5/6全日岐阜産業会館
■団体:全日本
■日時:2002年5月6日
■会場:岐阜産業会館 ■書き手:TOMA

ほぼ満席+立ち見で上々の入り。ただ新日とは違ってひな壇には席が設けられていなかった。小島のサイン会に長蛇の列が出来ていた。やはり人気はすごいな。

宮本×(変形水車落とし?→片エビ) ヤン
浪花               ○ハヤシ
ハヤシと浪花の対戦を全日で観ることになるとはほんの数年前には考えもしなかった。ハヤシはスキンヘッドをなでるしぐさ、ポーシング、シャイニングウィザードと武藤になりきっている(^_^;)。みちのくの時とはスタイルも外見も変わったな〜。でも助走なしのスピンキックには獅龍の片鱗を見れてうれしかった。浪花は力強くなったな。ハヤシが腕を決めながら水車落としの体勢で落とす技でピン。

保坂×(シャイニングウィザード→片エビ)○ハインズ
保坂試練の7番勝負。ハヤシと同じくハインズも武藤が入っていて、シャイニングウィザードで締める。

セッドマン○(のど輪落とし)×土方
ブッチャー          嵐

セッドマンは初めて見る。パワーで押すタイプのようなので、ブッチャーとのタッグには無理がある。ウィリアムスかバートンとくんだほうがいいな。ゴングの前にブッチャーが机で痛めつけた(嵐か土方か見えなかった)が、ゴング後は嵐が反則を仕掛け木槌でブッチャーを痛めつけたのにはちょっと驚いた。ブッチャーが反則をやり返すかなと思ったが、セッドマンが土方をのど輪落としで仕留めてしまった。やはり年には勝てないか。しかし試合後の乱闘に観客を巻き込むサービス精神は相変わらず(^_^;)

平井×(飛行機投げ→片エビ)○ロトンド
荒谷             ウィリアムス

荒谷、平井の元WAR組は盛り上げ方がうまくないな(-_-)。見所は顔面かきむしりで窮地を脱するところくらいか。小島、ケアを見習ってほしいな。ウィリアムス組は終始余裕だった。

本間×(裏DDT→体固め)○スミス
小島           ケア

小島にはすごい声援が飛ぶ。やはり新日にとって移籍は痛かったな。「いっちゃうぞバカヤロー」をみんなで大合唱。ハンセンのウィー少年合唱団に替わる全日の名物が出来た(^^)。この組み合わせだと本間のかわいがりになり、最後はスミスが締めた。

カシン         ×奥村
スティール        長井
バートン○(パワーボム) 武藤

バートン組の中でカシンはちょっと浮いてるな。最初はムトウとカシンという新日でもめったに見られなかった対戦から始まった。バートン組に比べ武藤組は軽量なのでパワーで押される展開が多く、長井のキックもあまり効かず、奥村が捕まりがち。バートンが” Feel the Power!”と奥村に滞空時間の長いブレーンバスターをかませると、カシンも真似して” Feel the Power!”の掛け声でブレーンバスターをかけるが奥村に返されたのがご愛嬌(^。^)。バートンのスプラッシュマウンテンをカウント2で返し奥村は粘るが、パワーボムまで喰らっては返せずカウント3。

天龍を見れなかったのが残念だったが、自分のプロレス暦を振り返りノスタルジックになった1日だった。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ