
@選手のポテンシャルがものすごく高い
A選手紹介ビデオが『TVチャンピオン』並に面白い
B演出(舞台装置、音楽、選手登場、パンフ)がスマート
特に@はホント驚いた。俺の注目選手は今成、加藤、佐藤、熊谷、ラサールだ。
更に各団体の代表や道場主が大挙して参戦!流石に、センセイは
負けられないもんね。もうアクセル全開で闘ってました。
選手紹介ビデオは、選手の特徴を良く捉えてたし嘘みたいに試合に
そのまんま特徴が出るんだ(笑)ヤノタクの「骨法で勝つ!」は
本気で笑った。そしてヤノタク負けてるし(笑)

PREMIUNはパンクラスやリングス、修斗という国内屈指の
素晴らしい団体とコネクションを持った事も高く評価したい。
ぜひ継続して各団体から参戦して欲しいものです。

そこで今後の独善的希望として要望事項を挙げてみました。
@登竜門的要素を残しCHALLENGEの名前を残すのなら
いま一つ緊張感が欲しい。負けたら次回出場権が無いとか、賞金
総獲りとかね。KO、一本賞金なんかもいいよね。
A対立概念(笑)やっぱ欲しいよコレ。ぜひ実現して欲しいのが
“道場対決”特に代表や道場主同士の試合や道場3対3マッチ等も観たい。
Bパンクラス、リングス、修斗との連携強化。例えば各団体に参戦枠
を設ける。そして、たった一つの席を巡ってPREMIUNで勝った
者が出場権を得られるとか。これは“価値(PREMIUN)”ある
勝利でしょう。

というわけで次回大会も絶対行かせていただきます!
PS.映像化が楽しみだねー。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ