2002.5.2. 新日本 東京ドーム
■団体:新日本
■日時:2002年5月2日
■会場:東京ドーム
■書き手:maya(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

今日は「闘魂記念日」いくらゴールデンウィークとはいえ、平日なのに4時からセレモニーの始まりだそうだ。4時きっちりに過去のビデオが始まり、まずは引退した選手の入場。まあ、別にレポートするものでもないが、一応特筆するべきなのは、鈴木みのる、船木も来て、最後に組長が出て来たことかな。あとワカマツも赤いメガホンを持って出て来た。それと、上田馬之助のビデオレターかな。まあ、こういのは主催者の自己満足で行われ見ている方は大して面白くない場合が多いが、今回もその例から外れない。

ただ、ルー・テーズの10カウントゴングを行い日本人引退選手のセレモニーが終わり、続いて外人選手のセレモニーが始まるのだが、日本人の方が終わるのがかっちり、4時30分ということで、今日は生放送もあるし、厳密なタイムスケジュールで行われるんだなと感じさせてくれた。

続いて外人選手のプレゼンターの登場ということで、ペリカンとチャイナが入場。チャイナはWWFの写真で見る限りケバイという印象だったのだが、化粧を変えてなんかいい感じ。佇まい、身のこなしからも、いかにも大スターだという存在感があり、完全にアゴを食っていた。この入場だけで、私的にはチャイナにぞっこん。来て良かった。

二人が入場すると、T・J・シンが出て来てチャイナが猪木を守るという寸劇があるのだが、これはかなり外し気味。新日本の場合、高級な素材でもそれを上手く調理できないような時が、度々あるが、今回もキャビアに醤油をかけて食べるような感じで、何かすると裏めるという感じ。だけど、安っぽい素材は結構食えるようにしたりもするが。

ビル・ロビンソンとかも出て無事セレモニーも終わると、猪木も引き上げようとすると、カエルに呼び戻されて、30周年記念なので、猪木さんに花束を渡すプレゼンターが待っていますと。そこで登場したのが倍償美津子。さすが女優なだけに、花道を歩くにも身のこなしがチャイナ以上にサマになっていい感じ。そして、恐らくこれは聞かされていないのか、リング上で凍りつく燃える闘魂。これは笑えたし、たまには猪木にもギャフンと言わせなければ。やれば、出来るじゃないか、新日本・テレ浅という感じで、退屈なセレモニーだったが、倍償美津子で全てを救われたという感じで、5時ジャストで終わるが、まあまあまあ楽しませて貰った。今日は入念に準備しているんだな。

客席はセレモニー時ではガラガラだったのだが、最終的には超満員と言っていいのではないか。アリーナの席が少し減っているようなのが気になるが。主催者発表は観衆5万7000人。今迄サバを読み過ぎたから単純に過去の動員と比べても意味が無いような感じがするが。

1.大日本プロレス"若武者見参"  
関本大介vs金村キンタロー

第一試合から金の字の登場。さすが新日本豪華である。だけど、大日本なんて昔新日本にケチョンケチョンにされて、商品価値を無くしかけたのに、また良く出てくるよね。度量が違うね。>小鹿。

関本は大日本ながら、どちらかというとストロング・スタイル嗜好で、新日本の第一試合に合いそうだし、金の字がどうでるかと思ったが、何のことはない机を抱えて入場し、花道ではチョコ向井とブリブラダンスを披露する。

試合はというと、勿論場外に立てかけた机に関本を寝かせてダイビング・ボディープレスや机片で頭を打つというハードコアのスポットも織り交ぜたが、基本的にはストロング・スタイルの展開になり、金の字は動けるデブというところを如何なく発揮した。

金の字のムーブもなかなか(というかいつも通りだけど)だが、関本の受けが凄い。もうなんでもかんでも相手の攻撃を受けてやろうという感じで、これぞ大日本イズムなのか?なんとなく、こいつは地味だけど、いつかブレークする予感がするね。

いつもの新日本の第一試合に比べれば、10倍面白かった。

×関本大介 (8分03秒 片エビ固め) 金村キンタロー○

2.ヤングライオン"新日原点"
柴田勝頼vs井上亘

ある意味、柴田勝頼というのは、本名なのかもしれないが、凄い名前だよね。”柴田勝”というところでいけば、一番浮かんで来るのは”柴田勝家”だけど、織田家の筆頭家老ながら、信長逝去後、秀吉に政治力に圧倒されて、賤ヶ岳の戦い以後、自決に追い込まれた。 ”田勝頼”であると、浮かんで来るのは”武田勝頼”。最強と言われた武田騎馬軍団を長篠の戦いで、一夜にして崩壊させてしまった。凄いセンスだ。尤も、昔シーマのぶながと名乗っていた人があのリングネームは恥ずかしかったと言っているが。此処まで行くと、そういうのは関係無いんだろうな。

ヤングライオンは真摯にファイトをしていて、私は基本的に好意的だったのだが、前回のWPWでどっちか忘れたが、今の新日本はインディーが席捲していておかしい、みたいなコメントを聞いて一気に醒めてしまった。こいつらにインディーどうのこうのなんて言う資格は無いだろうし、なんで新日本に所属すると、こういう捻りの無いどうでもいいことしか言えないのかね。伝統かな。

試合は柴田父が裁くも、時間が経つに連れて場内はザワザワとして集中力を失くして来る。まあ、一応新日本の原点であるストロング・スタイルをお互い出しているが、そんなスパーリングみたいな試合は道場でやれという感じで、会場は思い切り散漫になる。まあ、ホールで見るなら少しは受けたかもしれないが、ドームではどうにもならない。どうでもいいけど、

○柴田勝頼 (6分26秒裸絞め) 井上亘×

3.30th ANNIVERSARY "猛虎競闘”
○3代目タイガーマスク 4代目タイガーマスク (12分54秒 猛虎原爆固め) エル・サムライ× ブラック・タイガー

渥美清が亡くなってトラさんが取れなくなり、松竹は潰れた。渥美清がいる間他のシリーズやキャラクター、そして監督を作れなかったので、ある意味当然の結果だと思う。東宝はというと、今だにゴジラが出て来る。ゴジラは死なないので延命出来るが、相変わらず相手がキングギドラやモスラで代わり映えがしないし、個人的には今度のキングギドラはどうなっているのかという感じではあるが、つい見に行ってしまうのだが、さすがに飽きが来た。なんか新しいインスピレーションを出せないのか。まあ、アメリカでもバットマンとかスパイダーマンとかを今だにリメイクされているから仕方ないかもしれないが。過去に作ったキャラクターを使い回すという傾向は当分続くのかな。

新日本はタイガーマスク復活だそうだ。しかも相手はブラック・タイガー 。まあ、仮面を被ればどれも同じだからいいのだが、新日本的に言えば、ゴジラvsキングギドラみたいなもんだな。

試合はというと、3虎の相変わらずのぎこちなさが、なんか少し可笑しかったが、3虎が雪崩式フランケンを失敗したあたりから、なんか寂寥感まで漂って来る。4虎も面白いと思った時期もあったのだが、あまりにサスケや浜田と付き合い過ぎて、キレが無くなったな。

なんか寂しさだけが残る試合。当然会場の空気は諦めムード。

4.全日本女子プロレス"女帝闘魂"×豊田真奈美 堀田祐美子 (12分16秒裏モモ☆ラッチ) 伊藤薫 ○中西百重

別に全女がこんなのに出る必要もないではないかと思ったのだけど。リングアナも今井さんが担当で、こういう配慮はなにげに嬉しくなってしまうというか、結果的に全女としては大成功。レベルが違うという参戦だったのであろう。

まずは豊田の入場。これだけで、女王様の雰囲気プンプンで客を呑んでしまった。チャイナはフェロモンなら豊田はオーラでという感じで、こういうのは理屈ではないんだが醸し出すものがねぇ。さすがに新日本の会場でも豊田くらいは知っているみたいで、なかなかの人気。

中西百重は入場時で豊田並みのオーラを出すことは出来なかったが、動けば私も凄いんだよ、と言わんばかりに、試合が始まると溌剌な動きで、今迄散漫になっていた大きなドームの客席にどよめきを起していた。他のベテラン達もこの日は中西を主役にしてやろうという動きなのだが、その動きが計算尽くされて、呼吸がピッタリと合っており、素晴らしいとしか言い様がない。

考えて見れば、この面子は全女の中で一番出来る人を順番に集めたようなカードであり、お互い試合も飽きる程やっており、段取りも分かっているとは思うが、それにしても、あうんの呼吸で出て来る合体攻撃や、バリエーションなど、今迄の試合が何だったのという感じにすらなってくる。スピーディな展開のなか、適度なゆとりを持ちこの試合展開は芸術的ですらある。

この面子ならドームだし後輩の中西がジョブをすると思っていたのだが、豊田のジャパニーズ・オーシャンを一発受け、ヘロヘロになった所、2発目に行く所で、裏・ウラカンナラで切返してピンを取ってしまった。フブキ・ラナかなと思ったら、これは裏モモ☆ラッチというらしい。この意外なブックもなんかいいなと思ったし、全女はこの舞台で底力をまざまざと見せたという感じだ。正直今迄とプロレスのレベルが違う。

今迄ドームの澱んだ雰囲気を一新して、中西は一気に全国区にのし上がった。本当のプロフェッショナルな仕事だ。

5.BEST OF THE SUPER Jr.TAG"頂上決戦" IWGP Jr.タッグ選手権試合
×外道 邪道(王者組) ( 17分44秒 片エビ固め) 獣神サンダー・ライガー○ 田中稔(挑戦者組)

試合前にNOAHの奴等が来たところで、ブックはミエミエ。そりゃ、邪道外道とNOAHがやっても仕方ないし。最近のWPWでは外道、邪道の試合が一番面白いと思っていたのだが、さすがの邪道、外道も今のライガー相手じゃどうにもならないかというか、せっかく全女で暖めてくれた客席をまたもなんとも言えない雰囲気にしてくれた。

もうライガーとサスケはいいな。マジで。ライガーは新コスチュームで出て来たけど、なんか昔に戻って、動きも含めマヌケに映ってしまった。

試合後のNOAH勢との乱闘も捻りが無くて、なんか白け気味。運気が落ちている時は何をやってもダメという典型的な試合だった。

この時点で6時45分。今日は本当にタイムスケジュール通りに進んでいる。放送に合わせて5分位だけの休憩を挟んで生放送を開始。だけど、生放送のカウントダウンって、前もG1でやっていたけど、あれはなんともねえ、なんかみっともないと思うのだが。


休憩後、ここからオンエアー、アゴと蝶野の入場。蝶野だけリングに残され両選手の入場を待つ訳だが、バックステージで蝶野と商魂が一緒にモニターを見て何かコメントを言っていたなんて当日会場にいた客には知る由も無しで、やっと意味が分かった。

6.INOKIイズム "闘魂凄惨"
×スコット・ノートン 天山広吉 (12分02秒 片エビ固め) 橋本真也○ 小川直也
"闘魂凄惨"ということらしいが、"闘魂惨々"にならないかなと危惧したが、まあ普通の試合で終わった。いつもは受けない小川だけど、この日は少しは改心したのか、少しはプロレスを分かったてきたのか、この日はやけに相手の技を受ける。なんだか普通になっちゃったという感じだが。

天山は悪くは無いんだけど、誰が相手も一緒で、なんか直線的で緩みやユーモアが無いから、なんか息苦しくなってしまうんだな。全女なんてテンションを張りながらも、一瞬の緩みもちゃんとあって、見てて心地良かったのだが。根がマジメ過ぎるのかな。

今迄の試合がしょっぱかったこともあり、小川が出たこともあり、結構場内は盛り上がったが、この位見せてくれよという感じかな。それにしても橋本は社長業が忙しいのか、ブヨブヨで脂身だらけだね。あの体じゃ説得力は無いよね。


それと、何でこの試合に小鉄をレフリーにするか。大体小鉄がレフリングをする試合はしょっぱくなるのだが、カウントを取るのは力弱いし、なんか途中で選手と接触してヨレヨレになるし、場内から失笑が起きどうにもならなかった。

まあ、無難に終わったということでいいか。

7.格闘イデオロギー"闘魂決着"
安田忠夫vsドン・フライ

まずは安田の入場。相変わらずドン臭く花道を歩いていると、王者・ドンが花道から走り込んで急襲。ゴングが鳴る前から担架で運ばれることになる。やはり 王者・ドンはこうじゃなければ。痛快。

これで終わりでいいと思ったのだが、安田の治療が行われて、その後に試合を行われるということだ。取り敢えずドンは次のバス・ルッテンのセコンドに。

8.STRONG STYLE "格闘衛星"
中西学vs バス・ルッテン

もう総格ゴッコはいいし、どうせ猪木提供の試合だから、期待もしてなかったし、思い切り笑ってやろうと思ったのだが、バス・ルッテンが凄かった。

OFGを着用していなく、打撃はオープンではなく掌底なのが共感が持てる。ルッテンの攻撃は打撃中心なのだが、このキレとスピードがなんとも言えない雰囲気。見せてくれるという感じで、こういうのは理屈ではなく見た目なので、実際に見るしか無いのだが、ちゃんとプロレスをやろうという意識もヒシヒシ感じられて共感を持てた。さすがにスタミナは無く5分経過位でヘロヘロになるが、今迄の総格ファイターとは心構えが違うというのが感じられて、多少のミスなんてどうでもいい。

試合中、ルッテン・ジャンプにちゃんと付き合った中西も偉いと思ったが、試合全般でも中西はルッテンの商品価値を上げた。総格系のファイターはプロレスでは、ケアー、コールマン、G.Gといいどれも外したが、ルッテンは買いであろう。それと、中西の仕事振りも評価してあげないとな。この日のベストバウト。

×中西学 (6分00秒 三角絞め) バス・ルッテン○

ここでルッテンのマイク・アピールと王者ドンの演説。何を言っているか分からないのだが、どうやらTV的にはCMタイムらしい。20カウント以内に安田が出て来なければ、自分は試合をしない、みたいな事を言ったらしいか、ドンがカウントを数えると、よせばいいのに安田が速攻で上がって来る。

しかしこれが見事に王者・ドンの返り討ちに合い、秒殺される。これはいいね。王者・ドンはこうじゃないと。ただ、昔に比べると少し丸くなったけどね。

×安田忠夫 (1分51秒アキレス4の字固め) ドン・フライ○

9.RESURRECTION "新星転生"
佐々木健介 ×棚橋弘至 (14分38秒片エビ固め) リック・スタイナー スコット・スタイナー○

まずは特別レフリーのチャイナの入場。新日本のダサイTシャツを着ての入場なのだが、花道でそれを脱いで客席になげ、カットの深いビキニ姿に。Tバックで無かったのは少し残念であったが、網タイツも少しそそるし、ただでさえ大きいおっぱいなのに、後1センチ深ければチークビが見えちゃうのではないかというトップのカットの深さにはそそられた。

まあ、今更甘い汁を吸ってしまったスタイナーズ兄弟に期待するまでもないし、棚橋の頑張りを見ようというものであろうが、サポートが健介じゃねえ、という感じ。完全なトイレタイムなのに、チャイナが出て来てしまったのでどうしようかという悩まやしい試合。
試合はぎこちないチャイナのレフリングを見ているしかないのだが、なにか捻りがあるのではないかと思ったのだが、特別そういうものも無く、普通に試合が終わって、試合後にチャイナがスタイナー兄弟に突っかかり、海野レフリーをリフトアップしてスタイナー兄弟にぶつける。海野さんはその後スタイナー兄弟に場外に出されて惨々。新日本、いくら面白いスクリプトを作れないからと言って、あまり海野さんを邪険に使うんじゃねえよ。

その後チャイナのマイクアピールで、誰か私と戦う奴はいないのかという事を言っていたと思うのだが、それに呼応して全女軍団が出て来る。なんかシンの時もそうだったのだが、チャイナはセルフ・プロディース出来無いのか、なんか外し気味。まあ、日本の場合、アメリカのように直線的だけではなく、捻りが無いと受けないから仕方ないけど。

兎も角、新日本では調理しきれないという感じで、なんか空振り気味だが、素材が一級品だというのは確か。なんか惜しいよね。

アルシも有明コロシアムのメインは飛鳥vs大向で、チケットが伸び悩んでいるらしいが、どうせなら飛鳥vsチャイナでいけばいいのに。それなら私もOz興行を蹴ってでも行くな。もうチケットは買ったけど。

10.闘魂記念日メインイベント"闘魂象徴" IWGPヘビー級選手権試合
○永田裕志(王者) (15分36分 片エビ固め )高山善広×(挑戦者)

熱戦ではあったが、なんか違うというか、所詮は一流になれない選手同志の戦いなので、名勝負にはなりえないという感じか。

とにかく、二人ともリズムが悪い。なにかという10カウントやグランドで休んでいるとしか言い様がない。後半2.9合戦になって少しは湧いたが、高山の蹴りは説得力があるが、ルッテン、高山の後に永田の蹴りでのフィニシュというのも無理があるね。

試合後に藤田、王者・ドンに襲われ、ヘタレ・チャンピオン振りを見せるというのは、少し面白かったが、この寸劇もテンポが悪く、しびれを切らせた客から三沢コールが起き、お開きという始末。なにもかもが締まりがない。

11.新日本 vs NOAH 世紀の一戦 "闘強導夢"
蝶野正洋 vs 三沢光晴

試合前に長いVTR。私はこの日2Fだったので、このVTRに限らずPAが聞き取れなかったのだが、この何を言っているかわらないインタビュー・フィルムはシャンパンを前にした結婚式の長い挨拶同様苦痛であった。テレ浅はとことん人にイヤな思いをさせるのが好きなんだなと思えてしまう。

そして両者の入場。これには会場のテンションが今迄と段違いの凄い盛り上がり。ただし、後で考えてみると、試合中よりも入場時が一番テンションが高かったような気がするが。

それにしても三沢の体が渕化しているのが気になった。なんかプヨンプヨンで、昔はもっと艶と張りがあったような気がしたのだが。なんかこれを見ただけで、少し幻滅。

試合はドラ社長の提言通り、30分1本勝負。なんとなく嫌な予感がしたが、実際予想通り。基本的にはこの二人なので、ケンカキックとエルボーの打ち合いなのだが、時々見せるグランドの攻防もなかなか見せてくれる。前の単に休んでいるだけじゃないかという永田・高山戦とは大違いである。

それでも、試合時間15分経過のコールを聞いてから、段々と嫌な予感が的中しそうだという感じで、なんとなく醒めて来る。こうなってくると、両者の当たりもぬるいんじゃないかと感じて来てしまう。

途中の卍合戦とか、河津掛けの打ち合いなんかは結構楽しめたのだが、結果は予想通り。いかにも蝶野らしい無難な配慮かもしれないが、逆に言うと蝶野は一番やってはいけないことをしてしまったのではないか。客から言わせてもられると、一番考えられる結果だけど、最低の結果である。いくらプロレスでも、試合内容がしょっぱくても黒白つけてないと、欲求不満というか、残尿感が残る。昨年のモッチーの両者リングアウトというのは、そこに至る迄の右往左往が可笑しかったし、よくぞ考えついたというアングルで、試合中もかなりエキサイティングして見れたのだが、今回の時間切れ引き分けはね。

一番悲しいのは、ほとんど延長コールも起らなかったこと。どうせ、お前らヤル気無いならいいよという客側からの審判である。私は基本的には蝶野には好意的だったのだが、こんなのを見せられると。それでも試合時間28分位で、どっちかがフォールを取れば、歴史に残る試合になったのにね。

この試合で欲求不満になってしまい、思わずドームでの長州vs天龍戦をビデオで見てしまったのだが、まず役者が違うというか、技とかじゃなくて、眼の飛ばしあいから違うね。この試合でジョブした長州は本当の男だという感じで清々しさを感じたが、お互いを立てたらプロレスじゃないというか、両方ダウンしてしまった。

所どころ面白いところもあったが不完全燃焼で帰る客。しかも、9時40分だから5時間半以上も拘束されて。さすがにこれは長すぎる。だけど、何が面白かったと言えば、バス・ルッテン、チャイナ、小川、全女、倍償美津子と、全部新日本以外ではないか。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ