速報観戦記
■団体:全日本
■日時:2002年4月13日
■会場:日本武道館
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)



4/13 全日本 日本武道館大会速報 18:00 Start
今日もスカパーで生中継。3台並ぶ中継車のうち2つに「FUJI TELEVISION」の文字が!ちょっと期待だな。
メジャーらしく6時ちょうどの開始。会場は2F席に空席が目立つもアリーナ、1Fは満員。
ダフ屋も割引で売っていたのは正直意外でした。
第1試合 シングル・マッチ30分1本勝負
平井伸和
vs
ヤス・ウラノ×

(5分39秒 逆エビ固め)
いじめられキャラかと思えばそうでもないちょっと中途半端なヤス・ウラノ。攻め込めたの最初だけで、結局平井のパワーボムからの若手時代の天山の得意技である両足抱え込み式逆エビでタップ。痛みの説得力がないんだよなぁ、コレ。

第2試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
 カズ・ハヤシ
ジミー・ヤン
 Hi69
vs
宮本和志 
愚乱・浪花 
土方隆司×

(10分30秒 ヤン・タイム → 片エビ固め)
ヤンはこれからもレギュラー格として登場するようだが、ヤングドラゴンズのもう一人は呼べないの?呼ばないの?残念ながら今日で全日本から離れるHi69はハッキリ言ってミラコレより「買い」。このまま契約しちゃえばいいのに。
フィニッシュのヤン・タイム(カンクーン・トルネード?)がズバリ決まったが、こういうので決着すると気持ちいいね。

第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
馳 浩
 保坂秀樹
vs
ジョージ・ハインズ 
本間朋晃×

(11分56秒 北斗原爆固め)
どうも馳が本間と保坂の試験官気分で出てきたような気がしてイマイチ楽しめなかった。ハインズがこの位置というのはもったいないが、「ではどうすれば・・・」と言われても答えが見えてこないんだよな。
ジャイアントスイング30回転は見事でした。

-->
第4試合 世界ジュニアヘビー級王座決定戦 60分1本勝負
×渕 正信
vs
ケンドー・カシン

(16分54秒 飛び付き腕ひしぎ十字固め)
タイトルマッチ宣言を読み上げるために登場したハンセンに会場は一気にヒートアップ。みんな期待してるんだから「ウィー!」ってやって欲しいな。
フィニッシュ直前の飛び付き十字の前にウォーリーにキックをかましたのはいいが、それまでの流れにいまひとつ説得力がなく、お返しのウォー
リーのストンピングに期待ほどの観客のリアクションが薄かったのが残念。
カシンとウォーリーの抗争に持っていくくらいに練って欲しかった。
GK「見事にベルトを取りましたね」
カシン「その前におめでとうだろ?」
GK「タイトル奪取おめでとうございます」
カシン「うん、余計なお世話だ。」

第5試合 全日本プロレス旗揚げ30周年特別企画第二弾
ジャイアント馬場杯争奪6人タッグトーナメント 一回戦第一試合 時間無制限1本勝負
スティーブ・ウイリアムス
 マイク・ロトンド
 安生洋二
vs
マイク・バートン 
ジム・スティール 
ザ・セッドマン×

(16分16秒 片エビ固め)
どう考えても元子さんがちょっと思いついた事を実現させてしまっただけにしか思えないこの企画。目玉はカシン&ブッチャー&スミス組だけ。カシン&ブッチャーでのアジアタッグ挑戦もありそうだな。

第6試合 アジアタッグ王座決定戦 60分1本勝負
 長井満也
×奥村茂雄
vs
 
荒谷信孝

(23分27秒 ラリアート → 片エビ固め)
昨年の最強タッグでは決勝まで行った長井も川田という後ろ盾がなくなると、アジアタッグすら巻けなくなってしまう悲しい現実。終盤のキックアウト合戦はちょっと?だけど、ガイアのカット合戦よりは数倍いいよね。

セミファイナル 三冠挑戦者決定戦 60分1本勝負
×太陽ケア
vs
小島 聡

(17分13秒 ラリアート → 片エビ固め)
とにかく小島の会場人気はバカ凄いですよ。ケアはホームなのにちょっと気の毒だ。結局2人はハワイアン・スマッシャーとラリアートの次の手がないわけだけど、逆にフィニッシュとしてのこだわりが見えて判り易いのがいいな。ケアもシングルでは初めて面白いと思えました。

メインイベント 三冠ヘビー級王座決定戦 60分1本勝負
天龍源一郎
vs
武藤敬司×

(19分38秒 垂直落下式ブレーンバスター → 片エビ固め)
ベテランらしからず常に新しいスポットを用意するこの2人の対決だが、今回は天龍のシャイニング・ウィザードとBATTポーズでした。
武藤はエースの自覚からか動かないはずのヒザで躍動感あふれる動きを見せ、ムーンサルト自爆を3回にバク宙キックまで出したのは驚嘆しますよ。これ以上天龍の商品価値を落とさないためにも今回は・・・という読みと1シリーズ2連敗はしないだろう読みのハザマの中でメインにふさわしい仕事ぶりを見せてくれました。
天龍の52才という事が信じられないハードな動きは、これからしばらくの最後の狂い咲きにまだまだ期待できそう。サスガに昨年の試合との比較はツライけどね。


総括
後楽園の開幕戦では01っぽさまで感じられた全日本も武道館ではキッチリメジャー仕様でした。それはそれで面白いけど、ちょっと期待ハズレでもあるかな。
武藤グループの全日本乗っ取りが着々と進む中、天龍たちがどう踏んばって行くのかを楽しむもヨシ。新日本には期待できない新しい風景が作られていく姿をリアルタイムで見ていく楽しみ方もヨシ。
今自分のイチオシは全日本プロレスです!


今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by タカハシ



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ