4/14修斗下北大会観戦記(昼の部)
■団体:修斗
■日時:2002年4月14日
■会場:北沢タウンホール-昼の部-
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
長い一日でした。選手欠場、カード変更が出まくって、正直期待していなかった大会でしたけど、
第1部も第2部も案外見応えがあって良かったですね。お客もそこそこ入っていたし。

大会が始まると、北側にでっかいスクリーンが。映り具合はいまいちだが、かなりかっこいい、
過去における修斗の試合のダイジェスト映像が。相当かっこよかった。

で、第1部も第2部も含めた全選手入場。勝村選手が全選手を代表して挨拶。

そしていきなり、全員がそれぞれ自前のTシャツを脱いで、会場へ投げる。
みんな自前Tシャツの下はお揃いのWANNA SHOOTO 2002 Tシャツ。

うしシューターが欠場のお詫びの挨拶。
「一度決まったカードが行われないことはあってはならないこと」
「ファンあってのプロ選手」「選手、業界が考えなくてはいけない」って感じ。真摯でいいコメントでした。

協会からも、「欠場選手には罰金やファイトマネーダウンを課すことを検討中」だとか。

んで、観戦記です。

第1試合 ウェルター級 5分2R
△内村世己(日本/パレストラTOKYO)
△富樫健一郎(日本/パレストラHIROSHIMA)
判定1-0 (19-19,20-19,19-19)

富樫選手、よくオファー受けました。急遽出場。セコンドにはパレ松組が。

1R
富樫、パンチ当てる。内村片足タックル。富樫倒れず、コーナーでヒザを連打。
コーナーでやや膠着。富樫パンチ上手い。内村また片足タックル。富樫引き込んで三角絞め。
そして腕十字に。内村腕抜く。

2R
富樫パンチで押す。内村見事一本背負い!富樫はすぐガードに。内村小さなパンチ落とす。
富樫三角仕掛け、オモプラッタに。内村腕抜いてパンチ。富樫またも三角狙いも内村抜いて、
飛び込みハーフに。富樫はスイープ狙いも不発。アリ・猪木状態に。

富樫選手に1ポイントでドロー。富樫選手の打撃、下からの仕掛け。内村選手のテイクダウン、パワーと
お互い持ち味が出た試合。富樫選手いい選手だよな。


第2試合 ミドル級 5分2R
○菊地 昭(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
×ヤニ・ラックス(スウェーデン/MMAアライアンス)
1R 2'51" チキンウイングアームロック

ラックスは体大きい。特に背筋は見事。菊地選手はデビュー戦よりやや体締まった感じ?

菊地が距離詰めたところ、見事カウンターの右ストレートがヒット!菊地そのままタックルに行くも、
明らかに腰が落ちたため、ダウン!さほど効いてはいない模様。再開後すぐタックルに行き、
ハーフに。そしてパス。ラックスもいったん戻すが、またも菊地パス、そして上四方に。
いつもどおりに柔道殺法炸裂。ぐわっ!っと脇を差して、プレッシャー。そして一気にアームロックに。
ラックスも粘ったがタップ。大逆転劇に会場も盛り上がる。

さすが、寝技大魔人。スタンド打撃への対応は、まだ心配なところを見せたが、寝技はお見事。
一本がなかなか出ないこの時代に2試合連続一本はお見事。ライバルの弘中選手といい、この菊地選手
といい、今年の新人2人は早くも上位との対決が見たい。

ラックス、寝技では相手にならなかった。最後も無理したようで、試合後は腕を吊っていた。
でも短い時間ながらも印象は良い選手。打撃も鋭かったし。もう一度見たいかも。


第3試合 ウェルター級 5分2R
○藤原正人(日本/パレストラ東京)
×フィンセント・ラトゥール(オランダ/タツジン・ドージョー)
1R 3'53" 腕ひしぎ三角固め

ラトゥールは急遽代打出場の選手。ナチュラルな70キロって感じの体格(笑)。
不安そうな顔でうつむき、師匠のマルタインが肩を抱いて入場。大丈夫か(^-^;)?

藤原組み付きサバ折りテイクダウン。そして一気にマウント。じっくり抑えてからパンチ。
ラトゥールは「ヤアー!」と気合いを発するが、体勢は変えられず。藤原のやや強引にいった腕十字は
ラトゥールがなんとか腕を抜いたため極まらず。しかし下になった藤原、冷静にというか期待通りに
あっさり得意の三角へ。ラトゥール粘るも、藤原そのままスイープし、パンチ落とす。そして
三角で固めたまま、腕を伸ばして、ラトゥールタップ。

藤原選手、実力差を見せつけて圧勝。まあ当たり前だけど。最近は強さに安定感が出てきたと思う。
そろそろ格上の選手との対戦を期待したい。

ラトゥールは代打出場なんで・・・。レベルが低いのはしょうがないでしょう。頑張ったと思う。
やはりドゥドゥが見たかった。次の機会には是非!


マルタインに功労賞の授与式。マルタインすげーうれしそう。いい人そうだ。
そしてマッハのトークショー。いつもどおりだが、さすがに敗戦の後だけに歯切れが悪かった。
んでもって休憩。


第4試合 ブラジリアン柔術 紫帯チャレンジ68kg契約 7分一本勝負
○渡辺 孝(日本/パレストラ東京)
×若林次郎(日本/SKアブソリュート)
アドバンテージ 2-0

次郎さんは青のハワード着。孝くんはいつものパレ着。

渡辺、組んで奥襟掴む。渡辺片足タックルからテイクダウンして2PGet!バック狙うも若林立つ。
渡辺タックルし、若林アームロック狙い。渡辺またもバックを制し、アドバンGet。
絞め狙うも、若林冷静に凌ぐ。ガードから若林が帯取って仕掛け、渡辺と空間が出来たところ、
裾取って、立ち上がりテイクダウンで若林が2PGet!渡辺すぐ起きてタックル。若林うつぶせになって
凌ぐ。ここでまたバックのアドが渡辺に。

僅差ながらも孝くんが盤石の試合で勝利。またまた国内無敗を更新。うーん強い。規格外の体と、
レスリングテクで勝ち続ける孝くん。茶帯にならないと相手がいないか?
試合展開自体は地味で会場はさほど盛り上がらなかったかな。


第5試合 72kg契約 5分2R
○マルース・クーネン(オランダ/タツジン・ドージョー)
×石原美和子(日本/禅道会)
判定2-0 (20-19,20-19,19-19)

この試合が目当てだったようで、とにかく女子総合の関係者、プロ選手が会場に多かった。
僕が分かるだけでも、篠さん、木村浩一郎さん、久保田選手、高橋選手、ドレイク選手なんかがいた。
禅道会関係者もかなりの数。石原選手の応援に来てた。

1R
クーネン鋭いパンチ出す。ジャブを連打。しかしそれをことごとく石原はパーリング、スウェーで
よける。石原素晴らしい!石原詰めて組み付き、コーナーに押し込む。クーネンは倒れない。
そしてヒザを石原に当てていく。やや膠着。離れてパンチ打ち合い。クーネンの右フックが当たる。
組まれるとクーネンは首相撲からのヒザ連打。石原の左目の上は、かなり腫れ上がる。

2R
石原コーナーに押し込む。石原押し込んだり足をかけたり仕掛けるが、やはりクーネンは倒れず。
クーネンは顔面に向けてヒザを出す。離れてお互いパンチ交錯。クーネンがプレッシャーかける。
石原は下がりながらもカウンター狙い。

スタンドでの優勢が評価されてクーネンが勝利。
個人的には寝技も見たかったが、スタンドの打撃は緊張感があってよかった。
寝技でのえげつない打撃がなかったためか、観戦者にもそこそこ好評の試合だった。


第6試合 フェザー級 5分2R
△今泉堅太郎(日本/SKアブソリュート/5位)
△勝村周一郎(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
判定1-0 (20-19,19-19,19-19)

勝村選手、教え子の描いた絵?をコーナーにかけて試合に挑む。

1R
今泉、跳びヒザ!当たらず。コーナーで差し合いに。今泉離れてお互いパンチ打ち合い。今泉の方が、
パンチはシャープなイメージがあったが、勝村が打ち勝ち、今泉は顔を背ける。すかさず勝村バックに
飛びつく。しかし今泉そのまま前に落とす。するとすぐ勝村は下から三角狙い。今泉は頭抜いて、ハーフに。
そしてパンチ落とす。勝村は今泉の足取ってアンクル狙い。かなり強烈に絞り上げるが、今泉は
かまわず上体を捻りつつ、上からパンチをガンガン落とす。勝村はガードに戻し、すかさず腕十字狙い。
今泉は凌ぐ。

2R
勝村パンチで押す。今泉は飛びついてギロチン。勝村は頭抜く。今泉ヒップスロー狙いも勝村耐える。
今泉思い切り勝村の胴を蹴って立つ。またも勝村パンチで押し、今泉やや崩れる。しかし今泉
タックルでテイクダウン。すると勝村見事なヒップスローでスイープ!そしてマウントパンチ。
今泉すぐ暴れつつ、TKシザース。勝村崩され下に。またもインサイドの今泉に対し、
アームロック、腕十字をどんどん仕掛けていく。勝村は流れから上を取りそうになるも、
今泉は得意の小手投げで勝村を崩し、上をキープ。またも勝村は腕十字を仕掛ける。

ドローの裁定に今泉陣営からは驚きの声が。確かに1Rは上からパンチで殴り続けた今泉選手のラウンド
だろうが、2Rに関してジャッジは勝村選手のスタンドパンチ、そして下からの積極的な仕掛けを評価
した模様。これは納得。
なんだか、最近下からの攻めが攻勢点として評価されているような・・・。うーん、いいことだ。

今泉選手、とにかくバランスが良く、腰が強く、上をキープするが、スタンド打撃で弱みを見せ、
上からもさほど攻められなかった。もっと上位を狙うためにはいまいちの試合内容。

勝村選手。この試合は良かった!鋭いパンチ。そしてなんといってもアグレッシブで有効なガードからの
仕掛け。こんなに下からの技術があるとは。なんでもそこそこの選手のイメージしかなかったので
かなり僕的に評価が上がった。ランキング5位と引き分けだし、クラスA昇格でもいいのでは?
とにかくこの試合が第2部も含めた文句無しベストバウト。勝村選手がこの日一番印象に残った。

てなわけで、第2部の観戦記はまた後日。あ、今週末の見所もあるや。参ったな・・・。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ