速報観戦記
■団体:NOAH
■日時:2002年4月7日
■会場:有明コロシアム
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

4/7 NOAH 〜Come and Watch in Ariake〜 有明コロシアム大会速報 15:00 Start
第一試合
 ラッシャー木村
百田光雄
 青柳政司
vs
永源遙 
泉田純 
川畑輝鎮×

(11分34秒 足折り式エビ固め)

第二試合
 本田多聞
 井上雅央
 KENTA
×鈴木鼓太郎
vs
マイケル・モデスト 
ドノバンモーガン 
リチャード・スリンガー
スパースター・スティーブ 

(11分01秒 チャタヌガチンチン → 片エビ固め)
この試合の途中から観戦。客席は八割の入りか?
上のほうで空席が目立ってました。
見せ場はドロップキックの数珠繋ぎ。
しかし多聞は参加せず。できないのか?
第三試合
斎藤彰俊
vs
志賀賢太郎×

(8分49秒 スイクルデス → 片エビ固め)
秋山軍スターネスの副将と、元スターネス使いっパシリ系の対決。
前日に秋山とのシングルで好勝負したらしいが、
今日は普段通りのシガケンでした。
第四試合
高山善廣
 杉浦貴
vs
池田大輔 
モハメド・ヨネ×

(8分31秒 ジャーマンスープレックスホールド)
ダイスケとヨネのコンビは良いですなぁ。
バトラーツ時代に見たかった。
杉浦がつかまり、高山の反撃もなかなか上手くいかなかったが
最後はナイスジャーマン(大森調)でキッチリ。
第五試合
×佐野巧真
vs
スコーピオ

(10分56秒 飛びつき前方回転エビ固め)
NOAH版のランキングマッチ。
佐野の序列は元タッグベルト保持者よりも
0.5枚ぶんだけ下ということですね。
それはともかく、よもや馬場直系の弟子が作ったリング、
ましてこんな大舞台で野毛道場出身者同士のシングルが
見れるとは…
第六試合
×菊地毅
 金丸義信
vs
獣神サンダー・ライガー 
田中稔

(16分35秒 腕ひしぎ逆十字固め → レフェリーストップ)
ライガー上手すぎ!
前回の武道館同様、完全に客を手のひらに乗せてました。
やっぱりライガーは他団体でヒールやってるほうが
絶対にカッコイイ。
あまりふてぶてしい態度の似合わない田中稔が
二度目の腕ひしぎでレフェリーストップ勝ち。
第七試合
ベイダー
vs
バイソン・スミス×

(4分40秒 チョークスラム → 体固め)
トイレに行ってタバコを吸って席に戻ったら丁度試合終了。
さぁ次のジュニアヘビー選手権、気合入れてみるぞ!
と思ったら、この試合の後で二度目の休憩時間が設けられました。
ちょう意味無ぇじゃんかよ。>トイレタイム
第八試合 GHCジュニアヘビー級選手権試合
(選手権者)
×丸藤正道
vs
(挑戦者)
橋誠

(21分28秒 レフェリーストップ)
初めての長時間シングルと思われる橋は途中からいっぱいいっぱい。
こういうときこそ王者の真価が問われるんだけど、
今日の丸藤はそれどころじゃなかった模様。
唐突に膝をおさえてうずくまったところでレフェリーストップ。
橋は露骨に不満な表情を浮かべ、ベルトも巻かずに退場。
*セミファイナル終了後、橋はベルトを受理しなかったため
GHC管理委員会預かりとなったことが発表された。
第九試合
三沢光晴
vs
冬木弘道×

(15分43秒 ランニングエルボー → 片エビ固め)
三沢、気持ちが若手の頃に戻ったか「カウンターの巻き投げ」なんて
技を見せてました。まぁ十何年ぶりかのシングルだもんな。無理なからず。
終盤は気持ちを切り替えて…というか切り替えすぎたのか、
いままで見せたことのないような試合運び。
なんせ金村は乱入するわ、机には叩きつけられるわ。もう大変。
最後はクリーンに握手で別れた両者。
その後、三沢は冬木に一礼。冬木は客席四方に礼。
第十試合 GHCヘビー級選手権次期挑戦者決定戦
田上明
vs
大森隆男×

(8分26秒 俺が田上だ → 体固め)
序盤から大技が飛び交いまくりで、大味ながらも楽しめた試合。
てっきり大森が勝つと思ってたので、この結果は意外。
本当に海外に行くんだなぁ、大森。
セミファイナル GHCタッグ選手権試合
(選手権者)
森嶋猛
 力皇猛
vs
(挑戦者)
中西学 
吉江豊×

(24分7秒 バックドロップ → 片エビ固め)
現状打破のため名乗りをあげた吉江のための試合であるため、
中西は終始引っ込み気味。
それでもリキを軽々とボディスラムで投げたり、
森嶋を軽々とアルゼンチンで持ち上げたりと
さすがは日本一の怪力男たる片鱗を見せてましたが。
それにしても、ダメだダメだとは思ってたけど
まさかここまでダメだとは思わなかった。>吉江
メインイベント GHCヘビー級選手権試合
(選手権者)
×秋山準
vs
(挑戦者)
小川良成

(4分20秒 変形首固め)
普通に考えればありえない結果。
普通に考えなくてもやっぱりありえない結果。
個人的にはこの結果は全面支持!
やっとNOAHが「意外性」に目を向けたことが
嬉しくて嬉しくてしょうがない。

歴史的な興行でした。
詳しくは後日投稿予定の観戦記本編にて!
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by 愚傾



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ