速報観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年4月14日
■会場:北沢タウンホール-昼の部-
■書き手:負井

4/14 修斗 北沢タウンホール大会 昼の部 速報 14:00 Start
いつもの下北ぐらいの入りでしょうか、350前後。客層もいつもの下北の客層。
下北興行には珍しく、スクリーンを使った名場面プロモの上映の後に、第1部・第2部合わせた全選手入場。総勢24名がリングに上がった様は流石に圧巻でした。
さらには、勝村選手のマイクの後で、全選手によるTシャツ投げ。突然のことに客席反応できず(笑)
これをはじめ、今日の興行は、ファンサービスに努めよう、という姿勢が随所に現れていました。
第1試合 02年度新人王トーナメントウェルター級1回戦5分2R
内村世己
(日本/パレストラTOKYO)
vs
富樫健一郎
(日本/パレストラHIROSHIMA)

(R分秒 ドロー 0−1)
1Rは冨樫の下からの極め、2Rは内村の上からの攻めが評価されたか、ドローの裁定。大会4日前に出場のオファーを受けた冨樫選手、ごくろうさまでした。
第2試合 ミドル級5分2R
菊地昭
(日本/SHOOTOGYMK'zFACTORY)
vs
ヤニ・ラックス×
(スウェーデン/MMAアライアンス)

(1R2分51秒 チキンウイングアームロック)
いきなりカウンターもらってのダウンでヒヤッとするも、テイクダウンしてからは磐石の攻めで、見事な一本勝ちの菊池選手、かなり強いです。最後はV1を相手が凌ぐも,そのままキープして頭をまたいで固めてしまいました。
スカンジナビアのヤニ選手も、なかなかグランドもできる感じでしたが、ちょっと相手が悪かったか? また見たい選手です。
第3試合 ウェルター級5分2R
藤原正人
(日本/パレストラ東京)
vs
ビセント・ラトゥール×
(オランダオランダ/タツジン・ドージョー)

(1R3分53秒 腕ひしぎ三角固め)
ビザ発給トラブルで来日不能となった、ブラジル修斗の雄・ペケーニョの弟子達に代わって、オランダ修斗の雄・マルタインの弟子達が急遽参戦。緊張と不安で一杯という感じでした。
試合は、マウントからの腕十字を凌がれるも、そのまま三角固めに捕らえ、きっちりと藤原が一本勝ち。
さすがに プロデビュー戦・初来日・急なオファー はきつかったでしょうか?
第4試合 ブラジリアン柔術紫帯チャレンジ68kg契約7分一本勝負
渡辺 孝
(日本/パレストラ東京)
vs
若林次郎×
(日本/SKアブソリュート)

(ポイント2−2 アドバンテージ2−0)
渡辺がタックルでのテイクダウンで2Pを奪い、そのままバックを脅かし続け、柔術での実力差を感じさせるが、試合終了間際に、腰投げ→すくい投げ気味のテイクダウンで2Pをもぎ取り、若林も意地を見せた。
セミファイナル 72kg契約5分2R
マルース・クーネン
(オランダ/タツジン・ドージョー)
vs
石原美和子×
(日本/禅道会)

(2R 判定2−0)
会場には、高橋・久保田・ドレイク・しなし、スマック関係者・AX関係者といった面々がズラリと。現状の女子最強決定戦に注目度も高く。
試合はコーナーでの攻防が多かったものの、緊張感あふれる好勝負。勝敗を分けたのは(クーネン178 石原155)というリーチの差でしょうか。技術的にほぼ互角で、流石にこの差は大きいかと。
離れての打撃のやり取りは、石原も良く見てスウェー・パーリングで捌いていくものの、自らの攻撃が飛び込んでの左右のフックなので、その際にどうしてもクーネンのパンチをもらってしまってました。骨同士があたったのか、石原の左目上、お岩さん状態に。

クーネン、パンチがかなり上達し、腰も重くなり、ちょっと手がつけられない感じです。
メインイベント フェザー級5分2R
今泉堅太郎
(日本/SKアブソリュート/5位)
vs
勝村周一郎
(日本/SHOOTOGYMK'zFACTORY)

(2R ドロー 1−0)
両者アグレッシブに攻め、クルクルと攻守の入れ替わる好試合。スピードがあり、技術的にもハイレベルな攻防でした。ただ、ある程度ポジションを捨てていかないと、こういう攻防にはならないのかもしれません。
上を取ることの多かった、今泉の勝ちかとも思いましたが、前回の名古屋大会から、判定基準が変わってきたのかもしれません。特に鈴木レフリーの。
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 負井



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ