NEO後楽園!
■団体:NEO
■日時:2002年5月3日
■会場:後楽園ホール
■書き手:凸ユーレイ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 NEO5ヶ月ぶりの後楽園です。ホリプロのアイドル効果プラス、やはり期待していたお客さんが多かったのでしょう、北側ステージを潰して満員。1,500人ぐらいかな。

 入場式、挨拶は今大会プロデューサー、タニー&宮崎のNEOマシンガンズ(2人がその座に就いたのは、「このリング上に神がいる!」神であるタムラ様(=田村欣子)から全権を委任されてのこと)。「去年の時も言ったんですけど、メインの50人バトルロイヤル、あまり期待しないで下さい(場内笑)」いや、昨年4/21の30人バトルロイヤルは、そう前置きされていながら抱腹絶倒の出来だった。はてさて今年はどうなるのか。

第1試合 『NEOマシンガンズvsHJPGホリプロ女子プロレス軍団』2対4ハンディキャップ
タニーマウス、○宮崎有妃(14:56花一輪)仲村由佳、米山香織(JWP)、×久志麻理奈(ホリプロ)、西田夏(ホリプロ)

 当初発表になったカードは、タニー、宮崎vs仲村、アキュート冴(JWP)、久志、西田。HJPGとはホリプロ女子プロレス軍団。もちろんTPGのパクリ。冴がマシンガンズを倒すため芸能界から人材を発掘、特訓を重ねてきたという設定。
 しかし、大会直前にアクシデントが!!長いですが全文を引用します。

アキュート冴追放処分

NEO女子プロレスでは、次の通り発表します。
レギュラー出場のアキュート冴(佐井富子)選手を本日付けで追放処分(3回目)とすることを決定しましたので、お知らせします。追放の理由は、出場選手としてあるまじき行動が発覚し、プライベートの素行が悪く、NEOのイメージを傷つける結果となり今回の処理となりました。
JWP以外の関係者各位にはアキュート冴選手に対しての自粛要請をする次第です。なお、後楽園大会の第一試合には、代わりにJWPの米山香織選手が出場します。

平成14年5月1日
NEO代表 甲田哲也
後楽園大会名誉プロデューサー タニー・マウス&宮崎有妃

 「3回目」とあるように、NEOマシンガンズとの長い抗争のなかで、無理やりこじつけた理由で2度も追放されている冴。今回は、アルシオン山縣優の解雇事由のまるまるパクリで追放されてしまった。急遽の代打は同じJWPの米山。これを聞いた時点で、この試合のレフェリーを冴が務めるのでは?と私は予想。というのは、ちょうど1年前の昨5月4日、マシンガンズvs仲村・石田亜矢子リングアナ組、レフェリー冴、特別リングアナ西千明、という大変な名勝負を記憶していたためである。米山がお笑い対応できることもあり、期待はさらに膨らんだのだった。

 HJPG、仲村の曲『5,6,7,8』に乗って登場、踊る。慣れてない米山がかわいい。水着も、仲村のそれに4人とも合わせたもの。
 試合開始前、仲村が「急なメンバー変更もあって、私たちはまだ不利です!特別レフェリーをお願いします!」そうそう読み通り、と思ったら出てきたのはなんと甲田社長!ちょっとガッカリ。
 いやだいやだと言いながら、服を脱ぐと縦縞のシャツを着込んでいる甲田。お約束通り、カウントを遅くしたり早くしたり、ロープブレークに伸ばした手を蹴り払ったり、アイドル側を贔屓する。
 内容はまあ、素人が入ったときはどうしてもそうなるんだけど、間があいて段取りっぽい動きに。アイドル2人は、決めポーズ「ワタシたち!駆け巡る・セイシュ〜ン(はぁと)」とか、南側客席の入り口の上(よく全女の豊田なんかがそこから跳ぶ所)に立って見得をきったり。見せ場は十分。またダブルでコブラツイストを決めたり、ブレーンバスターに受身をとったり。リング上で一挙手一投足に注目されるのは、新人の芸能人にとってもなかなか面白い仕事だったんじゃないでしょうか。
 タニー&宮崎も、彼女らを惹き立てながらも、自分達の持ちネタ(ロックのピープルズエルボーのパクリで、ダウンした相手の上を跳び越えるとき手をヒラヒラさせる。コーナーからのプレス技を食らいそうな味方を、身を挺して庇い、自らが食らう。種々のキン肉マン連係。など)を織り込み、ひとまずそれなりに楽しめる試合でした。
 フィニッシュは、フルネルソンに取って自ら尻餅をつき、さらに両脚で相手の股を裂く、通称「恥ずかし」固め。
 なお、久志麻理奈は元チェキ。

第2試合 『大阪&後楽園2連戦!』
○輝優優(JWP)(14:24三角締め)×椎名由香
 う〜ん、 TARGET="_blank">大阪の方が、狭さゆえか客席との一体感があって、熱を感じたな〜。焼き直しのような一戦。

第3試合 『赤い処刑マシーン後楽園登場!?』
○女ケイン(3:49チョークスラムから)×ラ・マルクリアーダ(CPE)
 女ケインは元気美佐恵。キャラ通りの圧殺。

第4試合 『ドリームチームvs裏切り者軍団・スーパー6ウーメン』
三田英津子(ラスカチョ)、○下田美馬(ラスカチョ)、チャパリータASARI(フリー)(19:00丸め込み)×田村欣子、井上京子、ライオネス飛鳥(フリー)
 これも大阪のメインの6人タッグとまではいかず。中盤、京子のラリアットの受身?で故障したASARIがその後、エプロンでグロッギー、まったく参加できず、他の5人が心配そうだったからか。ASARIは結局、このあと4・5・6日と続いたNEOの連戦を欠場。

 休憩。アイドルのブースに人が殺到、ロビー大混雑。
 明けて甲田社長が挨拶。満員の御礼と、次のバトルロイヤル、ASARIともう1人(名前を出さなかったが、ASARIの変身チャパ・キッドであろう)が欠場するため、48人で行う、とお知らせ。

 この日、ここまではとりたててそんなでもなかったが、なんといってもメインである。

メイン 『世界プロレス史上初! 世界最大規模! 50→48選手参加時間差バトルロイヤル』

 1分ごと(まあ、いい加減だったと思うが)に、テーマ曲とともに選手が入場。順番に

1.タニーマウス、ポリスウ〜メン(大阪プロレス)
3.倉垣翼(JWP) 入場と同時に、コブラツイストの2人の周囲をグルグル前転・後転する意味不明のアピール。
4.仲村由佳
5.中山香里 コンプリートプレイヤーズの同志、ニセ邪道・外道(田村・市来)を引きつれて入場。
6.女ケイン タニー、ポリスウ〜メンをバッタバッタと喉輪落としで屠るが、すかさず次に入場の
7.井上京子 にオーバーザトップロープ(以下OTR)されてしまう。

8.工藤あずさ(性転換レスラー) 気味悪がられる。
9.ラウンドガール(USA) 『ライクアヴァージン』に乗って登場。中山を挑発、巨乳合戦を仕掛け、ミルキーポーズを取らせることに成功。
10.市川狐火名(JWP) その時点でリングにいた全員を“気”で倒す。狐火名史上最大の威力であった。しかしコーナー最上段に登ったところ逆に全員から“気”を送られ転落OTR、瞬時に退場。

11.吸血鼠魔女デビラッツ 12.吸血鼠魔女デビラッツ 13.ジャイアントデビラッツ
 3人して入れ替わり殺法で幻惑。しかしどうみても1人だけサイズが違うのだが… 通常サイズのうち1人は、京子のスティンクフェースにギブアップ。
14.日向あずみ(JWP) いきなり鋭いスワンダイブ式ドロップキックで登場した日向。自団体では一匹狼の道を進んでいるが、この時ばかりは笑顔を見せる。技のキレは抜群。
 ここで、バックについた全員を京子が引きずってロープブレイク。さらにトペレベルサで全員をなぎ倒す。

15.バイソン木村2世 鮮やかな演武を見せたトンファーでの攻撃で倉垣をフォール。
16.三田英津子 17.下田美馬
18.米山香織(JWP) 入ってきたとき、リング上は全員がヘッドシザースの数珠つなぎ。ヨネちゃんが1人ずつ、フットスタンプで踏んでいく。さらにヨネは、
19.女ニセ大仁田 をイス攻撃で、 20.ぬまっち2世 をOTRで速攻退場させる。

21.Aky(CPE) 22.市来貴代子(フリー) 23.元気美佐恵
 期せずして元気が出るTV出身者同窓会が。そこで出会ってから10周年らしい。元気「小鉄さんも泣いているぞ!」そして張り手を打ち合い、お互いに土下座で礼。シュガーも来たらよかったのに。
24.椎名由香 25.田村欣子
26.唯我(プロレスリングNM) テーマがかかった瞬間の歓声が大きい。想像以上に唯我ネタが浸透している。第2の西千明になれるか?
27.HIRO!(DDT) 唯我をミサイルキックで、仲村をスプラッシュであっという間に料理。女子相手にムキになる姿にブーイングが。しかしすかさず京子に首固めで敗れる。

28.ピンクマミー(怪奇派) パウダー攻撃でリング上を汚して皆のヒンシュクを買う。
29.エチセラ(裁恐軍)
30.久世塾長(活き活き塾) 車椅子姿、首にコルセットを巻き、グッタリして登場。しかしリングに入るや否やイッキイキしはじめ、アジテーションを打つ。またまたしかし、あっという間にOTR、再びリング下でグッタリ。
31.バイオモンスターDNA 客席を暴れ回りながら登場、脅える選手たち。ここで米山が「私に任せてください!」とDNAをなだめ、頭を撫でているところを共に同時に丸め込まれてしまい退場。

32.吉備団子(みちのくプロレス岡山限定レスラー) なぜかいきなり京子に「鬼退治だ〜」とかかっていく。場内、京子に向かって「オニ」コール。エチセラとウラカンラナを掛け合い、ひっくり返されて2人ともに失格。
33.唯我2号 34.唯我3号
 どちらも本人。2号がすぐに追い出された後、3号は各選手の得意技をそれぞれ浴び、最後はなんと三田のデスバレーでフォール負け。
35.輝優優(JWP) 花道に出てきてすぐ、なぜかマミーに襲われる。

36.仲村萌え萌え(DDT) 37.ラ・マルクリアーダ(CPE)
 キャットファイトを主催するマルクリアーダ、萌え萌えのセーラー服のスカートを脱がしてしまう。ちゃんと下に水着を着ているのに慌てる萌え萌え。各選手に投げ渡されているうちとうとう客席に放りこまれたスカートを追って、わざわざトップロープを越えて場外に出た萌え萌え失格。
38.リレー少女(みちのくプロレス) 入場以降、場内を走り回りリングに上がる気配が無かったため失格。

39.レイナ・パンディータ(メキシコ) 可愛らしさをアピール、エプロンで寝そべったりしてなかなか戦いに参加せず。
40.プードルちゃん ここで期せずしてリングに猫(マルクリ)、犬、パンダが揃う。犬とパンダ、同時にバックドロップを食らって敗れる。
41.井上京子シート 京子のそれに似た水着をふだんから着用している小柄な選手がペイントを施してリングイン。2人まとめてラリアットで吹っ飛ばしたり、ダンシングツリーにも挑戦。

42.MIMA・43.RIMA(みちのくプロレス・クレイジーROSES)
 MIMA「こっちは強くてカッコいいぞ!来い!」と仲間を集めようとする。ついには全選手を味方につけ、誰もいない対角の敵コーナーに向かって「来い!」と手四つを挑む。
44.サッカーボール仮面 全身がボールのコスチューム。手足を引っ込め、グルグル転がり、転がったまま退場していった。

 ここで『冬のセーター』がかかる。石田アナ「45番目アキュート冴選手の入場です」京子「お前、追求… あ、追放されたんじゃないの?」冴「はい。私は追放されました。しかし、この、西くんの魂がこもった、キティちゃんを参加させてください!!」
45.キティちゃんのぬいぐるみ 集中攻撃に遭ったキティちゃんだが、フォールをなんと2.9で返す!! その後もなぜか輝に守られたりして戦いに参加。

46.仲村由佳格闘バージョン つぼ原人と戦ったときのバージョンだっけ。下田たちと息の合った剣道コント(最後の人が白刃どりを失敗するという)を披露。
47.宮崎有妃 最後から2人目で、ようやく本人として登場。いきなりキティちゃんをムーンサルト葬。
 ここでトリプルの恥ずかし固め(花一輪)が炸裂、石田アナ絶妙の間で「ただいま、リング上は花が満開となっております」大爆笑。
 そこへ殿として入場してきたのが
48.ライオネス飛鳥、「何ふざけたことやってるんだ!」と宮崎をライガーボムでフォール。

 するとリングに残ったのは、京子、元気、田村、輝、MIMA(下田)、飛鳥の6人。「アッ」「あー」と皆それぞれに顔を見まわし指差し合う。そう、昨年12月、NEO前回の後楽園大会のメインで6wayのタイトルマッチを行った面々が、この日も最後を務めることになったのだ。この場面はもちろんのこと、全体を通じた選手の出し入れ、1人の複数役、よっぽどよく考えられている。
 まず、元JWPタッグ王者の元気と輝が連係で攻めるが、切り返され、京子と飛鳥に同時にラリアットを浴びて敗れる。ここでこの試合初めて経過時間のアナウンス「70分」!そんなに経ってるのか。目まぐるしい展開に時間を忘れていた。そりゃそうだ48人だもんな。
 下田も丸め込まれ、残るは3人。飛鳥をOTRで落とそうとした田村を「トモさんに何てことするんだ!」と止めた京子、2度目は裏切って、協力して飛鳥を失格させる。その勢いですかさず京子をも丸め込んだ田村の優勝!

○田村(72:22スクールボーイ)×井上京
 ※<退場順>
タニー&ポリスウ〜メン(同時)、女ケイン、工藤、市川、デビラッツ、デビラッツ、ジャイアントデビラッツ、倉垣、バイソン2世、日向、ラウンドガール、女ニセ大仁田、ぬまっち2世、中山、唯我、仲村、HIRO!、Aky、久世、椎名、下田、米山、DNA、エチセラ、吉備団子、唯我2号、唯我3号、ピンクマミー、仲村萌え萌え、市来、リレー少女、プードルちゃん、パンディータ、三田、井上京子シート、サッカーボール仮面、RIMA、キティーちゃん、仲村格闘バージョン、宮崎、元気&輝(同時)、MIMA、飛鳥、京子

 飛鳥がマイクアピール「今のチャンピオンは誰だ?!(客席:三田〜)なんだジャンボ三田か!挑戦を受けろ!」タムラ様「NEOジャパンカップを優勝して三田を倒し、お前の挑戦を受けるのはワタシだ!」締めの挨拶もタムラ様でケッテー。

 ふう。1時間以上もこんなに集中して試合を見れたなんて。終わって、ちょっとグッタリするぐらいの充実感でした。

 その後も、マシンガンズと冴の確執は続いている。見に行ってないので伝聞ですが、5日の板橋大会、冴の強行来場予告に対し、会場入り口に断固阻止するとの貼り紙。それでもグレース浅野レフェリーを人質に無理やり入ってきた冴、「NEO危機一髪」という暴露本を出すと脅し、11日北沢ではチェーンデスマッチが行われるとか行われないとか。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ