新日30周年記念ドーム興行
■団体:新日本
■日時:2002年5月2日
■会場:東京ドーム
■書き手:凸ユーレイ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

・セレモニー(開始前、4時10分ごろより)
 まず、ビジョンに新日本30年の歴史ダイジェストが流れる。ごく当たり前の作りだったが、それなりには懐かしい。
 坂口会長、藤波社長、全選手入場につづいて、OBの登場。山崎一夫、木戸修、小林邦昭、山本小鉄、マサ斎藤、永源遥(大歓声)、ドン荒川、魁勝司(北沢幹之)、グラン浜田、若松市政、寺西勇、アニマル浜口、鈴木みのる、船木誠勝、藤原喜明。ここまで呼べるなら、前田や高田はともかく、ストロング小林と 星野勘太郎は呼んで欲しかった。
 ルーテーズ追悼10カウント。
 またビジョンにV、こんどは30年を彩った外国人レスラーたち。同じく懐かしい。
 猪木と元チャイナ登場、タイガージェットシンとチャイナの寸劇。シンがあんなにやられたら、IWAジャパンから文句は来ないのか? ビル・ロビンソンらが表彰される。
 車椅子姿の上田馬之介からビデオで挨拶がある。
 そしてセレモニーの最後にこの日一番の衝撃が! 倍賞美津子登場。猪木にも知らされてなかったらしい。嫌がらせか?

 5時試合開始。

・第1試合 大日本
×関本大介(8:03爆YAMAスペシャルから)●金村キンタロー
 机1つ壊しただけ、ひととおりやることをこなして地味に終わる。こんな試合じゃ大日本として出た意味が無い。
 葛西を出してシッポつけてゴーグルはめてスプラッシュするとか、せめて関本が勝たないと。

・第2,第3試合
○柴田勝頼(6:26スリーパー)×井上亘×
○3代目タイガーマスク、4代目タイガーマスク(みちのく)(12:54タイガーSPXホールド)×エルサムライ、ブラックタイガー
 セレモニー時からビール飲みまくり、このへんで酔いのピークが来てしまい、ちゃんと見ていない。

・第4試合 全女
×豊田真奈美、堀田祐美子(12:16裏モモ☆ラッチ)伊藤薫、○中西百重
 偶然会った友人と話しこみ、そのまま戻るきっかけを失いロビーのTVでポケッと見てたので、特にふだんと変わった感想はなし。ただ、評判がずいぶん芳しいのでホッとした。安心。
 しかしね、見てなかったのに負け惜しみを言わせてもらうと、あれで全女的には通常のレベルなんですよ。新日の中に入れば、1人勝ちするのは当然です。夏のG1にJWPが出るのが、今から楽しみだ。
 最後の中西の裏モモラッチの切れ味はさすが。関本を勝たせなかった大日本に比べ、中西を勝たせた全女のほうが、今回のドーム出場の意味をわかっていたのでは。

・第5試合 IWGPジュニアタッグ選手権
邪道、×外道(王者)(17:44垂直落下ブレーンバスターから)○獣神サンダー・ライガー、田中稔(挑戦者)
 これもあんまり覚えていないのだが、意外と良かったような。邪外の細かいスカしやカットに伝統のプロレス芸を見る思いが。

 ここで7時、TV生中継スタート。GW中とは言え平日で、出足がいまいちだった客席も、設置席はほぼ満員に。
 蝶野登場。苦虫を噛み潰したような、というか、つらそうな表情がカッコよかった。橋本・小川を呼び込み睨み合う。

・第6試合
天山広吉、×スコット・ノートン(12:02オレごと刈れから)○橋本真也(ZERO-ONE)、小川直也(UFO)
 ここ3年間のドーム、他はみな普通のプロレスで、むしろTVで見たほうがいいぐらいのものだったとしても、唯一、小川絡みだけは、吉と出ても凶と出ても、何が起こるかわからない、ライヴで見る価値のあるものだった、それは認めても良いと思う(最近は凶ばかりだったが)。
 今回のタッグマッチは、なによりも小川と天山が、信頼して思いきり技を出し、技を受け合っていたのが印象的。それでいて充分刺激的な、ハラハラするような場面もあり面白かったのだが、それは「小川がプロレスをする」という新鮮さゆえのことでもあっただろう。
 こういう試合を小川が続けていくとしたら… 「ざまあ見ろ」と言いたいような少し寂しいような。
 橋本大人気(メインの三沢蝶野に並ぶほど)。今の新日本ファンは橋本が大好きなんだなあとわかる。
 この試合の天山、カッコよかった。

・第7試合
 試合直前フライに襲撃され安田が戦闘不能に。担架で控え室へ。順番の入れ替え。

・第8試合
×中西学(6:00三角絞め)○バス・ルッテン
 これは新日擬似格闘技路線における最高の一戦だったのでは。
 面白かった。やけにムダな動きが多く、ルッテンをセオリー無視のファイトで戸惑わせる。アルゼンチンやマッケンロー、三角締めを持ち上げたり。去年7月札幌のGG戦ではあまりに浮いていたムーヴが、このい日はなぜか心地よく相手と噛み合っていたような。
 やっぱり中西は野人のままのほうがいいのでは?

 ルッテンのセコンドについていたフライがリングに上がり、戻ってこない安田を挑発。得意げに場外カウントを「トゥウェンティ、ナインティーン、…」と唱え出す。カウントが1ケタにかかったころ、疾風のごとく花道を走って安田登場!

・第7試合
×安田忠夫(1:51アキレス腱固め)○ドン・フライ
 ここまでの寸劇は面白かったのだが、試合はつまらない。
 フライはジン・キニスキーに少し似てるな。

・第9試合
佐々木健介、×棚橋弘至(14:38SSDから)リック・スタイナー、○スコット・スタイナー
 カナディアンバックブリーカーからコーナーに走って相手の腹を激突させる動き、怪力投げっぱなしスープレックス、ハイジャック・ブルドッキングヘッドロック、スタイナー・スクリュードライバー… 懐かしい。
 元チャイナの絡みが少ない。せっかく呼んだんだからもっと絡ませろ。
 最後、全女勢と睨み合ったのは◎。次は 元チャイナ vs 堀田 をお願いします。

・第10試合 IWGPヘビー級選手権
○永田裕志(王者)(15:36ハイキックから)×高山善廣(挑戦者)
 いい試合だったと思います。荒っぽくて間延びしているが高山の個性が発揮され、永田もよくそれに合わせた。蹴りを受けてフラフラヨロヨロ、ロープに振られても走れず倒れこむ永田に、いっしょに見ていた友人が「川田だ」と的確な指摘。
 ただ、藤田が高山のセコンドについた時点で、なんとなく「次」が見えてしまってやや興を殺いだような感も。
 試合後、その藤田だけでなく、健介、フライ、ルッテンらを永田が挑戦者に指名、グダグダと寸劇をくりひろげていると、焦れた観客が「三沢」コールを始め、それがアッという間に広がる。あまりのタイミングの良さに笑ってしまったが、コールにショックを受けて、すぐショボーンとして帰っちゃった永田が少しかわいそうだった。

 なんだかんだ言って、ここまでは最近のドームとしては上出来の面白さだった。しかし最後が…

・第11試合
△蝶野正洋(30分時間切れ)△三沢光晴
 両者とも動き悪すぎ。ダメー。面白かったのは、場外花道でのエメラルドフロウジョン、三沢が先に出した卍(蝶野のほうが下手だったのには笑った)ぐらい。

 まあでも、メイン差し引いても、懐かしさあり、ゲストも来て多彩、トータルで良い興行だったのでは。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ