速報版観戦記
■団体:SmackGirl
■日時:2002年4月7日
■会場:ディファ有明
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

4/7 SmackGirl 〜Royal Smack 2002〜 ディファ有明大会速報 18:30Start
昼間のアルシオン(?)が押したとかで、開場大幅に遅れ、開演も15分の遅れ。
ディファに移ってからは、最低の入りか? が、相変らず現場関係者多い。
NTT系の新ネットサービスの宣伝が延々(10分以上)流れた後、
さーて開始だと思いきや、段取り悪すぎ。つーか、音響担当者、腹を切れ。
第一試合 Royal Smack 時間差バトルロイヤル
(参加選手 順不同)
 ナナチャンチン(チーム南部)
 Lay-Ho(ボディプラント)
 滝本美咲(禅道会)
 金子真理(禅道会)
 照井和瑛(フリー)
 酒井真紀(FW)
 川又尚美(フリー)

(11分48秒 ○金子真理(腕十字)滝本美咲×)
最初は、ナナチャンチン、レイホーのお遊びコンビから。
笑ってしまう2人に「笑うな」と野次あり。その通りだマジメにやれ。
続いて照井。ヨワヨワ2人組みに狙われるが、2人まとめて吹っ飛ばす。
続いて川又。この中では明らかに1番強い照井を狙って、見事に十字取る。
(照井脱落)
続いて金子。ここから、レスリングの実績バツグンの川又、執拗に金子を狙う。
2人のマッチファイトと、その他ヨワヨワ組みに分かれてファイト。
続いて酒井。登場してすぐナナチャンチンからタップ奪う。
(ナナチャンチン脱落)
続いて瀧本。同門金子とグラウンドやってる川又に襲いかかり、
ウマいタイミングで腕十字。
(川又脱落)
この辺で、
(レイホー脱落)←誰に取られたかメモれてませんでした、すいません。
禅道2人vs酒井の3人が残り、2vs1になったが、観客の野次に乗せられ、
禅道同士もそこそこ熱の入ったファイト。が、結局、
(酒井脱落)
最後は、金子が執拗に腕を狙って。

根本的に無理があるということさえ度外視すれば、
成功であると言っていいのでは?
ナナチャンチンや、レイホーといった、
1番真剣なファイトをすべき連中が、ヌルいのはいただけないぞ。
第二試合
×渡邊久江
(LIMIT)
vs
大門まい子
(闇愚羅)

(1R2分12秒 Gパンチに警告2回で反則失格)
金髪ロングヘアーのズラに花束持って入場の渡邉、なかなか華があってよろしい。
対する大門はニックネーム“オッサン”の通り、コワモテ風。
が、辻・川又に匹敵するレンスリングの強豪。
単発だがそこそこシャープなパンチを当てたものの、
渡邉、やはりすぐ倒されてしまう。が、闘争心は凄い。
それが裏目に出て、反則2回。そんなに悪い感じはしなかった。
意図的なモノではないと思うが、早めに止めた市之瀬レフェリーの判断正解。
第三試合
杉本由美子
(禅道会)
vs
張替美佳×
(GF2)

(2R3分47秒 上からのアームロック)
前回好ファイトのハリーだが、
実力伯仲の相手だと雑さが目立ってしまう。
強引な首投げで体勢悪くすることが多し。
打撃でも押し気味だったし、きれいなフロントスープレックスから、
サイドを取って、あとひといきで十字極まるところまで行ったのに、
最後は、ポジション取られて、上からのアームロックを極められて。

休憩明けにクドメが、キックボクサー飛鳥(←字あってるかな?)と、
2人でリングに上がり、チームを作った旨の挨拶。
「チームイファイヤージェニック」
女子プロ、総合双方に対応出来る選手を作りたいとのこと。
第四試合 変則タッグマッチ
ドレイク森松
(フリー)
vs
坂口一美(GF2) 
金井広美(GF2)×
市村幸恵(GF2) 

(3R2分1秒 サイドからのアームロック)
進行悪くて、どうもモッサリしていた会場の空気を変えたドレイクが本日のMVP。
これまたお遊びファイトかよと、舐めていた雰囲気を一変させた。
最初に出た市村が打撃で押されて、ヨワヨワ坂口にタッチすると、
容赦ない打撃でダウンを奪う。小さな荒鷲・坂口泣いちゃいました。
しかし、ヨワヨワチーム、金井のがんばりで、
激しいドレイクとの打撃戦を、凌ぎに凌ぎまくり、
ドレイクのバテを誘い、何とか3Rまで持ち込む。
最後は、強引な腕関節でタップするも大善戦。
ヨワヨワチーム、このひたむきさが大切なんだ。
これがスマックの魅力なんだ。と、速報なのに力説するメモ8であります。
ナナチャンチンはこの試合を見習うべし!!!
ドレイク、インタビューの受け答えもバツグンで文句なし。
セミファイナル
しなしさとこ
(GF AACC)
vs
小池亜伊子×
(禅道会)

(1R1分1秒 腕十字)
SBの土井や若林弟を引き連れ、キッチリ練習している印象を与えるしなし、
今日は打撃に付き合わず、しゃがんだ背負い(←これ相手強いと通用しないよ)から、
グラウンドに持っていて、あっという間に十字。伸びきるも、小池タップしないが、
下から市之瀬さんが止めろ〜と絶叫し、ストップ。妥当。
メインイベント
辻結花
(闇愚羅)
vs
岡裕美×
(フリー)

(1R3分42秒 バックからのチョーク)
まったく打撃に付き合わず、早いタックルを、
シングル・ダブルと品を替え決めていく、辻ちゃん、さすが。
最後は初めてのガブリの体勢から、凄いスピードでバックを取って。
辻の唯一の不安点は、セコンドについた若林@パレ番頭くらいか。
自分が戦略練っているわけでもないだろうに、闇愚羅の連中差し置いて、
指示だしまくり(ドレイクのセコンドにもついていた)。
セコンド困った顔してました。指示自体は、的確だったと思うが
(修斗を前提として、グラウンドでは密着しようとする辻の身体を
起こさせていた。スマックではそれで正解)。
ところで、ちゃんと修斗に届け出してきてるんだろうな(爆)。
岡も、相手が強すぎたが、また見たいと思わせてくれる
雰囲気をもった選手だったので、エースを狙え!
前回よくなっていた進行が後退してしまい、ボロボロだった前半戦に、
中途半端に身内な自分は、すっかりブルーになってしまいました。
ドレイクが会場の空気を替え、実力者のしなしと辻がキッチリしめて、
何とか、いい興行になって一安心といったところ。
パレ番頭以外にも、木村@AXも顔を見せ、
激しい選手の奪い合いが予想される今後の女子総合に、
どこまでガチでありながらエンタメ路線という個性を確立できるか。
ハンデキャップマッチは思わぬ拾い物でした。
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ