速報版観戦記
■団体:修斗
■日時:2002年3月31日
■会場:名古屋市公会堂
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

3/31 修斗 名古屋市公会堂大会速報 15:00Start
会場の市立公会堂がある鶴舞公園は花見客で大賑わい。
ついつい焼き鳥とビールで一杯やっちゃいました。
お陰で修斗気分盛り上がりまくり(なわけないだろ)。
昔ながらのいかにも公会堂という建物に入ると、
そこだけは、もう別空間。濃密な修斗プロパーな空気が漂う。
なんつーか、基本が体育会というか(悪口じゃないよ)。
会場は下北より一回り大きく、ステラホールよりは1回り小さいという感じ。
席数は600位かな(ざっくり数えました)。
勿論超満員です。立ち見もかなり出ました。
第1試合 02年度新人王トーナメントバンタム級1回戦5分2R 
×藏田圭介
(日本/ALIVE)
vs
阿部マサトシ
(日本/AACC)

(1R4分39秒 チョーク)
元気も気合も充分の地元藏田が、パンチを当ててスタート。
パンチでは、やや打ち負けたアベ弟だが、
タイミングどんぴしゃのハイ一発でダウンを奪う。
セコンドについた港太郎の指導の賜物かな?
あわててタックルに行った藏田だが、
グラウンドはアベ弟が圧倒。最後はバックから。
アベ弟強い。実原戦で懲りたか、積極性も出てきて、
登場時も退場時もカッコよくポーズを決め、プロ意識もバッチリ、
バンタムの台風の目。兄よりさらにプロ向きか。
第2試合 02年度新人王トーナメントバンタム級1回戦5分2R
赤木康洋
(日本/ALIVE)
vs
豊島孝尚×
(日本/総合格闘技STF)

(1R2分0秒 腕十字)
押し込んで倒した赤木が、上四方から、素晴らしいタイミングで。
第3試合 ウェルター級5分2R
松下直揮
(日本/ALIVE)
vs
大河内貴之×
(日本/パレストラTOKYO)

(2R 判定2−0)
地元で大応援団の松下が、堅実な戦法でポイントアウト。
大応援団がヒートするので、盛り上っているかのようですが、
試合内容は、それほどではありません。
中井と番頭をセコンドにつけた大河内、ちょっと、倒され過ぎでした。
松下は、試合後、子供をリングにあげて、応援団、大熱狂。
第4試合 BJJマッチ
×タバ・アギナルド・アサオ
(INFIGHT)
vs
梅村寛
(ALIVE)

(ポイント0−6)
昨年末のカンペ紫帯決勝の再戦。
滅茶苦茶強い印象があったタバを梅村が迎え撃つ。
タバの引き込みからスタートして、梅村がパスを狙う展開。
アドバンテージに続いて、パスを2回。最後は下から三角狙い。
圧勝って感じでした。
梅村、最初の挨拶もやっていたけど、
アライブの支部も任せられるみたいで、責任感のなす技か。
それにしても、アライブ、子持ちが多いな。ご苦労様です。
セミファイナル ウェルター級5分3R
×杉江"アマゾン"大輔
(日本/ALIVE)
vs
八隅孝平
(日本/パレストラTOKYO)

(1R3分31秒 フロントチョーク)
名前とスパッツは派手だが、ファイトは地味はアマゾンだが、
今日は地元で気合が入る。あの手この手で倒しにかかる。
が、それを上回る気合のヤスミン、とにかく倒れない。
最後は、ガブりの体勢からのフロントチョークで、
アマゾン立ち上がろうとして、首まで極まってしまった感じで、
ちょっと変ったカタチ。
メインイベント ライト級5分3R
植松直哉
(日本/SHOOTOGYMK'zFACTORY)
vs
井上和浩
(日本/インプレス)

(3R 判定1−1)
知念里奈の名曲「プレシャス・デリシャス」で、黒のロングタイツで入場の植松、
セコンドはやたら豪華(ルミナ、大石、ランバー、港)。
修斗ルール、セコンド数制限なかったっけ?
一方の井上は、佐渡からわざわざ出てきた本間(ふとったなあ)。
開始早々、軽い打ち合いから、上を取った井上に対し、
いきなり、下からのアーム、三角と、関節を狙い続ける植松に、
凄い男が帰ってきたぜという感じになったのだが、それも最初の30秒の話。
堅実に上を取る井上のパウンド&パンチ戦法に、下から足を効かす植松だが、
全体を通してみれば、膠着した展開。グラウンドになると、井上には、
元レースクィーンの「殴れ」声援が飛ぶも、決定打にはならず。
判定は微妙だな。鈴木レフェリーが、29−28で植松につけていたが、
これはいかがなものか。明らかにいつもの基準と違うぞ。
植松が下から攻めていたのは確かだが…。
アライブの身内に加え、修斗独特のやる側の観客を多く集め、
地元で燃えるアライブ勢の好ファイトもあり、実にいい興行でした。
これも修斗・総合が草の根に根づいてきている証拠かな。
今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ