CONBAT2002
■団体:MAキックボクシング
■日時:2002年3月30日
■会場:後楽園ホール
■書き手:日光東照宮
土屋ジョーとラビット関が激闘を繰り広げた(と言っても私は隣の建物でコロシアム2000を見てました)あのトーナメントが帰ってきました。

第一試合 なぜかエキシビション ラビット関VS田中信一 関は怪我で次の試合に出れなくなった選手のリザーバーとの事、しかし関が出る事になって優勝してしまったら…一回戦終了 優勝候補がみんな消えました。大宮司、前沢、増田… 優勝候補筆頭の増田はハイキックで壮絶なKO負けです。白目を剥いて危険な状態、かなりビビリました。トーナメントでは何が起こるか分からない事を実感した。

ニ回戦 モンゴル花戸VS奇人梅下 花戸圧勝。さて次の試合、増田に勝った大月、足の怪我で欠場とのこと、ここでラビット関登場。もし関が優勝してしまったら…

決勝 花戸VS関 花戸、関からダウンをも奪い快勝でした。いやーよかった。リザーバーが優勝しちゃったらシャレになんないよ。
MAキックが今出来る範囲で最高のメンバーを集めたいいトーナメントだったと思います。
優勝した花戸忍は抜きん出ていました。特に蹴り技が多彩で銭の取れる、いい選手です。これからガンガン売り出して欲しいと思います。
ビバモンゴル!!!




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ