速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年4月21日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:負井

4/21 修斗 北沢タウンホール大会速報 
雨の下北駅を出ると、真っ赤なコスチュームのMr.さかいが焼肉さかいの割引券配っていました。大変だなぁ・・・とか、思いつつタウンホールへ。
お客さんよく入っていました。今日はいろんなトコから選手出てますしね。全カード発表のあとすぐに試合へ。

第1試合 02年度新人王トーナメントフェザー級1回戦5分2R
喜多浩樹
(日本/パレストラTOKYO)
vs
加納学×
(日本/相補体術)

(2R 判定 3−0)
ポジショニングに勝った喜多の判定勝。デビュー戦の加納、やや硬かったか。両者ともスタンドの打撃がちょっと自信なさげでした。

第2試合 バンタム級5分2R
×赤崎勝久
(日本/SHOOTOGYM K'z FACTORY)
vs
塙真一
(日本/和術慧舟會千葉支部)

(グランド状態の相手に対する頭部の蹴りによる失格)
ガードもしくは高田・ミルコ状態で、赤碕がパンチと足間接を、塙が下からの顔面蹴り・三角等を狙っていく。グランドで下になりコーナーに詰められた塙が、赤崎の打撃の隙をついて上体を起こしたところに、赤崎のシャイニングウィザード・・・もとい、膝がモロに鼻を直撃。ダメージ深く試合続行不可能により、赤坂の反則による失格となりました。
狙ったというよりも、流れで当たってしまった感じです。両者ともに残念なところでしょう。

第3試合 ライト級5分2R
風田陣
(日本/ピロクテテス新潟)
vs
菅谷Gatch正徳×
(日本/直心会格闘技道場)

(1R1分11秒 KO)
開始まもなく差し合いから離れ際に、風田の左右のショートフックがクリーンヒットし、菅谷がいきなりのダウン。
風田、辛くも立ち上がってきた菅谷に鋭いローを入れると、タックルからの差しにも対応して、逆に菅谷のレバーに左膝を突き刺し、再びダウンを奪う。菅谷、片膝着いたまま立ち上がれず、無念のKO負け。
モンコンつけて入場の風田、元MAキックランカーの打撃を見せ付けました。修斗の試合にも慣れてきて、いよいよ実力発揮か?

第4試合 ウェルター級5分2R
椎木努
(日本/直心会格闘技道場)
vs
溝口直右×
(日本/誠流会)

(2R1分53秒 KO)
1Rはほとんど椎木が上でのガードの攻防。が、2Rに入って展開が一変。開始早々、溝口の大振りパンチがヒットし、対角線のコーナまで椎木を追っていく。何とかタックルにいく椎木を潰してマウントまで奪うも、勢い付きすぎて返される。溝口、止まらず攻めるも、椎木の体がロープの外に出てしまいブレイク。
完全に興奮状態の両者、正面から激しくパンチ打ちあうが、椎木の右がカウンター気味に入り、溝口、頭から崩れ落ちる。椎木なおも攻めようとするが、鈴木レフリーがすぐさまストップ。KOされた溝口は完全に意識とんでいて、何がおきたかわからない様子でした。
広島のK−1の向こうを張るかのような逆転KO劇でした。

第5試合 ライト級5分2R
門脇英基
(日本/和術慧舟會)
vs
宮本直哉×
(日本/ナックル・ジム)

(1R2分12秒 スリーパーホールド)
デビュー戦の宮本、背は低いが、パンパンの上半身。黒のスパッツには金町ナックルジムの文字が。対するファンタジスタ門脇は、階級落としたものの、やはりひょろっとした印象。白のスパッツには「トキメキ恋愛ハイスクール」の文字。・・・まさかイメクラ?
試合は、力強く宮本がテイクダウン奪うも、門脇、足を利かせて何もさせず。差し合いからは、リーチ差もあって門脇の膝が効果的に入り、ダウンまで奪ちゃいました。
最後は宮本のタックルを切った門脇が、サイドバックからの形でチョークを極めての一本勝ち。
グランドで簡単に下にならず、差合いも粘り強くなった門脇、強くなっていると思います。新人王トーナメントが楽しみです。

セミファイナル フェザー級5分2R
塩沢正人
(日本/和術慧舟會)
vs
木部亮(日本/ALIVE)×
(日本/K'z FACTORY)

(2R 判定 3−0)
塩沢、テイクダウンを奪われ下になるものの、内から足を利かせ、木部の上体・肘をコントロールして何度も体を浮かし、見事なスイープを決めて上のポジションを奪ってしまう。上からはがっちりとサイドを固めて、関節を狙っていく。1R最後のV1→腕ひしぎの仕掛けは、時間があれば決まっていたかもしれません。判定とはいえ塩沢の完勝。
木部は、ハーフまでいくものの塩沢の足を越える事は出来ず。ややパスガードが粗かったか。

メインイベント ウェルター級5分2R
×山崎剛
(日本/TEAMGRABAKA)
vs
川尻達也
(日本/総合格闘技TOPS)

(2R 判定 0−3)
グラバカ山崎のセコンドには、佐々木・佐藤といった面々が。さすがに菊田は来てなかったようです。
後楽園で一度流れたこのカード、以外なほどに、川尻が上からパンチで攻め続ける、一方的といってもいい展開に。
山崎はタックルが中途半端で、持ち前のねちっこいテイクダウンが不発。逆に川尻に上をとられてしまい、下からのアームロック・潜りこみからの攻め等も狙うも、川尻の堅い守りの前に一度も上のポジションを奪う事が出来ず。2R終盤に意地を見せたものの、完敗といって良いでしょう。
新人王トーナメント出場中の川尻は、ランカー山崎から見事な金星。とにかく力強く安定感があり、このまま上位に食い込んできそうです。

カード的に少し地味かとも思いましたが、アグレッシブに攻める姿勢が良い方向に出て好勝負続出で、今年の下北ではベストの内容と言って良いかもしれません。良い傾向でしょうか。
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 負井



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ