W速報観戦記
■団体:新日本
■日時:2002年5月2日
■会場:東京ドーム
■書き手:品川,タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

5/2 新日本プロレス 「創立30周年記念 闘魂記念日」 東京ドーム大会速報 17:00 Start
試合開始前にOB式典。なんだマサ元気そうじゃん。今回は新日本時代のリングネームで呼び込むという事らしく、北沢さんは魁、船木は優治、鈴木は実・・・ってコレは同じか。
当然前田、佐山、高田は欠席でした。でもキラー・カーンは呼んで欲しかったなー。
猪木は元チャイナと連れ立って入場。元夫人まで出て来てダーっやって今日の役目はおしまいでした。
蝶野してやったりか?(タカハシ)
第1試合 30分1本勝負
×関本大介
vs
金村キンタロー

(8分3秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め)
見てません 仕事で(品川)

期待の関本、大観衆に飲まれてさっぱりでした。コレなら6人タッグでゴチャゴチャやった方が良かったのでは?
せっかくの大舞台を有効活用できなかった大日本は、かなりダメージを受けたと思うな。(タカハシ)
第2試合 30分1本勝負
柴田勝頼
vs
井上亘×

(6分26秒 裸絞め)
レフェリーが柴田父 力強い試合だったが・・・・まあ新日イズム(品川)

試合開始直後の柴田の唐突なパワーボムが尾を引いたようで、最後はあっさりとしたフィニッシュとなってしまいました。大日本に第一試合を取られた事が気負いになったのかな?(タカハシ)
第3試合 30分1本勝負
3代目タイガーマスク
 4代目タイガーマスク
vs
ブラック・タイガー 
エル・サムライ×

(12分54秒 タイガースープレックスホールド)
金本タイガーの違和感が鼻につくも サムライのジョブが
試合を助け 4虎のきつい攻撃もしっかり受けたサムライご苦労様(品川)

20周年記念の企画として誕生した金本タイガーが30周年で復活という便利屋扱いも、長く休んでしまってはやむを得ないか?4代目のソバットに戦線離脱するも最後はキチンとお役目を果たすサムライでした。(タカハシ)
第4試合 30分1本勝負
×豊田真奈美
 堀田由美子
vs
伊藤薫 
中西百重

(12分16秒 裏モモ☆ラッチ)
 素晴らしい試合 全女は飛ばす試合多いですねぇ
豊田の飛びっぷり ローリングクレイドルは惚れ惚れ
最後は 豊田がjオーシャンに行こうとしたところを中西が
空中ではずし モモラッチへ凄かったです(品川)

第一試合とは逆にいつも以上のパフォーマンスを見せた全女勢。元チャイナの感想はいかに?
これがW☆ING出場でファンを引っ張った対抗戦前夜の再現となればいいのだけれど。
中西は師匠である栗栖のルーツに触れたという意味でもいい体験だったろう。でも何で栗栖は呼ばなかったの?(タカハシ)
第5試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合60分1本勝負
(王者組)
 邪道
×外道
vs
(挑戦者組)
田中稔 
獣神サンダー・ライガー

(17分44秒 垂直落下ブレーンバスター→片エビ固め)
両チーム入場前 NOAH Jr勢登場 なんか間が抜けてた
田舎の修学旅行が都会に出て来た感じか?
金丸マイク「今日は 新日Jr戦いを見に来た」で終わり
それだけかい!! マイクは練習しましょう

 試合前から ライガー組の王座移動が誰にでもわかっていたので
そのまんまの試合 特に感想もなし
 試合後 ライガーが先ほどのNOAH勢を挑発し
緊張感の全くない 予定調和のJr乱闘に ひとしきりやって
おしまい(品川)

試合前の金丸のマイク「今日は新日本ジュニアを見に来ました」とだけ言ったのにはサスガにバカ負けしました。
邪外道もどうせ負けるなら、井上&柴田くらいの方が興味持てるのに、よりによって一番つまらないチームが獲っちゃいましたね。試合後の乱闘で嬉々として鈴木を痛めつける金本の犠牲になるNOAH勢は誰だろう?(タカハシ)
第6試合 30分1本勝負
 天山広吉
 スコット・ノートン
vs
小川直也 
橋本真也 

(12分2秒 俺ごと刈れ→片エビ固め)
ここから 生中継

 チョーノと猪木一緒に入場 猪木はリングに入らず ここで
蝶野の勝ち(猪木追い出し作戦)

 小川今日は おとなしくプロレスやってました それがつまんなかったです
 
 刈龍怒(かりゅうど)(STOプラス水面蹴り)・
俺ごと刈れ(ジャーマンプラスSTO)の攻撃は素晴らしかったです(品川)

小川のプロレスとしては上々・・・というかプロレスとして成立していただけでそう評価するのもどうかとは思うが。「刈龍怒」、「オレごと刈れ」という説明するのも恥ずかしい連携技でOH砲が勝つ。このOH砲というのもどうにかならんものか・・・。(タカハシ)
第7試合 30分1本勝負
 安田忠夫
vs
ドン・フライ 

(分秒 片エビ固め)
安田・フライ戦だったが
入場時 フライが安田を急襲し 安田 失神しストレッチャージョブ!!
 この試合は 中西ルッテン戦のあと再度やります とケロがアナウンス
予定変更となりました(品川)

時間調整のためかストレッチャー・ジョブで安田退場。安田は2度出した方がいいほど、世間的に知名度は高いのか?(タカハシ)
第7試合 30分1本勝負
×中西学
vs
バス・ルッテン

(6分00秒 三角絞め)
間違いなく今日のベストバウト 中西の生きる道発見!!
中途半端な相手を傷つけない 蹴りやしょうていが面白いように決まる
でも何故か爆笑  素晴らしかったです
 アルゼンチンやられてもバックドロップ食らってもチョークを放さない
ルッテンに大笑いしてしまいました

 最後は三角締めが決まって ルッテン勝利

猪木祭のあの下手レスラーたちの面白さが帰ってきたと言う感じ

試合後ルッテンになんと成瀬が対戦表明  何でしょうねぇ・・・・(品川)

この試合を楽しめてしまうというのはプロレスファンとして正しいのか間違っているのか・・・。
ルッテンジャンプが鈴木の目の前でリープ・フロッグとして使われるのを見られるとは、
サスガに30周年だけの事はあるな。(タカハシ)
第8試合 30分1本勝負
×安田忠夫
vs
ドン・フライ

(1分51秒 アキレス足四の字)
何ともしまりのない試合 
安田は娘がいないと本気出さないようだな・・・・・(品川)

せっかく後回しにしたのに、アッサリ風味でのフィニッシュ。どういう事?
安田の賞味期限切れに猪木はいつ気が付くのだろうか?(タカハシ)
第9試合 30分1本勝負
×棚橋弘至
 佐々木健介
vs
リック・スタイナー 
スコット・スタイナー

(14分38秒 SSD→片エビ固め)
レフェリーはチャイナ改め ジョアニーローラー

Sスタイナーの ビックパパパンプぶりに皆驚く(ステロイド)
スコットはバンプうまくなったような・・・・

棚橋のローンバトルで投げっぱなしを何発も食らうも いい勉強ですよね

試合後 レフェリーを持ち上げ スタイナー向けて投げっぱなした ジョアニー
それを場外に落としたスタイナーのおかげで レフェリー肩脱臼・じん帯断裂
だそうです(品川)

変わり果てたスタイナー兄弟と元チャイナを組み合わせて、プライムタイムにふさわしいという発想ができる新日本は本当に大丈夫なのだろうか?フィニッシュのスタイナー・スクリュードライバーも、カタチは一緒でもそこに至るまでのワヤさに衰えを感じてしまいました。(タカハシ)
セミファイナル IWGPヘビー級選手権試合60分1本勝負
(王者)
永田裕志
vs
(挑戦者)
高山善廣×

(15分36秒 ハイキック→片エビ固め)
動きだけを見たら 今日のベストバウト
高山は NOAHの所属じゃなくてよかったと思う
オフィス伊藤は優秀なビジネスマンですね

永田は便利すぎて オーバーできないタイプになってしまいそうで心配
でもいい試合でした

 試合後永田に対し 続々と挑戦を表明 健介・フライ・藤田・ルッテン
とプロレス下手を良くぞこれだけ集めたもんだ(笑) これじゃあ永田 
今後も大変ではないでしょうか?

余りの茶番劇に 業を煮やしたファンが 三沢コールを始める始末
新日の今後の課題(品川)

便利屋・永田の最初の仕事はやっぱり・・・でした。高山もいい仕事の選び方をしているよな。
「オフィスのいとう」さんはやっぱり優秀なビジネスマンです。(タカハシ)
メインイベント 30分1本勝負
蝶野正洋
vs
三沢光晴

(30分 ドロー)
 ブッカー蝶野の手腕発揮の集大成を見せるかと思われたが
三沢に対し 遠慮しすぎの感があったような気がする。

 相手を潰すのが蝶野の真骨頂なのに 今日はさすがにお客さん
三沢に配慮しすぎ 挙句にドローは TV中継ないんだから
もっとおもいきってやればよかったような気がする。

 会見でも 自分の試合をふり振り返り遠慮してたといってたのから
わかるように はじけた凄さが感じられなかったのが残念

まあ現場監督で 猪木呪縛と真っ向から戦い リングに猪木を上げず
生放送で「元気ですかぁ〜〜」させなかっただけでも大成功と言うべきか?

 試合はいつか確認してください 
卍固めの掛け合い(猪木イズム)と カワズ落とし(馬場イズム)の掛け合いのスポットは
お客さん喜んだだろうと思う

 老練の極みのような試合だった。
安心してみていられたことは間違いない。(品川)

え〜、質問なんですけど、そもそも三沢対蝶野って「夢の対決」なんでしょうか?
200%蝶野ジョブを予想していたけれど、悪い意味で予想をひっくり返してくれちゃいましたね。
試合としては・・・いい試合と言えるとは思うんだけれどちょっと複雑。
お客さんから不満の声が上がっていない様子で2度ビックリですよ。(タカハシ)
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 品川 & タカハシ



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ